季語/冬の山(ふゆのやま)を使った俳句

「冬の山」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の山」について

【表記】冬の山

【読み方】ふゆのやま

【ローマ字読み】fuyunoyama

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬山(ふゆやま:fuyuyama)

・雪嶺(せつれい:setsurei)

・枯山(かれやま:kareyama)

・冬山路(ふゆやまじ:fuyuyamaji)

・冬山家(ふゆやまが:fuyuyamaga)

・冬山肌(ふゆやまはだ:fuyuyamahada)

・冬嶺(ふゆみね:fuyumine)

・冬登山(ふゆとざん:fuyutozan)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の山を含む俳句例

雪山の照り楪も橙も/森澄雄

燕来る遠雪嶺の光負ひ/林翔

雪嶺の朝な影濃き園児服/原裕

ぐるりとまはつて枯山/山頭火

冬山の径落ちたる庇かな/兜羅

冬山や木の根岩根の願狐/篠原

雪山の雪の立錐皆檜/橋本鶏二

雪山の大白妙に初烏/田村木国

雪の山低きは花の梨畑/森鴎外

水を濾す鱒の艶肌冬山中/原裕

鵜の糞の白き梢や冬の山/素牛

獣干す干物並に冬山家/森田峠

男山酒造雪山正面に/高澤良一

銃声の谺雪山無一物/長嶺千晶

枯山や昼三日月と凧/増田龍雨

雪嶺の浮きて流れず茜空/原裕

冬山や峠路別に樵り道/尾崎迷堂

冬山路一石一宇供養塔/福田蓼汀

冬山や松風海へ吹落す/村上鬼城

一夜寝て一夜齢とる冬の山/蓼汀

俳句例:21句目~

雪嶺晴れ畦の水仙風のなか/欣一

中腹に道の岐れる冬の山/桂信子

大宿坊大蔵王堂冬の山/高野素十

大木の伐り倒しあり冬の山/梧月

唇の言葉の下の冬の山/山西雅子

雪山へ眼遊ばす絵付工/羽部洞然

雪山の荒膚仰ぐ針供養/堀口星眠

枯山を越え枯山に入りゆく/篠原

戸隠へゆく道のある冬の山/朱鳥

冬山へ斧忘れ来し夜の笑話/原裕

斧の音深くも入らず冬の山/事紅

雲上にまだ雪嶺や百千鳥/森澄雄

木を倒す音静まりし冬の山/立子

冬山の石仏群の崩壊す/高野素十

頂上に蛇巻き冬の山乾く/飴山實

枯山のうすずみ色は唇に/斎藤玄

只眠るなり雪嶺の前の山/原田喬

初蝶や雪山恍と雲の上/松村蒼石

山開雪山讃歌もて了る/渡辺立男

谷展け雪嶺右へ右へ濃し/太田嗟

俳句例:41句目~

梟に雪山星を加へけり/山下竹揺

産院を繞る雪山四温光/飯田蛇笏

厩出し牛に雪嶺蜜のごと/森澄雄

雪嶺の上の青空機始め/澤木欣一

雪嶺を据ゑ一故旧なき故郷/林翔

皮盗まれて白樺の氷き冬/山口速

雪嶺や昼夜の膳に鱈鰊/岸本尚毅

白雲の中白光の一雪嶺/岡田日郎

雪嶺に鷹の流るる初御空/森澄雄

雪嶺を西に鞴の太き息/成田千空

雪山の堂断食の僧一人/伊藤柏翠

雪嶺も一憂一喜雲移る/堀口星眠

忌に集ふ冬山青き水おとす/原裕

元日や比枝も愛宕も雪の山/虚子

年つまる鼻先にすぐ雪の山/澄雄

愛欲に斑雪の山の遠静か/三谷昭

雪山の初明りして狐罠/小坂順子

冬山を仰ぎ通しの項かな/草間時彦

雪嶺に向きて雪解の簷しづく/素逝

洗面の水の痛さの遠雪嶺/石川桂郎

俳句例:61句目~

焼鏝の煙があまし冬の山/清水刀谷

冬山のいろくづに似し光かな/原裕

枯山や振り返るとき尉鶲/草間時彦

傾ける冬嶺無明の一部落/草間時彦

冬山のさび藍色のこひしさに/綾子

窯跡の緋の陶片や冬の山/小川軽舟

枯山へ走る火襷くづれ窯/伊藤敬子

雪嶺見ゆとて傾ぎゆく一車輛/原裕

冬山の頂きのつと旭かな/西山泊雲

果しなき枯野枯山石鼎忌/原コウ子

表彰状なげしに並べ冬の山/辻桃子

言霊を体温とする冬の山/前田秀子

暮るる海枯山かけて大雨あり/舟月

谷底に吊橋かけぬ冬の山/前田普羅

冬山を窓に心の旅路かな/京極杞陽

冬山へ坐り直して石鼎忌/酒井裕子

雪嶺に産声あげて水芭蕉/渡辺和子

閉門の時来て重し冬の山/和田悟朗

雪山を灼く月光に馬睡る/飯田龍太

冬山の夕べを岩と分ちけり/徳弘純

俳句例:81句目~

鯉喰つて目のあそびゆく冬の山/玄

冬山やどこ迄登る郵便夫/渡辺水巴

枯山の暖色に馴れ狎れし愛/松本進

冬苺引けば枯山やや動く/野沢節子

枯山の奥なまなまと滝一筋/桂信子

雪嶺と色同じくて霞立つ/相馬遷子

雪山を容れて伽藍の大庇/伊藤柏翠

全貌を見せぬ雪嶺白皚々/右城暮石

枯山の上の荒海航を絶え/石原舟月

雪山や駅には駅の煙立ち/京極杞陽

人焼く煙突を見せて冬山/住宅顕信

水鳥に凍てはとほらず逆雪嶺/原裕

冬山とおなじの黝の雲が増す/篠原

雪山を流れて水の炎となれる/原裕

南北の雪嶺太陽西へ行く/津田清子

句縁とは同行五人冬山路/西村和子

雪嶺下小橋つくろふ雪まみれ/林翔

大玻璃戸冬山収め余りあり/上野泰

山科の冬山ちかき庵かな/吉田ひで

冬山や鉈音よりも谺澄み/羽部洞然

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ