季語/榾(ほた)を使った俳句

「榾」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「榾」について

【表記】榾

【読み方】ほた

【ローマ字読み】hota

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ほだ(ほだ:hoda)

・根榾(ねほだ:nehoda)

・榾火(ほたび:hotabi)

・榾明(ほたあかり:hotaakari)

・榾の宿(ほだのやど:hodanoyado)

・榾の主(ほだのぬし:hodanonushi)

季節による分類

・「ほ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

榾を含む俳句例

榾煙桜を焚けば桜色/吉年虹二

博労が牛馬の論や榾の宿/江流

十一月焚いて渚に桜榾/岡井省二

懸想文売の烏帽子に榾埃/橋本博

大榾の火の粉柱や年籠/松本浮木

榾埃とめ初厄の美しや/後藤夜半

雲助の睾丸黒き榾火哉/正岡子規

榾の火を育て丹後の糸紬ぐ/福島勲

くらがりの神も仏も榾埃/川島双樹

久女忌の山中に焚く桜榾/児玉輝代

抱き合ふ榾の中より大炎/天野菊枝

灰にして山へ返しぬ桜榾/長谷川櫂

榾埃眉にとどめて翁寂び/福田蓼汀

園にでて山影谿し榾の酔/飯田蛇笏

榾の火に親子足さす侘寝かな/去来

大榾の亀裂の見ゆる炎かな/日原傳

榾と斧闘ひゐしが斧勝る/橋本鶏二

大津絵の鬼も汚れつ榾あかり/闌更

妙齢や大小の榾胸に抱き/久保純夫

蕪村忌や炎澄みたる桜榾/長谷川櫂

俳句例:21句目~

胡座かく大安楽や榾の主/玉越琅々

行暮し越路や榾の遠明り/井上井月

軒裏に榾高く積み雪起し/吉沢卯一

野袴の綻び縫ふや榾の宿/会津八一

榾の宿豺面なる犬畜へり/軽部烏帽子

榾燃えて相並びゐる炎かな/橋本鶏二

拵へて育てて榾火信濃かな/高橋睦郎

事始榾積み上げし神の杜/並松生代女

榾の火や風あり暗き日本海/中村苑子

榾焚くや日月くらく山の宿/尾崎迷堂

吊榾に紅葉吹雪の嗚咽かな/阿部佑介

土間に榾燃えて框に客一人/京極杞陽

健康や榾火明りに彼彼女/高田風人子

夜を寝ぬ僧の念佛や榾の宿/会津八一

塊の燃えもするなり榾の中/増田龍雨

幾度も鍋が替りて榾炉燃ゆ/大森積翠

少年の匂ひを放つ榾火かな/栗原稜歩

暮方のしづもりに榾一つ足す/上村占

榾尻に細き焔のすいと出で/高野素十

大榾の二つの焔たゝかへり/川上朴史

俳句例:41句目~

旅人の顔や榾火に酔ひにけり/坂桂株

大榾の暗き炎にうづくまる/長谷川櫂

榾尻に坐りて世話も何くれと/京五紅

大榾の火の香の嫗眠りをり/長谷川櫂

大榾の火を吹き分ち火吹竹/高濱年尾

初閻魔榾の生木が泡を噴く/白井房夫

日月のちちははとをり桜榾/藺草慶子

大榾や土佐街道は闇のなか/斎藤梅子

大榾をかへせば裏は一面火/高野素十

榾くべて父の訛を聴く如し/松本陽平

榾たくや峠の茶屋にいわし売/泉鏡花

火袋に榾の涙が煮つまるよ/佐藤鬼房

昔の火は力ありけり大榾火/中村明子

黙々と榾火明りに物食ふ顔/加藤楸邨

満開のさくらの中の榾乾く/宮田正和

我が鶏や榾割る音に驚かず/尾崎迷堂

牛買ひの足蹴に崩す焚火榾/若松徳男

百日の千貫の榾減らし老ゆ/小熊一人

簗守の榾火あかりの串造り/鈴木敏子

美しき榾の刎火に嫁ばなし/小山白楢

俳句例:61句目~

お札なる憤怒蔵王や榾の宿/尾崎迷堂

をかしげにもえて夜深し榾の節/白雄

衝立の裏にねどこや榾の宿/橋本鶏二

山賊の毛脛焼きたる榾火哉/寺田寅彦

歳晩といふ力得て榾もゆる/原田青児

集ひ焚く初炉の榾の梅櫻/長田/八重

柿むくやてらてらうつる榾明り/鬼城

鶏や榾焼く夜の火のあかり/浜田酒堂

俳諧を阿呆とののしり榾を継ぐ/辻桃子

借覧す甲子夜話あり榾の宿/松本たかし

榾の酔さます大根かけにけり/清原枴童

切り口のまだ新しき榾木積む/安斉君子

吊橋をはずませ渡り榾負うて/岡安迷子

文読んで烈火の怒り榾を焚く/飯田蛇笏

堂守の根榾を前の座なりけり/橋本白木

夜の戸に風媚ぶや我に榾怒る/飯田蛇笏

僧庵の一人ぐらしに榾の布施/伊藤風楼

榾の火や童子に課する三字経/中川四明

榾の火やあかつき方の五六尺/内藤丈草

榾の火のとろりとろりと眠気さす/黙哲

俳句例:81句目~

大榾にほてりて赤き鳥屋親子/前田普羅

大榾に火の移りたり除夜の鐘/松尾隆信

大榾に火の移りたる淑気かな/松尾節朗

桐榾の炎色やさしき月下かな/加古宗也

燃え尽きし灰のただよふ椿榾/長谷川櫂

あら玉の榾火や闇に立ち昇る/中村祐子

燃えしぶる榾と家守る貌一つ/成田千空

炉の母に年移りゆく榾をつぐ/倉田紘文

うつくしく燃えて梅榾牡丹榾/満田桂林

昔は海であつたと榾をくべる/尾崎放哉

ことごとく灰となりけり桜榾/長谷川櫂

この根榾円空ならば鉈上げむ/鈴木貞雄

大榾の突きはなしたる焔かな/橋本鶏二

残雪や溶くるごとくに榾が燃え/中拓夫

山唄やどさりと榾火腰くだけ/平畑静塔

大榾や割れ目が炎噴きあげて/長谷川櫂

死者のこゑ熾となりゆく櫻榾/黒田杏子

榾雨冷の友白き髭もちて来ぬ/山口青邨

大榾を庭に焚きゐる夜伽かな/茨木和生

大榾を負ひし眼をみひらける/橋本鶏二

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ