季語/蓮根掘る(はすねほる)を使った俳句

「蓮根掘る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蓮根掘る」について

【表記】蓮根掘る

【読み方】はすねほる

【ローマ字読み】hasunehoru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・れんこん掘る(れんこんほる:renkonhoru)

・蓮堀(はすほり:hasuhori)

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

蓮根掘るを含む俳句例

額髪に春の嵐の蓮根掘/石田波郷

舟押して夫に近づく蓮根掘/中里結

一点に日が眄の蓮根掘/千代田葛彦

名園を泥沼にして蓮根掘/斎部薫風

蓮掘の終の姿は両手つき/今瀬剛一

蓮根掘立往生のごと憩ふ/穐山時也

蓮根掘鉛の雲をかぶりゐて/瀧春一

あとしざる足の重たき蓮根掘/林澄山

うしろより鷺も足抜く蓮根掘/原柯城

田鰻を掴み出したる蓮根掘/茨木和生

蓮掘のつひの姿は両手つき/今瀬剛一

蓮掘のその夜の妻の泥臭し/鈴木貞雄

蓮根掘夕焼面をあげにけり/富安風生

ゆふぐれの地の何盗む蓮根掘/有働亨

単線車に一瞥くれて蓮根掘/福原紫朗

口笛のごとき声出す蓮根掘/太田土男

怠けたくとも岸遠き蓮根掘/鷹羽狩行

蓮掘の季をたがへず通過駅/栗生純夫

泥に腕突きさし倒れ蓮根掘/牧野春駒

蓮掘の凍てに言葉を失へる/大橋敦子

俳句例:21句目~

泥の頬肩で拭きもし蓮根掘/入村玲子

蓮掘に雁道といふ空があり/角川春樹

蓮掘の影を同じうして夫婦/伊藤京子

蓮掘のここぞと力入るゝ顔/高澤良一

蓮根掘屈み直して掴み出す/轆田/凡

蓮根掘泥から声を出す如く/村上古城

蓮根掘醜つ翁にあらざりし/茨木和生

足ぬけばおちこむ水や蓮根掘/辻徳三

酒に力借りて無言の蓮根掘/大熊輝一

縦横に日の矢がささる蓮根掘/今瀬剛一

聖のみおのが血まみれ蓮根掘/香西照雄

蓮掘の独りとなりて影絵めく/橋本榮治

蓮掘の美事な蓮をひき出しぬ/村上鬼城

蓮枯葉敷きて憩へり蓮根掘/安藤恵美子

蓮根掘その夜の月の隈なかり/宮坂静生

蓮根掘ぶすぶすと腰没したり/牧野寥々

蓮根掘モーゼの杖を掴み出す/鷹羽狩行

蓮根掘体あづけて田舟押す/深見けん二

蓮根掘地より暮色を引きいだす/有働亨

蓮根掘這ひ上りたる道暮れて/秋篠光広

俳句例:41句目~

すぐ昏るる首根を持てり蓮根掘/齋藤玄

蓮根掘抜き足に風からみをり/橋本榮治

ぬくき泥つめたき泥と蓮根掘/福田蓼汀

蓮根掘泥の手ぬぐひ披講せり/栗生純夫

ふんばりていよよ深みへ蓮根掘/檜紀代

一歩踏み入るゝ身震ひ蓮根掘/安部紫流

憩ふとは泥に立つこと蓮根掘/早坂萩居

泥の上に泥のひろごる蓮根掘/千葉皓史

泥中を読むといふこと蓮根掘/山田弘子

田を出れば長身なりし蓮根掘/廣末榮子

蓮掘がいまもの言はばうめき声/今瀬剛一

海に出て千切るる雲や蓮根掘/石田あき子

蓮掘のすみたる水に日が載れり/鈴木貞雄

顔あげてからかはれをり蓮根掘/高野素十

蓮掘のひと傾ぎつつ立ち上がる/辻美奈子

進むかと見えて進まず蓮根掘/遠藤若狭男

蓮掘が手もておのれの脚を抜く/西東三鬼

沈みゆく日をふりむかず蓮根掘/石井とし夫

ぶつぶつと言うてをるやも蓮根掘/岡本高明

蓮掘の下りる梯子であるらしく/須田冨美子

俳句例:61句目~

蓮根掘大地にさゝりをりにけり/石井とし夫

蓮根掘立ち去りぎはに鳴子ひく/阿部みどり女

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ