季語/春の海(はるのうみ)を使った俳句

「春の海」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の海」について

【表記】春の海

【読み方】はるのうみ

【ローマ字読み】harunomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の湖(はるのうみ:harunomi_)

・春の浜(はるのはま:harunohama)

・春の渚(はるのなぎさ:harunonagisa)

・春の磯(はるのいそ:harunoiso)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の海を含む俳句例

紫に夜は明かゝる春の海/几董

春の海入込みこゝを油壺/虚子

家持の妻戀舟か春の海/高浜虚子

春の海庇の下にまつ平/佐藤峻峰

干網の一目一目の春の海/上村占

焼鳥の串のあめいろ春の磯/原裕

春の海終日のたりのたり哉/蕪村

煙突の一本高し春の海/高浜虚子

春の海竜のおとし子拾ひけり/露伴

水枕干すにも春の海の音/中山純子

陸奥の牧東に開け春の海/石井露月

限りなき日本領や春の海/尾崎紅葉

鮫となり誰か沖ゆく春の海/徳弘純

停泊の船長に雨春の海/鈴木六林男

満汐や橋の下まで春の海/正岡子規

春の海岩はひ上る遊び波/山口青邨

春の海岬の数を並べけり/野村喜舟

春の海ひねもすのたり~かな/蕪村

軍艦が軍艦を撃つ春の海/高柳重信

春の海と鳥と寝るならば/田中裕明

俳句例:21句目~

胸衿を沖へ開いて春の海/高橋悦男

緩やかな珈琲の渦春の海/倉田健一

春の海より易々とかもめ翔つ/清子

子の声の溢るる春の渚かな/原昭二

弓なりの春の渚に絵具箱/大屋達治

待春の海凪ぎ青き原酒樽/坂井とみ子

凧の骨刺さりし春の渚かな/中村和弘

画きたる波三本の春の湖/岩本/周熈

春の海見むと岬へ大股に/成瀬桜桃子

舟歌に月こそ出づれ春の海/藤野古白

灯台や手毬のやうな春の海/松山足羽

長江の濁りまだあり春の海/高浜虚子

一方に春の湖ある障子かな/山本洋子

伊勢湾口大なる春の海会す/山口誓子

春の海船の吃水さま~に/五十嵐播水

維盛入水の春の海なりけり/尾崎迷堂

午後からは岩の現れ春の海/岡田耕治

塔の中巡るや春の海寄りに/古舘曹人

春の海潮甘かれと思ひけり/巌谷小波

海蔵門二枚びらきや春の海/井原西鶴

俳句例:41句目~

春の海コップの水のごと平/山崎一義

春の海四角の黒きもの沈む/山口誓子

春の海一燈つよく昏れにけり/桂信子

春の海箱舟にゐし記憶あり/仙田洋子

春の海入渠の船のうすき煙/山口誓子

山越のそゞろ見返り春の海/島田青峰

青楼や欄のひまより春の海/夏目漱石

小松石春の渚にあるはまろき/瀧春一

春の海かく碧ければ殉教す/岩岡中正

轍あと春の渚をひとまはり/細川加賀

雪山の名を言ふ春の渚かな/山本洋子

大あくび春の海より貰ひけり/高澤良一

島々に灯をともしけり春の海/正岡子規

日本発つ水尾出来そめし春の海/関圭草

春の海たちまち変る貌もてり/石原舟月

春の海に橋をかけたり五大堂/夏目漱石

春の海まつすぐ行けば見える筈/大牧広

春の海や暮れなんとする深緑/前田普羅

春の海わがしはぶきに応へざる/瀧春一

春の海一重の薮をもてへだつ/山口青邨

俳句例:61句目~

春の海砂に吸はれて波果てる/宮下邦夫

天城嶺は西日をとめて春の海/松村蒼石

春の海船頭起きて真帆あがる/藤野古白

春の海見にゆくことも定年後/池田秀水

春の海隔てゝ安房と相模かな/篠崎霞山

春の海龍のおとし子拾ひけり/幸田露伴

朝ごとの色確かめつ春の海/小川濤美子

核弾頭うつらうつらと春の海/大口元通

沖たかく行く春の海船をみず/飯田蛇笏

燈台にばむばむ春の海よする/下村槐太

物干がいくつも見えて春の海/永井龍男

竜神のけふ渡るなり春の海猫/角川春樹

羊水の記憶のままの春の海/おおしろ建

長崎の燈に暮れにけり春の海/渡辺水巴

雨上りゐてさりげなき春の海/松村蒼石

鳩群れて飛ぶ毬となる春の海/高井北杜

胎動をいざなふごとし春の海/仙田洋子

鏡なす暮春の湖をわたりけり/飯田蛇笏

春の浜なほ著ぶくれて媼あり/高濱年尾

足跡は一人と二匹春の浜/佐土井智津子

俳句例:81句目~

あら悲し眺め入る目も春の海/会津八一

よう候の聲もたるみぬ春の海/幸田露伴

傘さして小舟出しけり春の海/角田竹冷

入渠まつ船が繋れり春の海/五十嵐播水

分骨のあとあをあをと春の海/友岡子郷

幾筋も佳き川ありて春の湖/八木林之介

目を凝しをればあふるる春の海/北元多加

春の海渡らばそこに何がある/野田別天楼

箱馬車に傾ぐを見たり春の海/金箱戈止夫

春の海大工なかなか降りてこぬ/永末恵子

春の海むかしのごとく天守より/山口青邨

春の海ほどの御堂のひとりかな/吉田紫乃

春の海暮るるとき来て波ひびく/松村蒼石

春の海へぐんぐんバスの一路陥つ/瀧春一

春の海ビニールすでに黒ずみぬ/攝津幸彦

春の海振子の如き日を見たり/小川原嘘師

行く春の海渡り来る卑弥呼かな/佐川広治

春の海珊瑚の枝は伸びつつあり/福田蓼汀

長々と蛸も伸びする春の海/大サカ-附鳥

機の下は春の海とも奈落とも/保田白帆子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ