季語/柳鮠(やなぎはえ)を使った俳句

「柳鮠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「柳鮠」について

【表記】柳鮠

【読み方】やなぎはえ

【ローマ字読み】yanagihae

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鮠(はえ:hae_)

・はや(はや:haya)

季節による分類

・「や」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

柳鮠を含む俳句例

石原や鮠の腸ぬく萩の花/貝寿

枯蘆や朝日に氷る鮠の顔/惟然

雨脚の柳鮠ゐて忘るる日/斎藤玄

枝川や南上りに柳鮠/広江八重桜

散る性も集る性も柳鮠/中村春逸

焼鮠に梁山泊も日永かな/飴山實

柳鮠土橋の下の暮色かな/上村占

水門に少年の日の柳鮠/川端茅舎

渡り板沈める上を柳鮠/高木青巾

鮠の目の天日に光る鼬罠/松藤夏山

さかのぼる一陣二陣柳鮠/吉本逸郎

瀬の色に紛れ紛れず柳鮠/大橋敦子

鮠串を焙りて杣の年用意/太田蓁樹

枯芦や朝日に氷る鮠の顔/広瀬惟然

五六十海老つひやして鮠一つ/之道

梅日和野川に鮠の影細き/内藤吐天

人をつるやをられぬ浪の柳鮠/濯資

物洗ふ濁りひとすぢ柳鮠/小柳未央

柳鮠吉野の女鬻ぎけり/岡本癖三酔

柳鮠小学唱歌たいせつに/伊東達夫

俳句例:21句目~

季なしや常の寝酒の筏鮠/石川桂郎

柳鮠水の日向に浮びをり/江中真弓

舟棹に散りて影なし柳鮠/高濱虚子

舫ひ杭の影ゆら~と柳鮠/佐野泰太

鉄橋に戦まぎれず鮠光る/大井雅人

雨あがる巌に日ざし柳鮠/長谷川櫂

鮒生きて柳鮠死ぬ桶の水/河西河柳

瀬の色に粉れ紛れず柳鮠/大橋敦子

鮠に石擲ちゐしが又泳ぐ/木村蕪城

室生川夏薊うつり鮠多し/水原秋桜子

すこしきが影縦横に柳鮠/廣江八重櫻

白き鮠は少年の剣暮れぬ雲/大井雅人

根尾人の担ひてきたる柳鮠/皆川盤水

皿の鮠山葵の花をあしらへる/瀧春一

刈草のながるる鮠の夕かな/松村蒼石

山下りて逃げゆく水や柳鮠/清水基吉

柳鮠溢れて温きたなごころ/遠藤久子

鮠のかげ一閃二閃水澄めり/荒井正隆

鮠の上こぶしの花を流しけり/飴山實

柳鮠吐いて淋しき鵜舟かな/萩原麦草

俳句例:41句目~

鮠串を弁慶にさす恵方かな/古舘曹人

柳鮠岩根の太くかげりたる/高安郁子

鮠泳ぐ奥の院なる水行場/瀧澤伊代次

鮠透けり富士湧水を雲流れ/山本陽子

鮠釣つて西で日すごす花の下/飴山實

鮠釣の正面晴るる近江富士/久保田泉

鮠釣るやほのかに匂ふ花楊/芝不器男

見えてゐるよりも深しや柳鮠/鳥羽克巳

踏みわたる石のゆるぎや柳鮠/黒川龍吾

柳鮠ちりてくりやのもの洗ふ/木津柳芽

柳鮠波のひかりをくりかへす/相馬黄枝

柳鮠さばしる水をかちわたる/富安風生

雨降るや鮠ひるがへる池の底/飯田蛇笏

この村に鮠の川ある念仏かな/岡井省二

鮠寄に笠のとどくも雨過ぎて/藤原如水

舟の間のさかさ流れや柳鮠/三宅清三郎

よく遊ぶおのれの影や柳鮠/阿波野青畝

入道雲鮎見ぬ鮠の秋となり/廣江八重櫻

鮠の列障子を洗ふ波のまゝ/水原秋桜子

猿田彦しばらく鮠を流れけり/岡井省二

俳句例:61句目~

浅き瀬をひかりさばしる柳鮠/根岸善雄

目覚めればすぐ列となる柳鮠/加藤治美

鮠寄せの石に水鳴る千曲川/半田/順子

山越えてきてわたる瀬や柳鮠/飯田蛇笏

鮠透くや齢ひそかなる尼の肌/飯田龍太

川音の冬めきて子持鮠うまし/山口青邨

採氷池さざなみはしり鮠あそぶ/瀧春一

菜の花に鮠釣舟を寄せにけり/山本洋子

藤咲くや遡りつめたる谿の鮠/内山亜川

鮠釣るや秋色ふかき湯檜曽川/伊東宏晃

鮠つるやゆらぐ筏を踏みわたり/高野素十

なまぐさし小菜葱が上の鮠の膓/松尾芭蕉

串の鮠枯るるひかりの十三夜/大谷碧雲居

五十鈴川柳鮠ばかりさかのぼる/萩原麦草

妻に言ひ寄る男かはゆし夜の鮠/塚本邦雄

鮠の上鮠の速度でさざなみ馳す/香西照雄

蕗ひたる渦瀬にかかり鮠をつる/飯田蛇笏

寒の鮠聖のごとく浮く日なり/大峯あきら

鮠の背に春日の乗りて近江かな/関岡光代

鮠を焼く炭火あかあか真室川/田川飛旅子

俳句例:81句目~

川蝉のつぶてかすめし鮠ちれる/木津柳芽

投網よりこぼれし鮠の雪に跳ね/川原道程

釣りあげし鮠に水の香初しぐれ/飯田龍太

鮠食うてしろがね瞼薄日射す/小檜山繁子

鮠散つてアイヌの裔を呼び戻す/松澤雅世

釣糸に鮠たちのぼる日色かな/鳥居おさむ

鮠透くや赤帯垂らし堅田の子/岡部六弥太

末枯れや鮠ひとすぢに蒼を刷く/河野南畦

柳鮠ひかりて芦のほぐれけり/依田由基人

柳鮠蛇籠になづみはじめけり/水原秋櫻子

焼き鮠の味噌の辛さも羽前かな/坂内佳禰

鮠釣りの親子に照り葉流れけり/臼田亜浪

数へ日の鮠一尾だに見せぬ水/大岳水一路

鮠かふや水引草咲ける槻のもと/飯田蛇笏

鮠川の黒生のすゝきふみもする/吉岡禅寺洞

鮠棲みて戸毎の溝も清水なす/山野邊としを

鮠の子のかたまりが濃し年の暮/波多野爽波

村寒し四五尾の鮠を見しことも/大岳水一路

多摩みちの野いばらうつる鮠の水/飯田蛇笏

寒釣の鮠がのこせし手のあぶら/米沢吾亦紅

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ