季語/鯊(はぜ)を使った俳句

俳句例:201句目~

貧乏を笑へと鯊のつれにけり/荻野忠治郎

こもごもに釣れて夫婦の鯊日和/茂里正治

さきほどの雲に子が出来鯊日和/皆吉爽雨

遡り来るは鯊の潮先見えそめし/清崎敏郎

たらたらと洲崎の灯あり鯊の潮/石田波郷

ひらひらと釣られて淋し今年鯊/高浜虚子

鯊釣りへ幾橋くゞる小名木川/赤城さかえ

鉤呑みし鯊の呆け顔誰かに似る/岡本圭岳

ひら~と釣られてさびし今年鯊/高浜虚子

ものゝふの誉の岩に鯊ひとつ/水原秋櫻子

飛沙のかけゆく水輪置きつらね/木津柳芽

一ト竿に二つの鯊のかゝりけり/岡本松浜

休暇尽くる心忙しや鯊を釣る/吉野左衛門

鶏吹かれ鯊釣に能登見ゆるなり/玉木春夫

冬川に鯊釣る死相かがやかせ/殿村莵絲子

呆として答ふる貌やふるせ釣り/松村蒼石

鯊釣に医の誘ふまで癒えしかな/徳永山冬子

沙焼くやなほ波の上にゐしなごり/木津柳芽

鯊釣るや向いても~も眩しき日/楠目橙黄子

鯊つりも見てゐし人も去りにけり/橋本鶏二

俳句例:221句目~

鯊釣の並びてひとりひとりかな/今井千鶴子

てんぷらやすでに鰭張る今年鯊/水原秋櫻子

鯊舟やゆふべさみしき身のまはり/伊庭心猿

波止に出て午を工員鯊釣れる/片岡/北窓子

鯊釣をしてをり妻の名はとし子/今井杏太郎

沖へ沖へ鯊を追ひゆき霜しろし/篠田悌二郎

三たび餌を盗みし鯊の釣れにけり/前田普羅

藻に埋もるゝ石あればよる鯊太し/島田青峰

鰭張つて水を出る鯊釣れにけり/大谷碧雲居

鯊釣の約おろそかにわかれしな/篠田悌二郎

水ナ底やゐざりし鯊に砂うごく/高橋淡路女

見えてゐてなか~鯊は喰ひつかず/小路紫峡

鯊釣の風呂敷の帆の風をはらみ/米沢吾亦紅

役者つれて遊ぶ二階や鯊の潮/長谷川かな女

子持鯊ちよろりと出づる蘆の潮/根岸草太郎

話しかけられてゐる間も鯊釣れて/吉見南畝

ペテロまた漁りしなり鯊を釣る/佐久間慧子

だぼ鯊の無茶苦茶走りまたしたり/高澤良一

深川や橋より垂るる鯊の糸/宇都木/水晶花

だぼ鯊の尾鰭ひろげて釣られけり/桜木俊晃

俳句例:241句目~

子供にもすぐ釣れ鯊はおろかもの/吉田書房

夕潮を待つて鯊まだ釣るつもり/藤木呂九艸

漕ぎすすむ鯊舟ひとつふと曲り/阿波野青畝

糸を垂るそばから鯊が掛かりけり/高澤良一

釣り上げし鯊が跳ねたり爆心地/栗田やすし

海底の静けさを瞳に鯊釣りあぐ/加藤知世子

鯊といふ天下に小さきものを釣る/深川正一郎

鯊の汐おのづとあげて来りけり/久保田万太郎

藻が伸びて鯊が釣れぬとかこちつゝ/西山泊雲

鯊舟といふもの居りてうらゝかな/吉岡禅寺洞

鯊釣るや艪音のゆるくこゝちよく/小出南総子

まぼろしのあをあをと鯊死にゆけり/秋元不死男

水飯少少そしてそれから鯊釣るけしき/阿部完市

ダボ鯊のダボの見えざるすばやさよ/加藤知世子

つん~と汐に乗り来る小鯊かな/宮部寸七翁、吉岡禪寺洞選

埋立地の葭の穂にふかれ鯊釣りもさむうなつた/吉岡禅寺洞

鯊よあはれ舟垢に餌吐いてとぶ/海雲/原本神櫻、臼田亜浪刪存

沙釣の翁さびしと人や見ん/深山柴/安藤橡面坊、亀田小ゼン選

タイトルとURLをコピーしました