季語/鴨(かも)を使った俳句

「鴨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鴨」について

【表記】鴨

【読み方】かも

【ローマ字読み】kamo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・青頸(あおくび:aokubi)

・真鴨(まがも:magamo)

・小鴨(こがも:kogamo_)

・葭鴨(よしがも:yoshigamo)

・葦鴨(あしがも:ashigamo)

・蓑鴨(みのがも:minogamo)

・蓑葭(みのよし:minoyoshi)

・緋鳥鴨(ひどりがも:hidorigamo)

・尾長鴨(おなががも:onagagamo)

・星羽白(ほしはじろ:hoshihajiro)

・金黒羽白(きんくろはじろ:kinkurohajiro)

・鈴鴨(すずがも:suzugamo)

・頬白鴨(ほおじろがも:hojirogamo)

・黒鴨(くろがも:kurogamo)

・しのり鴨(しのりがも:shinorigamo)

・海秋沙(うみあいさ:umiaisa)

・河秋沙(かわあいさ:kawaaisa)

・巫秋沙(みこあいさ:mikoaisa)

・あいさ(あいさ:aisa)

・鴨打(かもうち:kamochi)

・鴨舟(かもぶね:kamobune)

・鴨道(かもみち:kamomichi)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鴨を含む俳句例

雁鴨の喰物探す冬田哉/吟江

うす塩の鴨に薺の雫かな/浪化

鴨の足や今は氷の下紅葉/笑角

遠き鴨蜑の早寝に雪積り/林翔

軽装のわれら三人鴨の陣/原裕

枯蓮を離れて遠し鴨二つ/抱琴

鴨啼や弓矢を捨て十余年/去来

元朝の一湖を拓く鴨の陣/原裕

元日の一湖を拓く鴨の陣/原裕

鴨の声松籟松を離れ澄む/茅舎

梓川清流合す処に鴨/高澤良一

白日に向ふ鴨あり皿に鴨/斎藤玄

湖を鴨で埋たる夜あけかな/士朗

たわ~と薄氷に乗る鴨の脚/蒼石

うね~と船に筋違ふ鴨の声/鬼貫

初鴨の着水一糸乱れざり/西村琢

鴨飛んで雪原に大き影落す/林翔

鴨撃ちに今出し父や銃の音/念腹

鴨一羽帯にはさむや年の市/涼莵

浮寝鴨薄眼入日の金枯葦/桂信子

俳句例:21句目~

鴨なくや弓矢を捨て十五年/去来

池の鴨森の鴉や夕時雨/寺田寅彦

初鴨の蹼ひらく水の中/尾崎隆則

明方や城をとりまく鴨の声/許六

鴨なくや乱松繞る外郭/高田蝶衣

鴛鴨がなけば枯たつ芦辺哉/士朗

鴨宿の主が月に大欠伸/橋本鶏二

初鴨の中の一羽の馴々し/樋笠文

八枚の襖が真白鴨の宿/茨木和生

元朝の空侵しゆく鴨のこゑ/原裕

女三人鴨を尻目に長話/高澤良一

鴨の毛や笊打たゝく軒の水/召波

朝鴨に比し夕鴨は寂と居き/瓜人

鴨翔てば古き影あり水の上/耕衣

一髪の空に鴨寄る岸のこゑ/原裕

注連かけて鴨の字隠る翁塚/林翔

霙るるや鞍掛橋の鴨南蠻/龍岡晋

湖離る鴨のこころも昼霞/高澤良一

汽車に驚く鴨におどろく旅人の我れ

敗荷の千本沼の千羽鴨/文挟夫佐恵

俳句例:41句目~

敗荷や笑ふがごとき鴨のこゑ/重信

鴨飛ぶや少しおくれて妻の鳥/超波

鴨長し鴎短しみな飛べる/岸本尚毅

土器や鴨まつ青によこたはる/青畝

鴨鍋の近江の芹よ白葱よ/大橋敦子

鴨一団鴨一団とすれ違ふ/蓮見勝朗

枯蘆や夜々に折れ込む鴨の上/素丸

踏青や遠さざなみの芯に鴨/岡本眸

鴨のこる池が真中競馬場/飯島晴子

夕鴨の一番橋は高かりし/三好達治

鴨を得て鳴雑炊の今宵かな/たかし

萍に何を喰フやら池の鴨/服部嵐雪

寒茜極楽いろに鴨千羽/柴田白葉女

鴨なけり枯穂の金がひた眩し/楸邨

わが旅路豊かに渡り来し鴨よ/汀子

空谿の何の谺ぞ鴨かへる/藤田湘子

寒風の鴨浮き鴉翔ちにけり/齋藤玄

外濠の鴨を窗辺に年用意/飯田蛇笏

鴨の波夕明りしてひろごれり/素十

鴨の池隔てゝ花を遠眺め/高濱年尾

俳句例:61句目~

鴨の水ゆるびて皺む塔の影/松本進

鴨すべて東へ泳ぐ何かある/森田峠

川縁の鴨の口々雪来ると/高澤良一

鴨の毛を捨るも元の流かな/炭太祇

神の池屯す鴨に波を敷く/橋本鶏二

潮に泛く鴨の羽がひに夕明り/奏鳳

歓びに似て着水の鴨数羽/椎橋清翠

鶴は棹鴨は飛礫や時雨空/竹下白陽

海に出て伸縮自在鴨の列/右城暮石

一団の鴨を脇見の鴨一団/高澤良一

鴨の岸鳰ははなれてくゞりける/貞

海暮れて鴨の声ほのかに白し/芭蕉

鴨の子を盥に飼ふや銭葵/正岡子規

雁鴨や輪違ひめぐる水けぶり/蘇人

一群の鴨内宮の日暮飛ぶ/右城暮石

隔絶や鴨の柔毛も水の上/横山白虹

下総や胸の高さに鴨の水/高木良多

人麻呂の鴨山かけて降る霙/石川子

たゞ一羽離れて行くか鴨の声/蓼太

首猶も前へ前へと鴨助走/高澤良一

俳句例:81句目~

灯とは無縁の暮し鴨番屋/中村田人

雪催翔ちきつたるや鴨の青/齋藤玄

つぎはぎの水を台に浮寝鴨/齋藤玄

先着の鴨の一隊中州占め/高澤良一

つり人の竿先遊ぶ浮寝鴨/南部紀江

鴨打の家の女房子を抱く/高野素十

杉玉を吊る軒端より鴨が見え/爽波

白山の雪解水に鴨の浮く/岸本尚毅

冬川や森あらはなる鴨社/吉田冬葉

水凝て鴨なく星の林かな/椎本才麿

箒川鴨横向きに流されて/高澤良一

初鴨に居着の鳰のよく潜る/大串章

鈴鴨の声ふり渡る月寒し/服部嵐雪

東大の構内にして鴨の波/稲畑汀子

鴨宿の裏あらはなり鳰/中井余花朗

永き日の月山よぎる番鴨/堀口星眠

松明消えて江の音寒し鴨の声/雷夫

黒雲に鴨の声して竹の秋/佐野良太

黒松の良き枝近き鴨の宿/山本洋子

石垣に鴨吹きよせる嵐かな/碧梧桐

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ