季語/蚊(か)を使った俳句

俳句例:101句目~

紙一重藪っ蚊窮地脱しけり/高澤良一

蚊柱や地蔵ばかりの山の裏/仙田洋子

蚊柱や吹き浚はれて余所にあり/青畝

蚊柱や千本ともる濡れ格子/老川敏彦

涼しさや母の足もむ置蚊遣/富田木歩

蚊屋を出て物争へる翁かな/五車反古

句を錬るや酒杯に沈む蚊幾疋/森鴎外

叩かれて昼の蚊を吐く木哉/夏目漱石

溢れ蚊や隣に更くる百萬扁/寺田寅彦

蚊屋を出て奈良を立ゆく若葉哉/蕪村

蚊柱の立ちたる狸横丁かな/中山稲青

合掌するその手が蚊をうつ/住宅顕信

名月の西にかかれば蚊屋の継ぎ/如行

一つ二つから蚊柱となりにけり/一茶

一つ家の庇にあまる蚊遣哉/向井大放

夕空に蚊の湧き上る軒葡萄/富田木歩

蚊屋の月いらぬ天下を取んより/一茶

子や泣かん其子の母も蚊の喰ン/嵐蘭

蚊屋とりて天井高き寝覚めかな/許六

蚊一つを訴ふるなり月の客/前田普羅

俳句例:121句目~

世をいとふ心のはしか蚊屋の中/謙山

蚊とんぼのやうな神主大祓/高澤良一

蚊柱の柱のづれを立て直す/高澤良一

母病んで朝の日あたる蚊遣香/桂信子

坂町の軒くひ違ふ蚊遣かな/籾山柑子

蚊遣火の二つ合ひたる烟かな/辻桃子

あとしざる蚊一匹や蚊遣香/河野静雲

蚊柱のごときもの立ち城の空/上村占

交番の仮眠けふより蚊遣香/田崎令人

蚊屋つりて翠微つくらむ家の中/蕪村

宗鑑が竹の挽香を蚊遣かな/高井几董

蚊を打てば巌百尺の響あり/古舘曹人

蚊遣火の不粋の渦や坊泊/曽根原幾子

蚊を打つや枕にしたる本のかさ/其角

蚊か蚤か南京虫か目が覚めた/堺利彦

人気なき湯宿の蚊遣灰白し/高澤良一

蚊柱に夢の浮はしかゝる也/榎本其角

山の蚊の縞目の太き坊泊り/田山諷子

山の蚊は小暗き方へ~来る/高木晴子

蚊を前に渦巻き線香発明譚/高澤良一

俳句例:141句目~

蚊遣本や女の斧に石をわる/服部嵐雪

山国や夕日くもらす草蚊遣/近藤一鴻

山踏でならひし草の蚊遣かな/飴山實

蚊遣木や女の斧に石をわる/服部嵐雪

崖錆にいたみし軒の蚊遣かな/原石鼎

川風や燈火消えて蚊屋の月/幸田露伴

蚊をやくや褒似が閨の私語/榎本其角

夢成らず蚊張近く聞く雨の昔/森鴎外

男盛り過ぎて蚊遣の渦の外/近藤一鴻

蚊やり火や袋より出る薬屑/水田正秀

蚊遣時浅沼に鳴くのあり/中塚一碧樓

蚊遣り火や麦粉にむせる咳の音/許六

憎ひ蚊と同じ盛のほたる哉/横井也有

蚊を焼くや紙燭にうつる妹が顔/一茶

草の戸の草に住蚊も有ときけ/炭太祇

仕付糸袖に忘るる蚊の名残/石川桂郎

虻蜂蚊彼岸櫻に聚まれる/佐々木六戈

我宿は椎の木深く蚊の多き/正岡子規

藪下の商人宿の蚊遣かな/岡本癖三酔

蚊ばしらや棗の花のちるあたり/暁台

俳句例:161句目~

蚊柱に夕空水のごときかな/日野草城

蚊ばしらに大鋸屑誘ふ夕べかな/宗因

押しあうて瓜くふ顔や蚊屋の裾/許六

招かれし蚊柱の下のままごと/澁谷道

蚊柱に入堂の僧立ち止まり/森定南楽

文机の下を這ひ出る蚊遣哉/正岡子規

蚊の聲の一切経を蔵したり/古舘曹人

沖鳴るや岬泊りの蚊やり香/高井北杜

方丈を蚊遣の烟這ひめぐる/正岡子規

蚊遣して盗人待つや御曹司/子規句集

蚊遣して汀に坐りゐるやうな/飯田晴

おもはゆく鶉なく也蚊屋の外/炭太祇

時惜しむ鬼となりをり蚊をつぶし/翔

煩悩の我は蚊を打つ男かな/大谷句佛

夏の月蚊を疵にして五百両/榎本其角

暗りへうかと這入れば蚊遣かな/普立

蚊の声や酒うる舟に付いて来る/宋屋

脚つまみ白紙の上へ蚊の骸/高澤良一

蚊柱にわれの現身塔となれ/下村槐太

木曽人や蚊遣を腰の畑仕事/大野林火

俳句例:181句目~

本願寺門前旅館蚊の名残り/角南星燈

来寄る蚊や夢の青山高樹町/石塚友二

蚊の声や夜振帰りの裏戸口/赤木格堂

枝蛙昼のまゝゐぬ蚊火明り/鈴木花蓑

柏の香に蚣気遣ふ蚊やりかな/何某母

蚊遣香のひとすぢの青納骨日/中拓夫

かやり火や蚊屋つる方に老獨り/其角

蚊の声やほのぼの明けし浅間山/一茶

蚊の声は打も消さぬよ雨の音/炭太祇

梵妻の僧にもたらす蚊遣香/小林正夫

蚊の声の糸引く声が鉄壁へ/西東三鬼

蚊の声の中にいさかふ夫婦かな/李由

橘の一つ二つは蚊もせゝれ/榎本其角

僧若し頭に木槿から来た蚊/金子兜太

兄妹に蚊遣は一夜渦巻けり/石田波郷

兄弟に蚊遣は一夜渦巻けり/石田波郷

夏蟲や蚊遣粉にする人形屑/富田木歩

蚊の名残小紋やまがふ衣桁の袖/濯耳

残る蚊の侮りがたき力かな/石井露月

蚊の勢を又立て直す残暑哉/正岡子規

タイトルとURLをコピーしました