季語/二日(ふつか)を使った俳句

「二日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「二日」について

【表記】二日

【読み方】ふつか

【ローマ字読み】futsuka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・狗日(くじつ:kujitsu)

・二日の酒(ふつかのさけ:futsukanosake)

・二日の富士(ふつかのふじ:futsukanofuji)

・二日の海(ふつかのうみ:futsukanomi)

・二日の町(ふつかのまち:futsukanomachi)

季節による分類

・「ふ」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

二日を含む俳句例

夢殿や二日の夢に竜の髭/角川春樹

山牛蒡鶲も二日三日かな/加藤楸邨

春なれて二日の門の楽しけれ/柳女

餅腹の汚さゆるせ二日酒/石川桂郎

雪籠り二日朝夜と昔なし/石川桂郎

笹鳴に対す二日の主かな/高浜虚子

橙に雨柔らかき二日かな/浅賀渡洋

真直ぐに二日の空の飛行雲/林瑠美

一夜経しものに二日の潦/辻田克巳

虔みて写仏二日の大机/つじ加代子

二日早や米寿の母のご高説/斉藤仁

鉄棒に少年二人二日の朝/佐藤鬼房

峡の空二日の星の吹き溜り/滝佳杖

二日はや雀色時人恋し/志摩芳次郎

狩の犬一声鳴きし二日かな/日原傳

元日と二日に頒ち鯛を食ぶ/村越化石

二日はや能登行商の雪合羽/新田祐久

二日はや魚干す入江軒深し/北村典子

二日三日と太陽にとびつくか/松澤昭

元日二日京のすみずみ霞みけり/蕪村

俳句例:21句目~

元旦の鯛焼き返す二日かな/角川春樹

二日はや物憂かりける壁畳/石塚友二

元日の大雪なりし二日かな/高浜虚子

迷ひ犬歩く二日の高速路/船坂ちか子

生海鼠干す伊良古が崎の二日凪/曉台

遠山の枯生光れる二日かな/本郷迂象

酔漢の宵寝を覚す二日かな/石塚友二

庭隅の幹に日のある二日かな/桂信子

飛ぶ寅の想得てたのし二日の子/原裕

黒髪の国の二日を黙し征く/平畑静塔

浮島や鴫を二日の景として/佐藤鬼房

乾坤に卵立ちたり二日の夜/今井竜蝦

二日には原稿依頼殺到す/稲畑廣太郎

二日には箒のさきやふく寿草/炭太祇

二日の炉松笠黒う燃え了る/萩原麦草

永久の喪の母ごころけふ二日/及川貞

老人は烏なりけり二日の橋/橋間石和栲

念仏寺雨降る石の二日かな/村上しゆら

いさぎよし二日早暁の往診は/相馬遷子

笹鳴の背戸にきてゐし二日かな/森澄雄

俳句例:41句目~

町中を鴉の荒らす二日かな/小島千架子

たま~や二日に出でし穴居妻/萩原麦草

とかくして二日となりぬ初暦/小杉余子

猫と灰いづれが温き二日かな/柿本多映

やうやくに空温まる二日かな/松村蒼石

別嬪な鳥が来てゐる二日の木/高澤良一

二日より三日の客の多かりし/芦川巣洲

二日より深雪に飛ばす鉄火かな/齋藤玄

山寺に書見の灯ある二日かな/山本洋子

文鎮に海の日のさす二日かな/畠山譲二

二日早や朝空汚すけぶりかな/古市爽石

二日はや妻の煮るもの妻臭し/萩原麦草

夕影の二日の富士や見給はず/小池文子

岩手山雪けむり立つ二日かな/沼澤石次

山彦も山を出ることなき二日/鷹羽狩行

二日かな矢切の渡し急がざる/渡辺恭子

二日はや工事場廻る警備員/松尾千代子

華に先二日ちかよる二日かな/松岡青蘿

一葉づつ拭ふ二日の壺椿/長谷川かな女

調教馬二日の馬場をひた走る/佐藤信子

俳句例:61句目~

辞書ひきに立つや二日の雪催/斉藤夏風

二日はや風のとらへし夕日かな/高橋潤

二日はや死病の人の牀に侍す/相馬遷子

二日また孔子の仁の如き日を/梅沢総人

二日はや秘仏にかへる薬師仏/北澤瑞史

雪が来て二日の山のすがた見ゆ/中拓夫

海牛の二日の波にたゆたへり/高澤良一

青空へもぐら顔出す二日かな/沢木欣一

風はたとやめば二日の壇の浦/白倉久子

風花の峡の小村の二日かな/松本たかし

大仏を蔵する鴟尾の二日かな/角川春樹

常のごと二日の客の裏戸より/高浜虚子

鷺もゐて伊根の舟屋の二日凪/有田芳子

日も富士も白き光の二日かな/渡邊水巴

志寿太夫の高き声佳き二日かな/都筑智子

放埓の二日となりし酢牡蠣かな/古舘曹人

書初の二日にあらぬ日なりけり/青木重行

気の置けぬ二日の客や姪甥等/五十嵐播水

河口まで海を見にゆく二日かな/水田光雄

濯ぎ場にすこし雪ある二日かな/沖崎一考

俳句例:81句目~

火を焚きて遊び心の二日はや/雨宮きぬよ

立てかけし櫂に二日の天が澄む/木村蕪城

竹の幹二日の夕日射しにけり/加藤三七子

腹の上に猫のせてゐる二日かな/行方克巳

菩提樹に雪降りし香の二日かな/西村公鳳

いくらかは窶れしと知る二日かな/龍岡晋

うら山を石ころげおつ二日の夜/萩原麦草

行末はまたこの二人二日の夜/篠田悌二郎

試筆する二日の友に来りけり/五十嵐播水

くれかかる二日の壁があるばかり/桂信子

赤ん坊に指先噛ます二日かな/加藤かな文

さわぐ笹二日の日射し入りみだれ/桂信子

ほのぼのと殺生石の二日かな/上田五千石

パンちぎる膝に二日の夕陽あて/岩田昌寿

二日とて約せしことの早や二三/高濱年尾

二日はや死と詩が忍び足でくる/楠本憲吉

二日はや血をもて汚す診療衣/下村ひろし

雪掻きて二日の店を開けにけり/榎本栄子

二日はや酸茎を噛んで恋もなし/嶋田麻紀

二日めは妻のくにぶり雑煮椀/椙本千代子