季語/髢草(かもじぐさ)を使った俳句

「髢草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「髢草」について

【表記】髢草

【読み方】かもじぐさ

【ローマ字読み】kamojigusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鬘草(かつらぐさ:katsuragusa)

・雛草(ひなくさ:hinakusa)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

髢草を含む俳句例

髢草みな結ばれし恐山/堀/文子

萌え出でて雪間~の髢草/片岡奈王

かがんぼの脚踏み外す髢草/高澤良一

かもじ草揺るるは岬の男坂/河野南畦

髢草すげなき仕草うらまるる/岡本伸

久女の墓ひそとありけり髢草/前田和子

見し夢を忘れかねつつ髢草/中尾寿美子

髢草何故か知らんが覚えをり/高澤良一

髢草論語忘れてしまひけり/小田中柑子

髢草鬢よ髱よと結ひしこと/大橋とも江

かもじ草童女に紅き未来あれ/由利ゆきえ

かもじ草道もせに春深みたり/桑尾黒潮子

思ひ出の道みな細しかもじ草/秋元不死男

髢草をとこには手を汚させぬ/津高里永子

髢草編みてはもどらざるあはれ/西本一都

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ