季語/蚊(か)を使った俳句

俳句例:201句目~

入院の覚悟たやすし蚊柱に/朝倉和江

草蚊遣して峡中を煙らしぬ/白澤良子

残る蚊や筆先狂ふ喪の記帳/伊東白楊

蚊相模のいま勝負どき風吹けり/原裕

蚊火足して若人ばかり泊り客/及川貞

蚊遣火の灰渦なせる遊山かな/辻桃子

蚊火置けば譚めく端居かな/小杉余子

蚊火煙月の襖にうつりけり/鈴木花蓑

泊船の燈に似て闇の蚊遣香/宮武寒々

蚊遣火や諸膸抱いて小百姓/西山泊雲

分宿の荷物落ち着く蚊遣香/関根章子

蚊遣焚き一坪ふかく処女仏/古舘曹人

蚊遣焚き尼の照葉の話など/福田蓼汀

蚊遣豚蚊遣豚にぞ乗り売らる/辻桃子

初秋やそろりと顔へ蚊屋の脚/廬元坊

蚊遣香己の時間始まりぬ/藤井寿江子

蚊遣香背中の方が手薄なり/高澤良一

蚊遺香あちこちたてゝ僧裸/河野静雲

蚊遺香かぼそき煙曳き始め/河野静雲

蚊遺香濃くしづみ来る下に臥す/篠原

俳句例:221句目~

牛部屋に蚊の声暗き残暑哉/松尾芭蕉

血の色の夕焼に歓喜蚊食鳥/羽部洞然

行水の下焚き立つる蚊遣りかな/野明

裸身に蚊をうつ人や写し物/赤木格堂

初蚊遣香や変らず青き渦/百合山羽公

西晴れて月さす水や蚊遣香/飯田蛇笏

負け癖の生涯なりき蚊遣香/小林康治

走り蚊や擁きて胸の奥温む/小林康治

足の蚊を足で払ひて厨妻/恩賀紀美子

蚊柱や蚊遣の烟のよけ具合/正岡子規

近江蚊屋汗やさざ波夜の床/松尾芭蕉

通し給へ蚊蝿の如き僧一人/小林一茶

運慶が鬼の皮たく蚊遣かな/藤野古白

部屋毎にある蛇皮線や蚊火の宿/篠原

金屋の親爺かたへに蚊遣香/高澤良一

鋸屑は移徒の夜の蚊遣かな/水田正秀

鎌倉に蚊が出て櫻月夜かな/石塚友二

化け物の大飯喰ふ蚊遺かな/会津八一

雪隠の小城を責る蚊遣り哉/横井也有

化学式諳んじおれば蚊柱照る/澁谷道

俳句例:241句目~

鞍馬口蚊柱声を殺し合ひ/大木あまり

蚊柱や棗の花の散るあたり/加藤暁台

蚊屋釣てくるゝ友あり草の庵/炭太祇

蚊柱や棗の花の散るあたり/加藤暁台

鳴くからに十一月の蚊を殺す/赤松子

鶏の寐つかぬ宿の蚊やり哉/高井几董

蚊遣火のなびけるひまに客主/高浜虚子

蚊遣火に境涯なげく人とあり/伊藤皓二

富士行者つゞく草屋の蚊屋の前/菅裸馬

玄関に蚊遣の猪の今日もあり/野村泊月

寒山か拾得か蚊に螫されしは/夏目漱石

蚊が一つまつすぐ耳へ来つつあり/篠原

蚊遣淋し宴つづきの果てし宵/富田木歩

蚊を打つて弱気になりし坊泊り/岸田稚

草蚊追ふうまごに語る戦の日/土田桃花

居酒屋は船員ばかり蚊遣たく/小林清一

生れたる蚊が孑孑の水にまだ/右城暮石

氷嚢の蚊の立ち暗き一隅ヘ/瀧澤伊代次

蚊遣にはなさで香たく悔み哉/向井去来

蚊遣たちし朝の渦巻の状危し/原田種茅

俳句例:261句目~

蚊を叩き損ねて妻に八つ当り/川村紫陽

うかれ来て蚊屋外しけり月の友/炭太祇

纏ふ蚊の一つを遂に屠り得し/日野草城

蚊の入りし声一筋や蚊帳の中/高浜虚子

河童の川蚊細き脛の子と渉る/萩原麦草

山河また青ければ焚く蚊遣香/小林康治

蚊遣して松を愛する胡座かな/尾崎紅葉

かたびらの雪をれ竹や枕蚊屋/井原西鶴

蚊遣してしばらく歩く寺の内/岡本松浜

きそひ焚き家三軒の蚊遣かな/松瀬青々

蚊蜻蛉隻手を挙けて仆しけり/尾崎紅葉

この夏や眷属のみな飛蚊症/沼尻巳津子

干竿やとぶ蚊きらめき月の面/西山泊雲

蚊をとらふ眼が金屏の剥落に/古舘曹人

蚊いぶして一匹もゐず夜の風/鈴木花蓑

庭歩き夕炎ほのと蚊に立ちて/太田鴻村

この家の蚊柱にして傾けり/佐々木六戈

蚊絣をくくる手もとを草の絮/荒井正隆

さし汐の時の軒端や蚊遣焚く/飯田蛇笏

蚊やり木にたま沈の匂ひ哉/高井几董

俳句例:281句目~

蚊やりして師の坊をまつ端居かな/大魯

心なく寫経の肱を刺す蚊かな/会津八一

惘として在れば刺すなり昼蚊さへ/林翔

老杣のあぐらにくらき蚊遣かな/原石鼎

蚊やりしてまいらす僧の坐右かな/蕪村

蚊絣が野づらにつづき裁ち迷う/渋谷道

蚊ありぶん~台湾に土匪起る/子規句集

蚊ばしらや浪唐突にあらはるる/中田剛

蚊火燃えて起居浮べり椎の宿/西山泊雲

ただ蒼し蚊の目無数の歳月は/佐藤鬼房

蚊火の煙盛んに立ちて月早し/鈴木花蓑

蚊火の宿連立ち出でし夜水番/河野静雲

蚊柱を立てて童のゐなくなる/坊城俊樹

法然の座敷を通る蚊遣かな/藤田あけ烏

所化寮の窓に夜明の蚊やり哉/横井也有

蚊柱や蜘蛛の工のうら手より/高井几董

手を洗ふにも昼の蚊のつきまとふ/虚子

はしり蚊に妻子は遠し酒の中/小林康治

蚊ばしらや名月纖き牛の小屋/幸田露伴

ひとすぢの秋風なりし蚊遣香/渡邊水巴

タイトルとURLをコピーしました