季語/水鳥(みずとり)を使った俳句

「水鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水鳥」について

【表記】水鳥

【読み方】みずとり

【ローマ字読み】mizutori_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・浮寝鳥(うきねどり:ukinedori)

・水禽(すいきん:suikin)

季節による分類

・「み」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

水鳥を含む俳句例

水鳥と除夜の鼾や樗陰/麦水

水鳥に唐輪の児の餌蒔哉/召波

水鳥や夕焼色に芝に在り/篠原

水鉢の水鳥なれや白丁花/一有

船神事終りし港浮寝鳥/小西水

水鳥の嘴に付たる梅白し/野水

水鳥や舟に菜を洗ふ女有/蕪村

佇つ人に故里遠し浮寝鳥/風生

胸深く入れて水鳥沖泳ぐ/青邨

水鳥や枯木の中に駕二挺/蕪村

水鳥や百姓ながら弓矢取/蕪村

水鳥の行にしたがふ木葉哉/吟江

水鳥や向うの岸へつうい~/惟然

水鳥の水に親しき古江かな/暮蓼

水鳥や港に近き遊女町/会津八一

水鳥の胸に分けゆく桜かな/浪化

水鳥や美しければ人柱/野村喜舟

水鳥のかしら並べし朝日哉/布舟

水鳥もふねも塵なり鳰の海/梅室

水鳥の夢驚かす驟雨哉/寺田寅彦

俳句例:21句目~

水鳥の水破る音夕間暮/高澤良一

水鳥の沼昃りゆく仕方なし/秋を

水鳥の睡りに徹す直心/高澤良一

水鳥の糞を彩とし錨朽つ/岸田稚

沖かけて深き曇や浮寝鳥/白水郎

水鳥や西国札所竹生嶋/尾崎迷堂

水鳥や挑灯ひとつ城を出る/蕪村

浮寝鳥城の立體月光に/西島麥南

爛々と暁の明星浮寝鳥/高浜虚子

水鳥や氷の上の足紅く/野村喜舟

水鳥や花と浮びし雪芥/久米正雄

山かげや水鳥もなき淵の色/石鼎

いくつかは貼絵の遠さ浮寝鳥/狩行

水鳥や城の後ろの古き沼/石井露月

水鳥の二羽寐て一羽遊びをり/基吉

水鳥を見る人中に宣教師/高野素十

水鳥の浮木に並ぶ氷かな/子規句集

水鳥の湖に向ひて雪見窓/本間杏童

放心や眼前の水に浮寝鳥/内藤吐天

水鳥を吹あつめたり山おろし/蕪村

俳句例:41句目~

水鳥の蹼昏く年つまる/佐々木六戈

山中の氷らぬ池や浮寐鳥/石動炎天

水鳥や岸べに高く杭の鳶/滝井孝作

水鳥や通運丸の窓のもの/野村喜舟

水鳥の川わかれては夕日さす/羽公

水鳥や蘆もうもれて雪衾/鈴木花蓑

つぎはぎの水を台に浮寝鳥/斎藤玄

水鳥や急ぎ仕舞の夕渡し/中川四明

水鳥の夢は真昼の雲の中/川井玉枝

川波の影胸にあり浮寝鳥/深川淑枝

水鳥の夢宙にある月明り/飯田龍太

橋渡る人より多し浮寝鳥/尾崎迷堂

水鳥の地に上がる時慌し/島田青峰

水鳥や皇宮警手出で来る/岡本松浜

水鳥の声に行かばや櫟原/渡辺水巴

御社や庭火に遠き浮寐鳥/正岡子規

水鳥の漂ふは抗ふことと/田中櫻子

水鳥の月の位を見る寒さ/浜田酒堂

水鳥や生を憐む三井の僧/尾崎迷堂

水鳥に人とどまれば夕日あり/汀女

俳句例:61句目~

水鳥や別れ話は女より/鈴木真砂女

水鳥に凍てはとほらず逆雪嶺/原裕

冬籠る部屋や盥の浮寐鳥/子規句集

水鳥や安房夕浪に横たはる/秋櫻子

水鳥に水尾したがひて静なり/実花

水鳥や何はなくとも夕ながめ/闌更

水鳥に空が近づく薄暮光/渡辺恭子

水鳥や中に一すぢ船の道/正岡子規

水皺や風そと通り浮寝鳥/鈴木花蓑

水鳥やむかふの岸へつうい~/惟然

水鳥や巨掠の舟に木綿賣/蕪村遺稿

水鳥は遊び友禅流さるる/本岡歌子

水鳥の色の密なる一葉忌/川村哲夫

水鳥のどちへも行ず暮にけり/一茶

浮寝鳥波に心を溶しけり/関森勝夫

水鳥のむかし淵瀬や麦畠/野村喜舟

水鳥の相向ひ浮き又背き/高濱年尾

水鳥の羽のひとひら城の壕/中拓夫

水鳥や夕べの夢を浪の上/水田正秀

水鳥の眠りにまじる白枕/藤井孝子

俳句例:81句目~

水鳥や啄みこぼす葉鶏頭/松瀬青々

江戸橋やつい人馴れて浮寝鳥/一茶

水鳥の濠すが~し松の形/滝井孝作

波あらば波に従ひ浮寝鳥/稲畑汀子

浮寝鳥ながるる宮の御ン柱/上村占

水鳥の死や全身に水廻り/村上鬼城

浮寝鳥桜田門の日向かな/滝井折柴

手紙置いて愁の眼水鳥に/野村泊月

耳聡き水鳥の辺を過りけり/樋笠文

円光を着て漂ひの浮寝鳥/赤井淳子

水鳥や白々明けの尖り浪/野村喜舟

茄で卵むけば日向に浮寝鳥/桂信子

雪昏るるひかり束ねし浮寝鳥/原裕

水鳥や月の夜はある渡し舟/岡田耿陽

水広し星もろともに浮寝鳥/松村蒼石

水涸れて出る杭長し浮寝鳥/塩谷華園

水鳥翔つ十三湖の上に日本海/神蔵器

水鳥の月出て黒し眠らんか/金子兜太

水鳥人は一足づつ歩む/竹下しづの女

水際まで尺の積雪浮寝鳥/古賀まり子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ