季語/楓の芽(かえでのめ)を使った俳句

「楓の芽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「楓の芽」について

【表記】楓の芽

【読み方】かえでのめ

【ローマ字読み】kaedenome

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

楓の芽を含む俳句例

楓の芽ほぐれ剥落九体仏/松本進

楓の芽豆腐平に煮られゐて/桂信子

楓の芽ほのかに紅し鴨帰る/秋櫻子

渓声や夕日の中の楓の芽/岡田日郎

楓の芽わが泣顔の前にほぐれ/瀧春一

楓の芽朝の音楽つづきをり/村沢夏風

芽楓を透き雲去来句碑の空/江口竹亭

楓の芽紅するどしや手枕に/石田波郷

川淀や夕づきがたき楓の芽/芝不器男

日の昏れの雀の声や楓の芽/皆川盤水

病む父に雨ふると答ふ楓の芽/瀧春一

繋がれて鼻擦る牛や楓の芽/野村泊月

雀らの来ては光りぬ楓の芽/野原貞吾

むづ痒き細枝もつれて楓の芽/富安風生

朝の丘松澄むなかの楓の芽/柴田白葉女

楓の芽あるひは紅く出にけり/松本竜庵

楓の芽ほぐるる一喜一憂に/馬場移公子

楓の芽艶なきはわが疲れかも/新井英子

神田より帰りて木あり楓の芽/石田波郷

楓の芽恍惚とわが病む日あり/細川加賀

俳句例:21句目~

楓萌えわが服の紺寂びにけり/藤田湘子

芽楓のあかねにけぶり春時雨/内藤吐天

芽楓の明るさに歩を揃へけり/稲畑汀子

いつまでも寒さほどけず楓の芽/岡村閑月

学問に炎えし血のいろ楓の芽/岡本差知子

芽楓のほのかに奥へいざなへり/鈴木貞雄

芽楓の雨をさむがる鹿の子かな/吉田冬葉

浴房洩る灯地をくもらする楓の芽/宮武寒々

楓の芽もはらに燃えてしづかなり/加藤楸邨

湯けむりをあけぼの色に楓の芽/青柳志解樹

楓の芽燃えたつ妻よ男の子生め/岡部六弥太

お礼所のいろは楓の芽吹きおり/近石/ひろ子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ