季語/神楽(かぐら)を使った俳句

「神楽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「神楽」について

【表記】神楽

【読み方】かぐら

【ローマ字読み】kagura

子季語・関連季語・傍題・類語など

・神遊び(かみあそび:kamiasobi)

・神楽歌(かぐらうた:kagurauta)

・御神楽(みかぐら:mikagura)

・庭燎(にわび:niwabi)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

神楽を含む俳句例

修復の露の一燈神楽殿/木村蕪城

祭壇の下に米櫃神楽宿/津田清子

面白き神楽乙女の化粧かな/望一

夜神楽や太き椿の蔭の宮/尾崎迷堂

神楽歌書かむ芭蕉の広葉かな/言水

金物にきはる手もとや神楽姫/徐寅

神楽待つ月集落の槻神社/矢島渚男

神楽笛飄と天ゆく鷽守り/野沢節子

長老の笛若者の神楽の足/伊丹公子

夜神楽や水涕拭ふ舞の袖/高井几董

神楽笛ここ涼し音の佃堀/古沢太穂

急緩に神楽の撥や風光る/吉野長慎

夜神楽や鼻息白し面の内/榎本其角

大杉を神降り給ふ神楽笛/高原千景

寒晴や神楽の鈴を高鳴らし/石嶌岳

山車神楽鉦は痴人愚鈍と/高澤良一

神楽舞野の神々の淫唄/櫛原希伊子

直会の雑炊煮立つ神楽笛/佐川広治

神遊ぶ三船祭の水ゆたか/太田由紀

初午や和琴を掻きて神遊/後藤夜半

俳句例:21句目~

夜神楽の暁こそは高潮す/宇咲冬男

酉の市の人波囃す神楽かな/野村喜舟

ぽつちりと紅き鶯神楽かな/矢島渚男

遠神楽に干大根の夜の迷路/伊丹公子

蛇穴に入るをこばめる神楽かな/原裕

亀鳴くや神楽に集ふ湯治客/古舘曹人

藁に寝て子牛守る爺神楽宿/田中英子

神楽笛ピと強吹くや吹き了る/辻桃子

凍滝に礼して神楽舞ひ納む/矢島渚男

あかときの神楽囃よ草の罠/宮坂静生

厠から応と声あり神楽の夜/神尾季羊

神楽師の飲食枯木踏む音す/栗林千津

繰り返へす神楽囃子や翁草/石原栄子

結構なお山日和や山神楽/大須賀乙字

御神楽の脂のしみし衣裳箱/本橋美和

土器の酒くみかはす神楽かな/龍岡晋

神楽舞ふ赭顔吊眼の国つ神/福田蓼汀

境木となりゐて鶯神楽咲く/森田公司

木霊棲む山めぐらすや神楽笛/伊藤純

山神楽焚火拝みて戻りけり/角田竹冷

俳句例:41句目~

神楽舞ふ夜は凩の起るらし/佐川広治

霜光る神楽の影の及ぶとき/矢島渚男

神楽子や国の杖つく今年生/斯波園女

夜神楽の霧呼ぶ声か奥秩父/橋本榮治

麓神遊びに来るか炬燵せり/村越化石

闇に出て神楽狐の貌冷やす/宮坂静生

庭燎にちらつく雪や初神楽/上野巨水

夜神楽の一戸へ雪の筧ひく/神尾季羊

神楽舞終へて冬田を耕せり/佐川広治

鍋蓋で戯れ舞ひ神楽女正月/米田一穂

鮓一つつまんで神楽面つける/松本旭

順々に先づ梅さきて神楽講/斯波園女

夜神楽の或は近き囃子かな/星野麦人

その神楽天神花をかざす由/後藤夜半

夜神楽や杉の間から光る星/井上井月

灯の海に蝙蝠とべり神楽月/宮武寒々

神楽奏す湖畔の巫女にささめ雪/杉本寛

神楽歌よむやかなしき日の盛/小林康治

神楽殿のごとき餌台色鳥来/岩淵喜代子

老禰宜の息つぎ足して神楽笛/田崎賜恵

俳句例:61句目~

船鉾の日和神楽のぞろと来し/大石悦子

色恋の所作して出雲神楽かな/津田昭子

落月をふむ尉いでし神楽かな/飯田蛇笏

蚊の声やをろち神楽の大道具/巌谷小波

蛸壺に腰かけ復習ふ神楽笛/米澤吾亦紅

裏山に雪の来てゐる神楽かな/橋本榮治

許したる神楽乙女や汐まねき/加藤郁乎

さすらひの神楽師達や山雪解/小沢碧童

たふとさに寒し神楽の舞少女/正岡子規

誰と誰が縁組すんでさと神楽/榎本其角

谺して山川草木神楽の季/大久保たけし

豊年の神楽いよいよ賑やかに/大隈草生

贄の鵜へ目覚の神楽さや~と/大森積翠

農の血を継ぐ夜神楽の太き指/佐川広治

野猿とぶ月夜の谿の神楽笛/福田甲子雄

雪を来て神楽好きなり出雲人/鷹野清子

音たてて神楽の大蛇畳まるる/河野照子

馳折をしばらくおろす神楽哉/高井几董

鬼ごとやお神楽台の下くゞり/鈴木花蓑

出でしより一歩一鈴巫女神楽/田村了咲

俳句例:81句目~

嘯ける神楽の面のうつむきも/後藤夜半

山茶花の落花並べは神遊び/伊丹三樹彦

土に終るひとりの神楽風の顔/金子皆子

方相氏庭燎明りに構えたり/五十嵐播水

埋火の珠となるまで神楽宿/神尾久美子

夜神楽にいつ加はりし雨の音/野澤節子

猪濁活の花の丈なす庭燎かな/宮坂静生

神遊び夫婦和合の舞に果つ/奥谷亜津子

夜神楽に歯も喰ひしめぬ寒さかな/史邦

窓といふ窓濡れてをり神遊び/吉田紫乃

夜神楽のいたづら鬼は村長ぞ/富永小谷

夜神楽の出を待つ神の足拍子/川崎慶子

夜神楽の神と両脚見てをりぬ/楠本信子

夜神楽の神と人との間かな/後藤比奈夫

夜神楽の神と雨脚見てをりぬ/楠本信子

夜神楽の神のつぶやき白ろ面/竹内一笑

夜神楽の笛に澄みゆく高嶺星/西村博子

夜神楽の篠に拾はる蚕神さま/佐野美智

夜神楽は畳に酒を打ちて舞ふ/橋本鶏二

夜神楽や些細なことを大仰に/高澤良一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ