季語/冬野(ふゆの)を使った俳句

「冬野」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬野」について

【表記】冬野

【読み方】ふゆの

【ローマ字読み】fuyuno

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬の野(ふゆのの:fuyunono)

・冬の原(ふゆのはら:fuyunohara)

・冬野道(ふゆのみち:fuyunomichi)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬野を含む俳句例

一村のみ雪原白紙委任状/河野薫

手も出さず物荷ひ行冬野哉/来山

鴨飛んで雪原に大き影落す/林翔

雪原にわが誕生の紅一すじ/沼泉

雪原に片手袋の指忘れ/対馬康子

夕空や雪野に黒き楊柳/永井龍男

採氷や唯雪原の網走湖/唐笠何蝶

雪原に沼あり水晶水湛ふ/岡田日郎

雪原は月読神伏してゐる/平井照敏

硝子戸に雪原あふる卒業歌/有働亨

雪原を跳び跳ぶ兎一未来/中島斌雄

根雪原影の嶽おく月明り/河野南畦

学校の旗竿高き冬野かな/正岡子規

玉川の一筋光る冬野かな/内藤鳴雪

雪原の人か一点動くを待つ/有働亨

没日の後雪原海の色をなす/有働亨

雪原に汽笛の沈む成木責/石田波郷

雪原の風遠し樹氷晶々と/内藤吐天

鷲下りて雪原の年あらたなり/草堂

初鴉雪原低くとびつづけ/小野池水

俳句例:21句目~

眠りも祈り雪原は雪重ね/齋藤愼爾

貝塚に石器を拾ふ冬野哉/正岡子規

雪原の深創ゑぐり天塩川/山崎秋穂

雪原の月枯蔓に大いなる/西本一都

雪原の三寒四温浅間噴く/相馬遷子

清算のごとく雪野の石の家/三谷昭

玉川の一筋光る雪野かな/内藤鳴雪

雪原に白顕ち晒す布の丈/野澤節子

元日の日輪雪の野をわたる/宮崎青岬

雪原に北斗七ツの六ッ昇る/岡田日郎

白日は硫気に染まず冬の原/渡邊水巴

雪原に北斗の針の廻りけり/福田蓼汀

雪原や落ち方の月隈見する/臼田亞浪

雪原やとんで二つの監視塔/石川桂郎

川に沿ひ川に別れて冬野行く/西村数

雪原に兵叱る声きびしかり/片山桃史

傷あらぬ雪原に顔埋めたし/能村研三

捨人やあたゝかさうに冬野行く/其角

雪原の黒きところが能の村/佐川広治

雪原の高き一樹を恃みとす/小澤克己

俳句例:41句目~

雪原の青さ身に沁む朝の楽/堀口星眠

一ト抓みほどの菜畑ある冬野/沖鴎潮

雪原の雪舐め老犬牛を追ふ/岡田日郎

朝日さす雪原金沙銀沙照り/鈴木貞雄

雪原の起伏失せつゝ雪深む/大橋敦子

林檎の芯抛る雪原の大反射/内藤吐天

雪野行き吾には吾の放浪記/大橋敦子

泉まで雪原踏まれ往来あり/岡田日郎

雪原の藍の彼方の吾子七夜/堀口星眠

山室のひとつ灯蒼む根雪原/河野南畦

雪原の藁塚として寄り添へる/樋笠文

川鳴れど雪原暮れて道失ふ/岡田日郎

雪原の焚火に月の上りけり/岩田由美

風紋のしるき雪野を踏み戻る/辻桃子

雪原の水漬く一線菜現れぬ/原田種茅

雪原の極星高く橇ゆけり/橋本多佳子

騎初や鞭加へ越す雪野原/広江八重櫻

雪原の月光かたまる一巨木/岡田日郎

雪原を分つ落葉松襖かな/古賀まり子

雪原の天地神明去りがたし/古舘曹人

俳句例:61句目~

一片の雪だにつけず雪野の木/小澤實

雪原の兎の足跡藪目指す/斉藤志津子

雪原にわが機影投げ初飛行/室賀杜桂

雪原に杭打つ土の匂ふまで/加藤憲曠

雪の野を方向づける川流れ/津田清子

雪の野を一人学校より帰る/山口誓子

雪原の中に春立つ産屋はも/依田明倫

後続を待てり雪野の平にて/津田清子

冬野より父を呼ぶ声憚らず/福永耕二

汽車全く雪原に入り人黙る/西東三鬼

雪原の一樹かがやき囀れり/相馬遷子

雪の野や畝なす茶垣遠黝し/杉山岳陽

雪の野の兎華麗な罠に陥つ/能村研三

雪原の靄に日が溶け二月盡/相馬遷子

略奪の速さに過ぎて雪野汽車/岡本眸

雪原に雪原の道ただ岐る/八木林之助

雪原に道あるらしや人遠し/高木晴子

雪原に紛れざらんと鶴啼けり/岸田稚

雪原に立方体のホテルかな/岩崎照子

雪原に硬き闇あり星を嵌め/相馬遷子

俳句例:81句目~

雪の野に夜陰おもたき寺廂/松村蒼石

月光の雪原を這ふはぐれ雲/岡田日郎

雪原に犬放ち炉火熾んなり/河野南畦

雪原に鴉の掟翔けては降り/齋藤愼爾

流星を連れに語らず冬の原/金尾梅の門

やがてたつ鶴粛然と雪の野に/竹下陶子

いとし我が影法師行く冬野道/福田清人

墓前なり月山雪の野に泛ぶ/篠田悌二郎

降る雪の野の深井戸の谺かな/高柳重信

たそがれの大雲動く冬野かな/中川宋淵

雪の野に拾ふ薄墨羽毛なり/古賀まり子

雪の野に狭軌の鉄の路つづく/山口誓子

雪の野のいま夕鶴に波うてる/古館曹人

伯楽が鍼に血を見る冬野かな/黒柳召波

冬野あり誉れの高き一樹あり/中烏健二

雪の野を最上の幅でおし通す/津田清子

土までも枯てかなしき冬野哉/高井几董

夕映の冬野をつなぐ橋ひとつ/角川春樹

大仏を見かけて遠き冬野かな/高井几董

巨き手の影ある冬野冬の河/野崎眞理子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ