季語/鰭酒(ひれざけ)を使った俳句

「鰭酒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰭酒」について

【表記】鰭酒

【読み方】ひれざけ

【ローマ字読み】hirezake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・身酒(みざけ:mizake)

季節による分類

・「ひ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鰭酒を含む俳句例

鰭酒に酔ひし姿も女形/美津夫

鰭酒に青き炎の関の宿/広瀬邦弘

鰭酒や逢へば昔の物語/高濱年尾

鰭酒の密談めける一隅よ/永方裕子

鰭酒の句集一冊遺したり/高浜年尾

鰭酒を呑みたるあとに女来し/麦草

鰭酒や世界の事は遠く置き/星野椿

鰭酒を夫と頒ちて厄落す/影島智子

而して鰭酒の酔発しけり/藤田湘子

あと口の鰭酒に酔深めけり/新田郊春

鰭酒や海へ出てゆく夜の雲/斎藤梅子

唇に鰭酒あたりそめにけり/石田勝彦

鼻の奥より鰭酒の利いて来し/上村占

鰭酒も春待つ月も琥珀色/水原秋櫻子

河豚指南鰭酒指南かたじけな/小澤實

鰭酒に停年教師すぐ酔ひて/羽田岳水

鰭酒は我を饒舌たらしめぬ/河野探風

鰭酒の酔思ふこと云ひ放つ/高木晴子

鰭酒の利きすぎたりし泣男/細川加賀

鰭酒や停年てふは忌み言葉/草間時彦

俳句例:21句目~

鰭酒や汐入川に博多の灯/村田よう子

鰭酒やひかれる河豚を水槽に/森山夕樹

巡業に出て鰭酒をおぼえけり/片岡我当

鰭酒のひれを齧りて笑ひをり/仙田洋子

鰭酒や句に憑かれたる間柄/町田しげき

鰭酒や悪友の悪とどこほる/亀田虎童子

鰭酒の鰭を食べたる猫が鳴く/岸本尚毅

鰭酒や殺めた蛇のことを言ふ/内田美紗

鰭酒の酔醒ましたる真暗がり/赤尾恵以

鰭酒やをんなの声は鼻へ抜け/井沢正江

鰭酒の椀を据ゑたり恋生れよ/仙田洋子

鰭酒をもてあましゐる男かな/柏崎夢香

鰭酒の酔は悲しくあたゝかく/高木晴子

鰭酒の後口おぼえそめにけり/大橋敦子

ひれ酒の音なき酔の来つつあり/中条明

稿料となりし句をもて鰭酒を/赤松けい子

鰭酒の髪膚のほてりさめざるよ/篠田重好

鰭酒にいささか威儀を崩したる/山田弘子

鰭酒や身ぬちにすこし無頼の血/渡辺文雄

鰭酒にさすらひ人の如く酔ひ/五所平之助

俳句例:41句目~

鰭酒に酔ひし化粧をなほしけり/赤松柳史

ひれ酒をのむ唇をゆるすごと/赤松けい子

鰭酒の夜靄にあまえゐたりけり/松村蒼石

鰭酒の怪しき光を舐めにけり/徳永水朗子

ひれ酒に酔うて夜更けてわれはなし/暁水

鰭酒の琥珀をかさね門司泊り/山崎千枝子

下戸ながら鰭酒といふ少し飲む/田村おさむ

鰭酒のあと濃き闇を見たくなる/正木ゆう子

鰭酒のかうばしき香にむせび泣く/高濱年尾

鰭酒に透して見たる長府かな/長谷川かな女

ひれ酒にすこしみだれし女かな/小絲源太郎

鰭酒に旅の秋の夜ぬくきかな/長谷川かな女

ひれ酒に酔うて怒濤が見たくなる/鈴木松山

河豚の座のはずみ鰭酒廻し飲み/小原菁々子

鰭酒や意地で飲まざるにもあらず/下村梅子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ