季語/煮凝(にこごり)を使った俳句

「煮凝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「煮凝」について

【表記】煮凝

【読み方】にこごり

【ローマ字読み】nikogori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・煮凍(にこごり:nikogori_)

・凝鮒(こごりぶな:kogoribuna)

季節による分類

・「に」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

煮凝を含む俳句例

煮凍や精進落る鐘の声/几菫

煮凍を旦夕やひとり住/召波

煮凍や簀子の竹のうす緑/其角

棚深く煮凝の皿小家族/井上雪

煮凍や格子のひまを洩月夜/雁宕

煮凝の如き偏見一蹴す/高澤良一

煮凝の半信半疑鮃の目/高澤良一

煮凍へともに箸さす女夫哉/召波

煮凝や海に奪はる河の波/河野南畦

煮凝や単身赴任の台所/谷川みゆき

煮凝や凡夫の妻の観世音/日野草城

煮凝やときに生死は紙一重/長田等

煮凝やにぎやかに星移りゐる/原裕

煮凝や死後にも母の誕生日/神蔵器

煮凝や時折風の音とぎれ/仙田洋子

煮凝や戦後を人のさまざまに/林徹

煮凝や世に外れたる膝頭/小林康治

煮凝の忽ち溶ける飯の上/大畑利一

煮凝の果ての男と女かな/星野高士

煮凝や闇の中なる父の家/冨田正吉

俳句例:21句目~

煮凝に春甦る一壺かな/大谷碧雲居

煮凝や喘鳴の子に朝の椀/安井昌子

煮凝や昼の饒舌夜の寡黙/大島民郎

寂寞と煮凝箸にかかりけり/萩原麦草

煮凍やしかと見届く古俳諧/村上鬼城

煮凝や月夜のどこも葡萄棚/三森鉄治

煮凍の出来るも嬉し新世帯/正岡子規

玲瓏と入江の鰈煮凝りぬ/水原秋櫻子

煮凝溶けの涙の流れけり/大木あまり

煮凝を皿にとりわけ文弥節/遊田礼子

煮凝や大正古き世となりて/村井二郎

煮凝やまだ何かある棚の奥/皆川白陀

煮凝やわれを大事に宿の妻/森川暁水

煮凝やニッケル製の厨匙/左右木韋城

煮凝を探し当てたる燭暗し/高浜虚子

煮凝をとろりと逃がし苦笑/影島智子

煮凝や言葉の暗さ思ひをり/小林康治

煮凝や涙もろさは生れつき/青木謙二

煮凝の頭の方を吾に呉るる/高澤良一

煮凝の馬面剥を引き起こす/大石悦子

俳句例:41句目~

煮凝や子なき夫婦の相頼り/岸風三楼

煮凝りやにぎやかに星移りゐる/原裕

煮凝や海まぎれゐる夜の方/坂口匡夫

煮凝やいつも胸には風の音/石原八束

煮凝やいのち重しと呟くも/角川春樹

煮凝や妻にひとつの無尽講/青木重行

煮凝や女房も同じ浜育ち/彦井きみお

煮凝や夜の風に鳴る古墳の樹/久保武

煮凝の皿にとけ込む琥珀色/星野立子

煮凝やしかと見届く古俳諧/村山古郷

煮凝や還暦といふ昭和の子/宮岡計次

煮凝や赤きうるしの妻の箸/森川暁水

煮凍や漁家の昼闇隣り合ふ/香西照雄

煮凝りや世に外れたる膝頭/小林康治

煮凍や精進落るかねのこゑ/高井几董

煮凝や海も朝日も真赫にて/茨木和生

煮凝に島のどんぞこゆうらゆら/松澤昭

煮凝に御座さぬ母を封じたり/池田澄子

煮凝に母なき月日始まりぬ/加賀美子麓

煮凝に箸しろ~と立てにけり/松村蒼石

俳句例:61句目~

煮凝に透けたる鯛の白さかな/今泉貞鳳

煮凝に鯛は片身をうしなひぬ/大石悦子

煮凝のこごり始めを刹那とも/松田理恵

煮凝の底にの目らしきもの/秋山巳之流

煮凝の目玉大きなあらにかな/高木晴子

煮凝の鰍かなしき鰭張りて/小林黒石礁

煮凝やうつけ泪のにじみくる/石原八束

煮凝やおそろしきまで星の数/岩月通子

煮凝やこの世のはたと冥くなる/山口剛

煮凝やなべて夕餉は母ごのみ/白岩三郎

煮凝やますます荒るゝ海の音/佐藤漾人

煮凝やゆうべけだるき土不踏/渡辺祥子

煮凝や二日つゞきし妻の留守/村上杏史

煮凝や凝るてふことあはれなる/轡田進

煮凝や去年の今夜泣いていた/池田澄子

煮凝や夫婦となれば恥もなし/山本歩禅

煮凝や昼をかねたる朝の飯/松尾いはほ

煮凝や父の濃き血を想ふとき/宮田和子

煮凝や父在りし日の宵に似て/草間時彦

煮凝や色あらはなる芹一片/大谷碧雲居

俳句例:81句目~

煮凝や親の代よりふしあはせ/森川暁水

煮凝や詩盟おほかた遠国に/大峯あきら

煮凝や象牙の箸の父あらば/伊丹さち子

煮凝りて眼鼻なほあり鮒の貌/松本翠影

煮凝りになりたる妻の縫目かな/穴井太

煮凝りの中なる雑の確かな瞳/逆井和夫

煮凝りのの眼玉も喰はれけり/西島麦南

煮凝をひらときれいな鼻濁音/内田美紗

煮凝を箸に上ぐるや山動く/松根東洋城

荒海を泳ぎ来し眼も煮凝りぬ/渡辺恭子

煮凍にともに著さす女夫かな/黒柳召波

小匙にてすくふ煮凝り越の国/佐川広治

晴れた日の煮凝り北へ傾きぬ/坪内稔典

煮凝つて骨つながりしの眼/中戸川朝人

煮凝にするどき骨のありにけり/大牧広

煮凝や人に知られず泣き上戸/吉本伊智朗

煮凝に哀しき債おもふかな/久保田万太郎

煮凝のとけたる湯気や飯の上/鈴鹿野風呂

煮凝や思ひ出少しづつ溶かし/奥村/直女

煮凝や言はでものこと口に出て/大石悦子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ