季語/蚊(か)を使った俳句

「蚊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蚊」について

【表記】蚊

【読み方】か

【ローマ字読み】ka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・赤斑蚊(あかまだらか:akamadaraka)

・薄蚊(うすか:usuka)

・赤家蚊(あかいえか:akaieka)

・縞蚊(しまか:shimaka)

・藪蚊(やぶか:yabuka)

・翅斑蚊(はまだらか:hamadaraka)

・蚊柱(かばしら:kabashira)

・蚊の声(かのこえ:kanokoe)

・蚊の唸り(かのうなり:kanonari)

・昼の蚊(ひるのか:hirunoka)

・蚊の口(かのくち:kanokuchi)

・蚊を焼く(かをやく:kaoyaku)

・蚊を打つ(かをうつ:kaotsu)

・蚊を追う(かをおう:kaou)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蚊を含む俳句例

蚊の声の一隅燈す一夜庵/裕

蚊柱や馬売惜む頑に/石井露月

蚊柱へ傾く南十字星/中島畦雨

暁の別たばこや蚊屋の月/一茶

夕暮や蚊を聞かへて荻の風/也有

蚊屋ごしに蕣見ゆる旅寝哉/士朗

蚊を焼くや褒じが閨の私語/其角

夏虫や蚊遣粉にする人形屑/木歩

厩口や蚊柱うつる盥水/西山泊雲

蚊屋くゞる女は髪に罪深し/蕪村

蚊蚋の類も吾の虚を突けり/瓜人

夜通しに壁塗あげる蚊遣哉/几董

蚊屋くぐる女は髪に罪深し/太祇

蚊柱や煙の闇を人通り/松瀬青々

初秋や蚊屋に透き来る銀河/嘯山

蚊柱や子の一日終ふ母の背に/稚

草枕蚊遣火焚て寝入りけり/文皮

蚊屋釣て豊に安し住る民/炭太祇

古井戸や蚊に飛ぶの音闇し/蕪村

すばらしい乳房だ蚊が居る/放哉

俳句例:21句目~

物問へば出て答ふる蚊遣哉/如瑟

手枕や月は布目の蚊屋の中/智月

蚊遣火の隣は暑し弦召さう/史邦

蚊の声や太鼓櫓のくづれ口/許六

蚊の声の一切経を蔵したり/曹人

蚊遣火の柴の戸口や棘の花/正己

蚊遣火や勤はじまる国分寺/五晴

裸身に蚊屋の布目の月夜かな/日

軒裏に去年の蚊動く桃の花/鬼貫

蚊屋釣や夜学を好む真ッ裸/炭太祇

うき人に蚊の口見せる腕かな/召波

沓作り藁うつ宵の蚊遣りかな/其角

物置より出て呆然と蚊遣豚/有働亨

うは風に蚊の流れゆく野河哉/蕪村

草市や蚊遣鉢など丸八に/野村喜舟

大方は庭へ流るゝ蚊火煙/松谷麓鶯

どこの蚊が最も痛き墓詣/高浜虚子

蚊柱の穴から見ゆる都哉/小林一茶

蚊柱やこげし匂ひの厨口/岡田和子

わが宿は蚊の小さきを馳走也/芭蕉

俳句例:41句目~

傾城の蚊屋にきのふの螢かな/瓢水

蚊の乗らぬ所までいざ涼み舟/惟然

元結の紫匂ふ蚊やりかな/増田龍雨

又かしまし蚊の声明て木挽町/露言

蚊絣の紺のにほへる釣荵/石川桂郎

蚊柱や夕栄広き須磨の浦/子規句集

胸にくる昼の蚊太し平泉/皆川盤水

蚊屋くゞる今更老が不調法/炭太祇

夕弥撒へ畑より移す蚊遣香/築城京

蚊柱や八幡不知の藪の蔭/寺田寅彦

蚊柱の近きにありて立話/稲光すみ

夕澄みて東山あり蚊柱に/日野草城

夕映の蚊柱の胴緊めがたし/澁谷道

蚊屋越しに蕣見ゆる旅寝かな/士朗

蚊柱の折々草に沈みけり/高濱年尾

二三日蚊屋のにほひや五月闇/浪化

燃立て皃はづかしき蚊やり哉/蕪村

独寝や夜わたる男蚊の声侘し/智月

宿かさぬ主人つれなき蚊遣哉/湖陸

尻べたの蚊を打つ芋の葉風哉/巣兆

俳句例:61句目~

山の蚊の縞あきらかや噺/芝不器男

山国の闇を濃くして草蚊遣/長田等

蚊をよけて親の鼾や郭公/上島鬼貫

帰来る夫の咽ぶ蚊やりかな/炭太祇

番禰宜の昼も蚊を打つ扇かな/呑獅

愛憎の誰彼とほし初蚊遣/伊藤孝一

纒ふ蚊の一つを遂に屠り得し/草城

百足屋も白蚊絣も昔かな/石川桂郎

蚊柱を吹いて曲げたり木曾の風/目

蚊の行衛窓から白み東山/中川四明

蚊の有に胯るふりや稚がほ/炭太祇

藪っ蚊の金属音の急降下/高澤良一

蚊の影や讌はてたる白襖/西島麦南

水巴忌の蓬が混る蚊遣草/萩原麦草

蚊の多寡を語りあふなる隣哉/風外

一筋の秋風なりし蚊遣香/渡辺水巴

蚊柱に救世軍の太鼓かな/巌谷小波

栴檀は佛師か宿の蚊遣かな/森鴎外

あら凉し裾吹蚊屋も根なし草/蕪村

蚊柱や青唐辛子焼く匂ひ/大谷句佛

俳句例:81句目~

蚊の声す飲食喞つ妻の方/小林康治

蚊の声す飯食喞つ妻の方/小林康治

竹伐りて蚊の声遠き夕哉/加舎白雄

竹切りて蚊の声遠き夕ベかな/白雄

蚊柱や鉦の中から鉦の音/黒田杏子

昼の蚊や媚顔傾け伎芸天/北野民夫

蚊遣火やよき宿を取後れたり/路曳

初蚊遣けふ箸初の浩宮/石田あき子

蚊遣火や飯にさしあふ西の岡/乙州

蚊遣香効を奏しぬ六畳間/高澤良一

蚊雷やなかば時計の刻む音/森鴎外

蚊柱や蚊柱や三十三間堂/藤野古白

夕映の蚊柱御殿死ねば棲む/渋谷道

鐘撞堂片隅に焚く蚊遣香/茂里正治

霜寒き旅寝に蚊屋を着せ申し/如行

韓信の漂母と語る蚊遣哉/寺田寅彦

風入るる蚊も又入るる雨の坊/汀子

香煙の蚊をも払ひぬ墓詣/皆吉爽雨

蚊柱や月を外れて一くさり/西山泊雲

波音の大王岬の蚊と生れ/波多野爽波

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ