季語/咳(せき)を使った俳句

「咳」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「咳」について

【表記】咳

【読み方】せき

【ローマ字読み】seki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・しわぶき(しわぶき:shiwabuki)

季節による分類

・「せ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

咳を含む俳句例

咳をしても一人/尾崎方哉

咳気声や世間の噂衣がへ/安昌

橙や大川端に咳の神/古舘曹人

月明り、青い咳する/住宅顕信

百五十億光年の星へ咳/嶋田一歩

熱燗を夫の催促咳一つ/杉田英子

月夜風ある一人咳して/尾崎放哉

鳥雲に砂利採りの咳遠きこゆ/稚

日中に咳はく牛や花葵/飯田蛇笏

握りしめた夜に咳こむ/住宅顕信

虫の音の中に咳出す寝覚哉/丈草

百夜経て咳の減りたり初蛙/秩父

咳の夜の壁穿つ余寒かな/石塚友二

妻に齎す大入袋咳しつつ/細川加賀

雪泥の港明るし荷馬の咳/西村公鳳

林中の寂寞咳をして払ふ/那須乙郎

灯台に咳する螺旋形の咳/三好潤子

咳よりも咳の谺のさびしさよ/林翔

咳き入りて~瞳のうつくしき/篠原

障子の影が一人の咳する/住宅顕信

俳句例:21句目~

金柑は咳の妙薬とて甘く/川端茅舎

遠蛙やがて男の咳きこゆ/飯田龍太

道に売る咳止め飴や初大師/中火臣

咳一つ校長訓示始まりぬ/城台洋子

咳一つ生きて玉葱岬に積む/原田喬

咳気引て来る朝もあり夜興曳/也有

忽忘草霧に咳き人行けり/堀口星眠

咳けば青僧良寛応へんや/巌谷小波

咳込みて三界の闇凸凹す/館岡沙緻

咳払せねば出ぬ声報恩講/小松月尚

冬鴎海のあをくて咳込めり/中拓夫

笹鳴に大きかりける人の咳/有働亨

勿忘草霧に咳き人行けり/堀口星眠

稿債と咳まだ残る誕生日/窪田久美

口取も咳気ごゑなり駒むかへ/曲翠

咳をしてひよどりを驚かす/細見綾子

夜の坂父の高さで咳をする/小原洋一

塵一つなき神前に咳こぼす/綾ひろ子

晩餐や不在を飾る咳ひとつ/加藤郁乎

わが咳けば寒鯉鰭をうごかしぬ/風生

俳句例:41句目~

明易や己が咳に目覚めもし/藤松遊子

わが咳に十二神将こちら向く/岬雪夫

鴉の咳ごとに嬰児の首洗う/赤尾兜子

咳き込めば臓腑七転八倒す/高澤良一

静臥時の咳ひとつなし山桜/塩尻青笳

生後初感染の咳牡丹冷ゆ/中戸川朝人

君が咳角を曲りて帰り来る/長山あや

咳の子に待合室のマンガ本/町田敏子

旅の夜の階下の咳の幼きを/原田種茅

間みじかの胸灼く咳を憎み咳く/篠原

銭湯の鏡の前に咳込めり/田川飛旅子

咳一つ報恩講に置いてくる/星永文夫

白靴の淡き光に咳くひとり/赤尾兜子

寒肥の老の咳ひびきたる/五十嵐播水

画家の犬咳して青き朴の蔭/右城暮石

丑満の雪に覚めゐて咳殺す/臼田亞浪

暗転へまた裏方の咳聞こゆ/幡谷東吾

咳の子守る扁平な家雁渡る/細見綾子

乙訓の大きな藪の中に咳く/細川加賀

咳の底切株は雨啜りをり/藤村多加夫

俳句例:61句目~

咳一つ飛びて枯木の枝光る/内藤吐天

炭の香や奥に聞ゆる咳払へ/会津八一

咳ひとつして催促の稿のこと/宮田勝

咳けば脾腹が痛し何の風邪/石塚友二

泊船に咳きこえ夜は長き/五十嵐播水

誰か咳きわがゆく闇の奥をゆく/篠原

蚊遣り火や麦粉にむせる咳の音/許六

咳きて痰落す冬青き松の群/岩田昌寿

ささやきや咳気をなぐる年の暮/探志

葱食つてこなごなの咳朝の川/中拓夫

臨月でありし娘の咳く寝待月/堤信彦

弁当のパンがわきゐて咳さぞふ/篠原

胸中の凩咳となりにけり/芥川龍之介

喋らんとして悉く咳となる/朝倉和江

聖五月男の咳をひとつかな/村越化石

耳に棲む父の叱よ母の咳よ/香取哲郎

山枯れたり遥に人の咳ける/相馬遷子

咳ひとつ落つ月明の鷲羽山/田住満夫

咳呼んで牀頭月のさし来り/臼田亞浪

蓬髪を抱きて火口に女咳く/石原八束

俳句例:81句目~

咳しつゝ歩き来る子や稲埃/高野素十

初芝居意休の咳も芸のうち/江口千樹

咳ひびく戦傷ならぬ傷を持ち/三谷昭

立上り泉へ落す咳ひとつ/田川飛旅子

空咳せしあと咳込みぬ総彦忌/岸田稚

咳ひびく畦より細く水流れ/廣瀬直人

母につぎ兄も柱も咳きぬ/宇多喜代子

石牢に已たしかむ咳をする/加藤耕子

百姓の咳まじる遠き物音に/中山純子

桜餅気になる咳をする人と/茨木和生

小照の父咳もなき夕立かな/渡辺水巴

咳きて思ひ寝の鴨乱さゞれ/篠田悌二郎

咳きて飛石ひろひ来つつあり/下村槐太

黙読に胸押せば咳く夜寒かな/富田木歩

薄咳をしつゝやめずよ水遊/川村たか女

あの咳は父よ溝板ふんで来る/菖蒲あや

詩は無償胸絞り揺る咳も久し/香西照雄

誰からとなく咳したり萩昏む/目迫秩父

誰か一咳きわがゆく闇の奥をゆく/篠原

誰彼の咳に散りしく花うばら/横山房子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ