季語/正月(しょうがつ)を使った俳句

「正月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「正月」について

【表記】正月

【読み方】しょうがつ

【ローマ字読み】shogatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・お正月(おしょうがつ:oshogatsu)

季節による分類

・「し」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

正月を含む俳句例

爆竹や南京町は正月す/鳴雪

正月や辻の仏も赤頭巾/一茶

墓原に正月の顔揃へけり/原裕

北国や家に雪なきお正月/一茶

人並に正月を待つ灯影かな/一茶

人並の正月もせぬしだら哉/一茶

正月の白波を見て老夫婦/桂信子

頬被正月ものの覗突漁/高澤良一

正月や橙投げる屋敷町/正岡子規

正月の子供に成て見たき哉/一茶

正月に山雀二つ貝の頬/金子皆子

お正月の鴉かあかあ/種田山頭火

正月の凧裏窓に漂へり/風間加代

正月の山中にして囀れり/岸田稚

正月や藁の円座に痘の神/森澄雄

大津絵の筆のはじめは何仏/芭蕉

正月の月が明るい手まり歌/綾子

正月や鎌倉山の松の色/岸田劉生

ひとり来て仏の正月崖荒し/源鬼彦

満月と正月の山遊びけり/北見弟花

俳句例:21句目~

円満な正月顔の看護婦よ/石塚友二

写経して仏正月早や日暮/井沢正江

正月や袂振りゆく麦畑/金尾梅の門

湯の里に遊ぶ正月湯三昧/高澤良一

正月の太陽襁褓もて翳る/山口誓子

正月や浜の茨の返り咲き/臼田亜浪

大粒の雨正月の闇うがつ/角川源義

弟子寄りて仏正月賑かに/倉垣和子

以て祝ふ正月中や開豆/安藤十歩老

喪正月申し訳なく肥りけり/飯田直

春王の正月あとは何と書く/森鴎外

時鳥正月は梅の花咲けり/松尾芭蕉

普段着に潮の匂ひ喪正月/花尻万博

松少し栽ゑて濱庭正月す/松瀬青々

正月や塵も落さぬ侘籠/宮部寸七翁

正月にするとて星のとぶ夜哉/一茶

正月の雪や一日眉まぶし/細見綾子

正月の金魚が元気元気かな/皆吉司

正月の苜蓿青き水田べり/富安風生

正月の空の青さに象匂ふ/光田幸代

俳句例:41句目~

正月の山の指笛童子かな/皆川白陀

正月の海原太鼓の響きもつ/上村占

正月の多摩の枯芦雅やか/細見綾子

老画家とゐて正月の網干場/中拓夫

足のべて正月古き畳かな/松岡草羊

雀らにパン屑頒つ喪正月/中村明子

山路来て正月青き芒かな/渡邊水巴

髭の邪魔いかにきのふの薺粥/也有

北国の正月を待つわらべ唄/今村青魚

正月の男といはれ拙に処す/夏目漱石

喪正月水の音のみ耳につき/宇咲冬男

正月や牛の母子の畦あそび/細川加賀

岳麓や正月菓子の色ぞ濃き/北野民夫

正月や山雀あそぶ松さくら/渡辺水巴

正月の夜を煌々と妻子遊ぶ/辻田克巳

正月や夜の食器は灯の下に/細見綾子

正月の俄か訛に泛く田かな/牧野桂一

いそしめる正月髪の選炭婦/石橋梅園

いただくや大和正月三笠山/上島鬼貫

湯を捨てて正月の雪消えぬ谷/中拓夫

俳句例:61句目~

正月や望みの高き絵馬あふれ/林民子

渓音に乾く産着や花正月/平井さち子

正月や三日過ぐれば人古し/高桑闌更

歌留多讀む息づき若き兄の妻/上村占

正月も身は泥のうなぎかな/服部嵐雪

正月は嫌いですかと鼻眼鏡/岡田史乃

正月の音なき金鉱山羊歌う/原子公平

水槽に正月顔のマンボウも/高澤良一

正月の雪真清水の中に落つ/廣瀬直人

子を持ちて姪美しきお正月/福田紀伊

正月顔せる皮剥を賞味せり/高澤良一

正月の風に当りに出で三歩/高澤良一

こめかみに焚火の音す正月空/中拓夫

正月をしに戻りたる主かな/野村泊月

正月の潮の香しばし渚べり/高澤良一

正月の凧の一つの睥睨す/鷲谷七菜子

祝月緋綿も見えて綿屋かな/村上鬼城

寺うちも正月なれば鯛に塩/中山純子

みな猟夫正月餅を搗かぬ村/羽部洞然

正月を出して見せうぞ鏡餅/向井去来

俳句例:81句目~

祖母恋し正月の海帆掛船/中村草田男

正月や荒磯の石を耳に当つ/細見綾子

蜜柑山より真白な雲お正月/川崎展宏

万両の白たいせつに喪正月/嶋田麻紀

人よむに如かず正月諷詠詩/飯田蛇笏

雪の寺正月三日の高野豆腐/中山純子

霜除に菜の花黄なりお正月/村上鬼城

傾城に正月はなし花かるた/羅蘇山人

餅花や正月さむき屋根の雪/飯田蛇笏

髪を切ることが粧ひ喪正月/倉垣和子

刈株の鎌跡ななめ正月休み/西東三鬼

龍吐水の音だけ書野山正月/伊丹公子

正月の人来し声のひかる玻璃/升水砂光

正月の和服つめたき襟合す/百合山羽公

正月の末の寒さや初不動/久保田万太郎

正月の栄花にほこる爆竹かな/松岡青蘿

正月の玉の日和のいらかかな/飯田蛇笏

正月の白き餅まだ生ける餅/百合山羽公

正月の笑顔となりて故郷へ/稲畑廣太郎

正月の箸にきんとん応へある/久米正雄