季語/雪山(ゆきやま)を使った俳句

「雪山」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪山」について

【表記】雪山

【読み方】ゆきやま

【ローマ字読み】yukiyama

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪の山(ゆきのやま:yukinoyama)

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪山を含む俳句例

雪山の大白妙に初烏/田村木国

銃声の谺雪山無一物/長嶺千晶

雪山の雪の立錐皆檜/橋本鶏二

男山酒造雪山正面に/高澤良一

雪山の荒膚仰ぐ針供養/堀口星眠

産院を繞る雪山四温光/飯田蛇笏

山開雪山讃歌もて了る/渡辺立男

雪山の堂断食の僧一人/伊藤柏翠

雪山の初明りして狐罠/小坂順子

梟に雪山星を加へけり/山下竹揺

初蝶や雪山恍と雲の上/松村蒼石

鉄を打つ谺短かし斑雪山/阪本晋

雪山へ眼遊ばす絵付工/羽部洞然

雛買うて杣雪山へ帰りけり/原石鼎

雪沓でゆく雪山の発電所/和知喜八

雪山にひとりの眠り沈みゆく/林翔

雪山を灼く月光に馬睡る/飯田龍太

雪山に汝を思へば海蒼し/相馬遷子

雪山を流れて水の炎となれる/原裕

雪山に春の夕焼滝をなす/飯田龍太

俳句例:21句目~

雪山を容れて伽藍の大庇/伊藤柏翠

雪山は晴れて港の船往来/高濱年尾

ふところに一枚の櫛雪山へ/岡本眸

月稚し雪山照らす力なし/岡田日郎

朝焼けの雪山負へる町を過ぐ/篠原

雪山の鷽が来てをり春祭/加藤岳雄

雪山に雪降り重ね粥柱/陣内イサ子

雪山に頬削り来し男なり/野澤節子

雪山の端が輝き奴凧/阿部みどり女

雪山に大汗はばむしまき哉/中勘助

遠天に雪山ほのと秋の暮/相馬遷子

雪山の奥に雪山白子汁/長田喜代子

雪山に白樺の白やや汚れ/福田蓼汀

銀婚の旅雪山の虹に入り/影島智子

終に風けものの性を斑雪山/緒方敬

雪山に林相白を以て描き/福田蓼汀

雪山や駅には駅の煙立ち/京極杞陽

雪山に春の川ある街住ひ/高木晴子

翁舞国栖の雪山塀をなす/津田清子

雪山の昼も夜も寝て杉丸太/吉田紫乃

俳句例:41句目~

雪山になほ降る雲か垂れて来ぬ/篠原

雪山の聞きたる儘に現れし/京極杞陽

雪山の虚ろに炎立つランプ小屋/原裕

雪山にゆふべの月のまだ白く/上村占

こたへなき雪山宙に労働歌/飯田蛇笏

雪山の遠さ発止ととどめたる/松澤昭

雪山のひと日のうるみ青烏/野澤節子

つく~と雪山近く歩きけり/星野立子

雪山の風来るまでにちかづきぬ/篠原

雪山の風樹孤島の濤と聴き/福田蓼汀

雪山はうしろに聳ゆ花御堂/石井露月

雪山へ顔上げつづけ一人旅/細見綾子

雪山に父の樅の木鳥見えて/大井雅人

人の許へ雪山たゝむ敦賀湾/細見綾子

人日の雪山ちかき父母の墓/石原舟月

反芻の牛に遠見の斑雪山/鷲谷七菜子

雪山に何も求めず夕日消ゆ/飯田龍太

地鎮めの竹担ぎ出す斑雪山/三森鉄治

雪山ののぞける街の羽子日和/上村占

雪山のどのみちをくる雪女郎/森澄雄

俳句例:61句目~

天へ入りゆふべ雪山結晶す/岡田日郎

雪山も雪なき山も似し高さ/稲畑汀子

風が棲む雪山の裾初荷行く/相馬遷子

雪山に成層圏の蒼さ墜つ/松本詩葉子

川激ち雪山うつるところなし/早崎明

雪山や頻りに動く竹数竿/島村元句集

雪山をまぢかに見つゝ通勤す/上村占

斑雪山にぎやかに葬の人帰る/中拓夫

雪山に春が来てをり美しや/高木晴子

雪山を宙にひくめて年新た/飯田蛇笏

雪山を背にし枯れ山貧窮す/吉田嘉彦

雪山を背に立つ国境歩哨兵/深田久彌

雪山のかへす光に鳥けもの/木村蕪城

日象と雪山ふかく水かがみ/飯田蛇笏

極月や雪山星をいたゞきて/飯田蛇笏

汽車来る雪山に音刻みつつ/相馬遷子

雪山に籠り牛百の他は見ず/太田土男

窯出しの雪山写シいかばかり/飴山實

斑雪山半月の黄を被るなり/大野林火

雪山に雪降り夜の力充つ/日下部宵三

俳句例:81句目~

雁の声雪山は月に見えてか/佐野良太

雪山に雪の降り居る夕かな/前田普羅

雪山に路あり路を人行かず/相馬遷子

雪山と立ち向ひたる身一つ/伊藤柏翠

雪山の冠りみだるゝ風の星/飯田蛇笏

雪山の名を言ふ春の渚かな/山本洋子

雪山の夕かげふみて猟の幸/飯田蛇笏

雪山の夕べかげりて噴く煙/石原八束

雪山の左右に揺るる歩みかな/上野泰

雪山の後ろにまはり遅日光/松村蒼石

雪山の星見いでたし猿啼く/松村蒼石

雪山のまなざしのなか白鳥湖/細見綾子

雪山のふもとの伏家初かまど/飯田蛇笏

おもおもと雪山の方餅搗く音/村越化石

すれちがふ汽車の窓透き雪山あり/篠原

なお雪が降り雪山の羽毛みゆ/和知喜八

雪山に野を界られて西行忌/橋本多佳子

わか一生雪山つなぐ橋に搖れ/野澤節子

わが生や夜も雪山に囲繞され/相馬遷子

奥武蔵雪山ならぶ除夜の鐘/水原秋櫻子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ