季語/神渡し(かみわたし)を使った俳句

「神渡し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「神渡し」について

【表記】神渡し

【読み方】かみわたし

【ローマ字読み】kamiwatashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・神立風(かみたつかぜ:kamitatsukaze)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

神渡しを含む俳句例

錆色の雀吹かるる神渡/塚本武史

生みたての卵を吹きて神渡/林徹

玄界に一舟もなし神渡/生島花子

角の海竜巻もまた神渡/桑田青虎

一湾の潮曇りや神渡/由木みのる

山国を出て山国へ神渡/山田弘子

周作の久遠の海の神渡/桑田青虎

神渡不況の倭一蹴し/稲畑廣太郎

山に山の影濃く遠し神渡/池田如水

日本海荒れて安宅の神渡し/梅田男

池氷る神渡るかに一亀裂/田中朗々

一柱おくれし雲や神渡し/北川土魂

白山山系立山山系神渡し/橋本榮治

神渡し馬の薬を日々煎ず/下村槐太

大杉の梢もみあふ神渡し/平山忠子

国引の嶺々に雲飛び神渡し/金森柑子

朝市の菊も小振りに神渡し/橋本榮治

神渡し大宍道湖を揉み濁し/西本一都

放浪の神好色の神渡りけり/村上高悦

神渡は迥か岸波牙立てて/鳥羽とほる

俳句例:21句目~

峡の湯に畏りをり神渡し/宮本由太加

山の木々一夜に痩せし神渡/稲畑汀子

つかつかと神渡りくる鵙の雨/角川源義

吹き荒るる湖の蒼さや神渡し/渡辺つゑ

神渡かも海鳴りの夜もすがら/河野石嶺

神渡したゝか杉の実を降らす/下村梅子

神渡し吹きしづまりし湖に月/菖蒲あや

神渡し芋鍋の火の総毛立ち/佐々木六戈

神渡り給ふ但馬はいま日照雨/千原叡子

繩の縒ほどけてゐたり神渡/神尾久美子

金銀の帯が古りゆき神渡し/川崎ふゆき

壜の口ぼうぼう昏るる神渡し/小松崎爽青

石槌の神立風ぞ颪しくる/五十崎古郷句集

いつせいに草のひれ伏し神渡し/片山由美子

神渡りとて散るものも飛ぶものも/稲畑汀子

ほうりやほうりやと神渡らるる雪の畦/寺田邦子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ