季語/葉鶏頭(はげいとう)を使った俳句

「葉鶏頭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葉鶏頭」について

【表記】葉鶏頭

【読み方】はげいとう

【ローマ字読み】hageito

子季語・関連季語・傍題・類語など

・かまつか(かまつか:kamatsuka)

・雁来紅(がんらいこう:ganraiko)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

葉鶏頭を含む俳句例

岡崎は祭も過ぎぬ葉鶏頭/史邦

縞帳の糸の縦横雁来紅/伊藤敬子

鵙高音雁来紅は黄をのこす/鷹女

涙涸れし世に雁来紅滴るる/林翔

白雲は乱礁の浪や雁来紅/渡辺水巴

籾すりの埃日高し葉鶏頭/小澤碧童

この庵の大荘厳や葉鶏頭/野村喜舟

立山に雲押し移る雁来紅/角川春樹

葉鶏頭や玉子丼だけできる/龍岡晋

一段と空深くなり葉鶏頭/高澤良一

硝子戸に傘立透ける葉鶏頭/岡本眸

夕暮の近き庭なり葉鶏頭/高木晴子

病む頃を雁来紅に雨多し/夏目漱石

家貧し三本ばかり葉鶏頭/佐藤肋骨

鳥身得て人面老ゆれ雁来紅/竹中宏

山護る心きまりぬ雁来紅/中川宋淵

魂のひとり遊びの葉鶏頭/坪内稔典

霊廟は牢のくらさ葉鶏頭/古舘曹人

葉鶏頭嵐を前に鎮まれる/高澤良一

水鳥や啄みこぼす葉鶏頭/松瀬青々

俳句例:21句目~

伶人に秋日のもとの雁来紅/石原舟月

六十に近くて恋や葉鶏頭/藤田あけ烏

冠水の泥に炎え立つ雁来紅/近藤一鴻

初秋やあたま冴出す葉鶏頭/滝井孝作

去来の墓行くまで雨と葉鶏頭/妹尾健

口に出て一気の詩や葉鶏頭/工藤義夫

吹き降りを喜ぶさまに葉鶏頭/筒井誠

堂守りの着替へて若し葉鶏頭/辻桃子

懐疑的視点で並ぶ雁来紅/城野都生子

瑞々と黄に燃え残し葉鶏頭/鈴木花蓑

根元まで赤き夕日の葉鶏頭/三橋敏雄

大粒の雨がしばらく葉鶏頭/橋爪靖人

無人駅三つ数へぬ葉鶏頭/赤松けい子

母居らねば諍ひ多し雁来紅/皆川白陀

海坂の入日に酔ひて葉鶏頭/瀧尻佳子

炎天に雁来紅の沸き上る/相生垣瓜人

湖国より雨の近づく葉鶏頭/吉田鴻司

恙なし雁来紅は枯れにけリ/清水基吉

鵜の宿に母家離れ家葉鶏頭/吾妻規子

葉鶏頭夫に先んじ退院す/石田あき子

俳句例:41句目~

葉鶏頭出窓一杯燃えてをり/草間時彦

葉鶏頭丈高ければ高く活け/稲畑汀子

鯊釣の日和になりぬ葉鶏頭/正岡子規

魂棚の賑やかしとて葉鶏頭/高澤良一

葉鶏頭の苗養ふや絵師が家/正岡子規

華麗とは曇天を得し葉鶏頭/斉藤夏風

なみなみと盥に水や葉鶏頭/山西雅子

かまつかの霜や老妓の深ねむり/林翔

雁来紅活けし一夜の水濁る/藤木倶子

雁来紅母の妊まん日を怖る/寺山修司

雁来紅抜きて失ふ庭の色/古賀まり子

雁来紅微熱患者の吾も燃ゆ/島村利南

雁来紅を一閂に閉ぢ勅使門/古館曹人

まだ夏の心ならひや葉鶏頭/服部嵐雪

阿波十郎兵衛宅の藍甕葉鶏頭/瀧春一

釣鐘の寄進につくや葉鶏頭/子規句集

遠く淡し雁来紅に女漂ふも/小林康治

遊侠の町にあはれや葉鶏頭/佐藤春夫

誰が植ゑて雁来紅や籠堂/河東碧梧桐

幅跳の助走路に沿ひ雁来紅/高澤良一

俳句例:61句目~

干してある数の貸傘葉鶏頭/麻田椎花

雁来紅の頃の芝居は河内山/岸本尚毅

葉鶏頭母に晩年なかりけり/満田春日

かまつかや油塗れの整備兵/皆川白陀

葉鶏頭林をなして燃え尽す/鈴木花蓑

葉鶏頭昼照草を引きにけり/正岡子規

葉鶏頭いちにち風の石の町/山内和子

石像の余熱に昏れず雁来紅/河合凱夫

葉鶏頭幾夜の雨の起伏しに/野村喜舟

葉鶏頭食い荒したる日傾く/西東三鬼

戦争を知るや知らずや葉鶏頭/会津八一

手を洗ふ井戸水ぬくし葉鶏頭/保持幸子

方舟の燃えるかたちに葉鶏頭/坪内稔典

晴天の昏るるべく燃ゆ葉鶏頭/廣瀬直人

来る虫をみな赤塗りに雁来紅/星野紗一

雁来紅や中年以後に激せし人/香西照雄

照り曇る空や照る日の雁来紅/石塚友二

狂信の目にかまつかの爛れ陽よ/三谷昭

秋深しピアノに映る葉鶏頭/松本たかし

老人のぽつねんと黄の葉鶏頭/吉田紫乃

俳句例:81句目~

腰曲り葉鶏頭より低きわれ/粟津松彩子

かまつかに柩の影のふはと乗る/岸田稚

かまつかに残る炎色や休み窯/清水節子

花眼また少しすすみぬ雁来紅/鷹羽狩行

葉書にも続きのありぬ雁来紅/石川文子

葉鶏頭いま振向けば鬼女の顔/川島千枝

葉鶏頭の葉二三枚灯にまとも/高浜虚子

葉鶏頭の露真白にも真赤にも/高浜虚子

葉鶏頭われら貧しき者ら病む/石田波郷

葉鶏頭倒れんとして海に寄る/石原八束

葉鶏頭勢いづいて来たりけり/高澤良一

葉鶏頭南瓜の蔓につかまれぬ/中村秋晴

葉鶏頭窓一ぱいにありにけり/野村泊月

葉鶏頭遅速もなくて日和かな/飯田蛇笏

葉鶏頭雁渡ることしきりなり/大谷繞石

葉鶏頭雨のはげしさ玻璃越しに/中拓夫

かまつかの形骸黝き恋の果/成瀬桜桃子

踏みたほす借財もなし雁来紅/塚本邦雄

遠き家の朝な夕なや葉鶏頭/松本たかし

かまつかの旭にむせぶ斜面畑/高澤良一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ