季語/初釜(はつがま)を使った俳句

「初釜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初釜」について

【表記】初釜

【読み方】はつがま

【ローマ字読み】hatsugama

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初茶湯(はつちゃのゆ:hatsuchanoyu)

・釜始(かまはじめ:kamahajime)

・点初(たてぞめ:tatezome)

・初点前(はつてまえ:hatsutemae)

・点茶始(てんちゃはじめ:tenchahajime)

・茶湯始(ちゃのゆはじめ:chanoyuhajime)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初釜を含む俳句例

初釜や傘寿の衿を純白に/及川貞

蓋置に青竹切りつ釜始/橋本雪後

初釜や鹿も顔出す躙口/谷/陽右

桜貝の如き耳してお初釜/青野きみ

初釜に侍すや故山の風の音/大串章

初釜に孔雀天目初使ひ/下村ひろし

機糸に屑繭引くや釜始め/倉田萩郎

初釜の花びら餅の紅明り/村上洋子

初釜の炉に太き炭一文字/佐野美智

初釜の薄雪を踏みお正客/佐野美智

初釜の音色に力もらひけり/北光星

初釜や朝よりつゞく細雪/佐々登良

初釜やわれを師とよぶ十余人/及川貞

初釜の用意の炭を洗ひ置く/三宅節子

初釜に座して少年まばたける/原田喬

初釜や嫁ぐ日近き人も居て/菅沢泰子

初釜に招かれ月日動き出す/山田弘子

初釜や雪に遅れて来し夫人/宮下翠舟

足袋堅く爪先へ気や初点前/牧野寥々

雲ありてこその青空初点前/綾部仁喜

俳句例:21句目~

美しき火を古色とも釜始/上田五千石

初茶の湯名器の箱の紐を解く/滝峻石

初釜の懐紙に咲ける菓子椿/細谷鳩舎

初釜の炭を洗ひし日和かな/飯田法子

初釜の炭火をわたる山の色/森句城子

初点前ゆたかに膝をまはしけり/森澄雄

初点前祖母の帯地の出し袱紗/吉川与音

初釜にまがる小袖の梅小紋/今井つる女

初釜にスカート緑濃き乙女/百合山羽公

初釜のこゝろつもりの庭掃除/福田繁子

初釜や着物に似合ふ京ことば/沢村越石

初釜や友孕みわれ涜れゐて/八木三日女

初釜をかるく万朶の露を汲み/栗生純夫

瑞気とはこれ初釜を昇る湯気/山口誓子

初釜やきらきらとして松の塵/奥坂まや

初釜の初雪となり戻りけり/伊東余志子

初釜の瑕も音生むよき古び/加藤知世子

松籟に日の影しばし初茶の湯/宮武寒々

初釜のたぎちはげしや美女の前/西東三鬼

初釜のはやくも立つる音なりけり/安住敦

俳句例:41句目~

初釜のやがて鳴るべき時来たり/高浜年尾

菓子の名は下萌といふ初点前/片山由美子

初釜や客としいふも夫ひとり/白石千鶴子

初茶の湯あめつち結ぶ柳かな/高林とよ子

初釜や目に入るもののみな青く/渡辺千代

吾れひとり家風を継ぎて初茶湯/松原文子

初釜の一と言ふ軸めでたけれ/五十嵐みつ子

初釜や花びら餅のうすくれなゐ/伊東余志子

初釜や茶筅にのこるうすみどり/中村みづ穂

初釜の座を改めて歌留多とる/宇野/氷露子

師のつよき袱紗さばきや初点前/沢田しげ子

初釜の幾たりか妻となり母となり/遠山弘子

うらわかき膝しづまれり初茶の湯/石田波郷

ふるさとの花の干菓子や初茶の湯/村山古郷

初茶の湯鏡花にちなむ菓子添へて/大島民郎

初釜へおろしぞめなる草履かな/近藤/紀代女

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ