季語/麦踏(むぎふみ)を使った俳句

「麦踏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「麦踏」について

【表記】麦踏

【読み方】むぎふみ

【ローマ字読み】mugifumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・麦を踏む(むぎをふむ:mugiofumu)

季節による分類

・「む」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

麦踏を含む俳句例

麦踏や角を正しく屋敷林/辻桃子

警報機のみの踏切麦の秋/長田久子

麦踏むや旧正月の近き村/大谷句佛

後ろ手の麦踏の黙引返す/笠原古畦

夕ざれや麦踏む音の山畑/中島月笠

麦踏みの大足がゆき遍路みち/原裕

麦を踏む住宅街の残り畑/土屋孝子

麦刈や踏めば砕くる土煙/西山泊雲

灯台の日蔭の麦を踏みにけり/篠原

麦踏の頭巾の外の風強き/原田種茅

麦踏や顔傾けて風に堪ゆ/西山泊雲

北風に言葉うばはれ麦踏めり/楸邨

麦踏も終へぬ夜明の通り雨/中拓夫

麦踏の男が見えて女の声/野澤節子

麦踏の壮者彼や野路の景/石塚友二

麦踏の一つの姿手を腰に/高濱年尾

麦踏むや同齢妻と歩も揃ひ/大熊輝一

宅地並課税の畑に麦を踏む/瀬上/實

麦踏て三々五々の野梅かな/椎本才麿

島人の海に向ひて麦を踏む/合原/泉

俳句例:21句目~

麦踏むや母の足裏踏む如し/堤あきを

来世がありて麦踏む岬の果/佐野美智

麦を踏む姿に母を憶ひけり/稲葉清次

麦踏の返すそびらに神の山/荒井正隆

石を切る山の光りて麦を踏む/安藤節

麦ひと日踏みて遠方力満つ/長谷川双

老いの足小刻み麦と光踏み/西東三鬼

麦踏やむき振替へて向ひ風/西山泊雲

麦踏や山皺ごとに靄こめて/高田蝶衣

麦踏を今朝雪嶺となり囲む/佐野美智

出ばやな籬の野べの麦踏に/加舎白雄

麦を踏む父子嘆を異にせり/加藤秋邨

夕焼の奈落が見たし麦踏めり/中拓夫

麦踏の出てゐる島の畑かな/高野素十

麦踏むと天皇制が立ち上がり/久保純夫

麦踏みのうしろ手解かぬ立話/荒井幸子

きさらぎの麦踏みのぼる向ひ風/中拓夫

麦踏の遠目のうちに未だあり/中村汀女

麦踏の遠き背後をわが通る/鈴木六林男

貝塚のまはりの麦を踏みてをり/飴山實

俳句例:41句目~

麦踏の海向くときは姑憎む/田川飛旅子

麦踏の母の居そめて父も又/阿波野青畝

麦踏の曳く影の截り別れつつ/原田種茅

麦踏の影のび来ては崖に落ち/村松紅花

麦を踏む比良八荒へ身を晒し/清水志郎

歩み来し人麦踏をはじめけり/高野素十

殉教の島に老いゆく麦を踏む/酒井泡一

麦踏のでてゐる畑の曇り来し/相馬黄枝

麦を踏む友に暮光の丘があり/大井雅人

瀬戸の島の山の背の畑麦踏める/及川貞

道問へば麦踏む二人こも~に/皆吉爽雨

麦踏のたつた一人にみな雪嶺/加藤楸邨

麦踏のリズムに飽きて鴉啼く/影島智子

麦を踏む犬の杉作したがへて/木田千女

手負鳩森につくまで麦踏まず/大熊輝一

麦踏のふと棒立ちのもの思ひ/橋詰沙尋

考へてをりしは蹠麦を踏む/後藤比奈夫

落磐の怖れを秘めし麦を踏む/西本一都

麦踏のうしろ手凍え入日かな/中島月笠

蜑が妻二日の凪に麦踏めり/水原秋桜子

俳句例:61句目~

衰へは足より来ると麦踏みに/山本紅園

麦を踏むけはしき眼何を憎む/加藤楸邨

囚人らの遠くより麦踏を見る/松村蒼石

麦踏むや海は日を呑み終りたる/森田峠

麦踏むや笑ふ別れに挟まれて/香西照雄

麦踏に足の湯とるや三日の月/西山泊雲

昼月に刻をあづけて麦踏めり/宮津昭彦

麦踏や寒さに堪へて小刻みに/西山泊雲

長風呂で目眩の童児麦を踏む/猪原丸申

麦踏の影いつしかや廻りけり/村上鬼城

麦踏の影たゆみなく午過ぎぬ/西島麦南

麦踏をして蕩々とゆきにけり/古舘曹人

梅が香や関りもなく麦は踏み/野村喜舟

麦踏んで帰る焼野のかまいたち/中拓夫

神官の足袋はかぬ日は麦を踏む/後藤智子

空港になるかならぬか麦を踏む/松山足羽

裏に清流この家の人等麦踏みへ/金子兜太

踏みし麦醜草のごと立ちなほる/加藤武城

車窓に見る麦踏のうごき一足を/宮津昭彦

鎮まりし火の山負ひて麦を踏む/白澤良子

俳句例:81句目~

風の日の麦踏遂にをらずなりぬ/高浜虚子

麦を踏む体重は地へぬけてゆく/津田清子

御嶽の見ゆる高さの麦を踏む/服部鹿頭矢

麦を踏む脳裏に錆びた家紋と鋤/大井雅人

麦を踏む腿や軍袴の羅紗厚し/榎本冬一郎

麦を踏む體重は地へぬけてゆく/津田清子

麦踏にあらで玉葱の芽を踏める/西本一都

麦踏のいつしかゐなくなりて月/加藤楸邨

麦踏のはなればなれの湖北かな/鷹羽狩行

麦踏のゆきき野佛のふところを/田中菅子

麦踏の夕影連れて去りゆけり/徳永山冬子

麦踏の忙しき影をともなへる/高橋淡路女

麦踏の最後の夕日をふみゆけり/間立素秋

麦踏はいつも遠くの方にゐる/加倉井秋を

麦踏はたゝら~と踏まざりけり/尾崎迷堂

麦踏みの影のび来ては崖に落ち/村松紅花

麦踏みの父はいちにちふりむかず/岬雪夫

麦踏みは夕陽の宙をゆくごとし/飯野燦雨

麦踏みて綾なす畑となりにけり/山本孟辰

あたゝかき正月なれば麦踏まん/北里信子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ