季語/蘖(ひこばえ)を使った俳句

「蘖」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蘖」について

【表記】蘖

【読み方】ひこばえ

【ローマ字読み】hikobae

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ひこばゆ(ひこばゆ:hikobayu)

季節による分類

・「ひ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

蘖を含む俳句例

けもの道獣臭くて蘖ゆる/原裕

刈草の蘖に秋のたつ菴/加舎白雄

大いなる蘖に日の当りけり/原月舟

蘖えし中へ打込み休め斧/佐藤念腹

蘖や墓石を買ひに二三人/斎藤夏風

蘖につきし一輪梅ひらく/藤田静古

蘖や涙に古き涙はなし/中村草田男

蘖や石塁高く沖見えて/下村ひろし

切口を深く沈めて蘖ゆる/逸見吉茄子

大木の蘖したるうつろかな/高濱虚子

灯台に大ぜい上り蘖ゆる/波多野爽波

蘖のつややかな葉に力あり/稲畑汀子

蘖や町角ごとの秋葉さま/伊藤いと子

蘖や亡きひと雲にゐるごとし/三森鉄治

切り株の皮押し破り蘖ゆる/三原/春風

蘖のうちかたまりて吹き靡き/高野素十

蘖のすでに背を越す大銀杏/船坂ちか子

蘖や切出し持つて庭にゐる/波多野爽波

ひこばえに雨東吉野村小学校/大西健司

ひこばえや余談雑談無駄話/柴田美代子

俳句例:21句目~

ひこばえや口で争ふ愉しさも/石川桂郎

ひこばえや朝の悔もち渡船中/巌谷小波

蘖やまなじりをあぐに躊躇ふな/小林康治

蘖や国のまづしさは吾が貧しさ/岩田昌寿

いまの蘖いまの太陽他は古し/榎本冬一郎

ひこばえや水船の水溢れ出づ/山田みづえ

ひこばえや集合時間告げられて/高澤良一

峠神ひこばえの先づ紅葉して/小島千架子

ひこばえに日本海を流れる板かな/安井浩司

蘖す木あり見るたび名を知らず/池内たけし

ひこばえに信濃の地震の伝ひけり/村越化石

一句いくくくのちの神ひこばえよ/加藤郁乎

ひこばえに哀をいひてわかれけり/室生犀星

ひこばえや絵図の小町をたづね得ず/巌谷小波

ひこばえや山羊追ふごとく子を追ひて/石川桂郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ