季語/寒弾(かんびき)を使った俳句

「寒弾」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒弾」について

【表記】寒弾

【読み方】かんびき

【ローマ字読み】kambiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒弾を含む俳句例

寒弾や電子音楽器轟轟と/辻桃子

寒弾の盲の面の紅潮す/大橋櫻坡子

寒弾の細りきる音をくりかへす/林翔

寒弾や三すぢの糸の真善美/松原文子

寒弾のねぢに幼き手をのぶる/下田実花

寒弾の撥に息吹をあてにけり/中谷一馬

寒弾に添へし老の手老の声/長谷川かな女

寒弾に雨の四簷となりにけり/吉本伊智朗

寒弾のすみたる膝をくづしけり/高松濤児

寒弾の瞽女二の糸を切るまでに/西本一都

寒弾や母を師としてひたすらに/直江輝葉

寒弾や継ぐものなきを母言はず/中村明子

寒弾の糸をきりりと張りにけり/安田源二郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ