季語/弾初(ひきぞめ)を使った俳句

「弾初」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「弾初」について

【表記】弾初

【読み方】ひきぞめ

【ローマ字読み】hikizome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初弾(はつひき:hatsuhiki)

・琴始(ことはじめ:kotohajime_)

季節による分類

・「ひ」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

弾初を含む俳句例

弾初や女の前に雪の峯/松瀬青々

真間山の一院深く琴始/安陪青人

瞽女の頬涙ひとすぢ弾初/山内星水

弾初の琴三面を並べけり/星野麦人

琴始くやし涙にくれたるが/辻桃子

弾初や第一音を弱からず/阿片瓢郎

しろがねの湖に真向ふ琴始/白柳淑子

弾初めや琴爪遠き指の冷え/内田百間

弾初の姉のかげなる妹かな/高浜虚子

弾初や障子の隙に隅田川/竹内南蛮寺

弾初の始まるまでの絵雙六/松藤夏山

弾初や八十路の母の桜狩/古賀まり子

弾初やこゝろに適ふ三の糸/竹谷緑花

弾初や女独り住める家の忍駒/尾崎紅葉

弾初や老妓の褄の散り松葉/瀬戸内寂聴

一群れははや弾初の帰りらし/遠藤為春

弾初の撥を秘めたる袱紗かな/日野草城

初弾の琴爪ゆるくなつてをり/永川絢子

母となり娘の初弾きの子守唄/飯田弘子

弾初や流儀ことなる姉妹/阿部みどり女

俳句例:21句目~

弾初のをはりし指の閑かなる/日野草城

弾初の吾は琵琶法師弱法師/加藤蛙水子

弾初のおのづと眉目緊りけり/勝又水仙

弾初やいくさの場に目遺れて/石塚友二

弾初や十三弦のゆるみなき/大西/正子

弾初や声高々とあどけなき/高橋淡路女

やゝ酔ひし妹が弾初いざ聴かん/高浜虚子

初弾に男を入れて気を張れり/河野多希女

弾初にあかり立てゐる炭火かな/増田龍雨

弾初や妓はやめたれど変り無く/高浜虚子

弾初や母まさば祖母ましませば/高木青巾

弾初や爪びきながら老の膝/阿部みどり女

弾初めに重ね着の児の重からん/井上日石

弾初や隣づからの庭づたひ/久保田万太郎

弾初や声つぶれをる老師匠/阿部みどり女

弾初のグノー一指をためらはず/永井尤人

弾初めの少女のうしろ母がゐる/神原栄二

まなかひにきみある如く弾初めぬ/白川京子

弾初の曲ひそやかにしぐるる夜/鷲谷七菜子

弾初の一人の事務所なりしかな/夏井いつき

俳句例:41句目~

弾初のショパンの曲の湧くごとし/本多勝彦

弾初や羽二重だんごだれ持參/久保田万太郎

弾初にことし缺けたる一人かな/久保田万太郎

弾初はスタインウェイを選みしと/稲畑廣太郎

弾初の灯ともしごろとなりけるや/久保田万太郎

五人ほどよりて弾初めしたりけり/久保田万太郎