季語/冬籠(ふゆごもり)を使った俳句

「冬籠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬籠」について

【表記】冬籠

【読み方】ふゆごもり

【ローマ字読み】fuyugomori

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬籠を含む俳句例

天井に取付蝿や冬籠/柴道

冬籠第五句集へ志/上野泰

雪国へ帰る人あり冬籠/田福

冬籠燈光虱の眼を射る/蕪村

炭はねて心動きぬ冬籠/成美

人形の髪梳り冬籠/後藤夜半

屑籠に抛る紙屑冬籠/上野泰

冬籠伴侶の如く文机/上野泰

座布団の直下南米冬籠/上野泰

鷹番や小屋の住居も冬籠/笑工

幸運な一老人や冬籠/岩木躑躅

命二つ互に恃み冬籠/富安風生

古寺や狐顔出す冬籠/中川四明

薪をわる妹一人冬籠/正岡子規

冬籠伴侶の如く机あり/上野泰

燃料の安算段や冬籠/河野静雲

瓦斯つける袂の燐寸冬籠/宵曲

冬籠鼓の筒のほこりかな/木導

冬籠観音経を襖かな/角田竹冷

冬籠花鳥風月侍らしめ/上野泰

俳句例:21句目~

三月に南米にゆく冬籠/上野泰

三軒家生死もありて冬籠/鬼城

冬ごもる合掌造むき~に/素逝

人を吐く息を習はむ冬籠/千那

大壺の肩の埃や冬籠/河野静雲

火襷の備前を置けり冬籠/澄雄

来信へ直ぐに返信冬籠/上野泰

心消し心灯して冬籠/後藤夜半

冬籠五六椀を人の数/高橋睦郎

浪の雪戸板びらめや冬籠/言水

冬籠素槍一本具足箱/中村史邦

旅をする春の思案や冬籠/正巴

鍋敷に山家集あり冬籠り/蕪村

家の犬庭駆け廻り冬籠/上野泰

冬籠る人の灯や東山/会津八一

冬籠弟は無口にて候/夏目漱石

金屏の松の古さよ冬籠り/芭蕉

夜を好む吾に癖あり冬籠/定雅

物捜がす机の下や冬籠/会津八一

戸に犬の寐がへる音や冬籠/蕪村

俳句例:41句目~

あたらしき茶袋ひとつ冬籠/荷号

いつまでも女嫌ひぞ冬籠/炭太祇

戸明くれば東街道や冬籠り/几董

油売も来ぬ屈詫や冬籠/高田蝶衣

老僧の爪の長さよ冬籠/子規句集

冬籠家動かさん謀りごと/上野泰

冬籠小猫も無事で罷りある/漱石

埃じむ眼鏡磨きて冬籠/高澤良一

壁張るや古新聞に冬籠/寺田寅彦

壺のごと胸中深め冬籠/村越化石

朱硯へ花瓶の水や冬籠/会津八一

冬籠少しの用に長電話/三木由美

此の里は山を四面や冬籠り/支考

冬籠山門の牒句会かな/尾崎迷堂

大和糊少なくなりぬ冬籠/上野泰

貧書斎志功菩薩も冬ごもり/青畝

心ゆく絵紙屏風や冬籠/会津八一

竹林の奥に尼さま冬籠/鈴村寿満

冬籠日のくたびれる明り窓/杉風

思ひごと必ず夢み冬籠/岩崎照子

俳句例:61句目~

眼がつねに涙にうるみ冬籠/林火

冬籠背筋正して鯉の陣/香西照雄

大空と大海の辺に冬籠る/原石鼎

冬籠薬袋を身ほとりに/高澤良一

増水や岨の立木の冬ごもり/洞両

冬籠貧乏神と共にかな/村山古郷

昼も酒夜も酒なる冬籠/小澤碧童

成田詣で終りし母の冬籠/杉本寛

戦へる闇と光や冬籠/野見山朱鳥

鹿喰へと人は言ふなり冬籠/道立

われに来る夢美しき冬籠/森澄雄

用のある時立ち上り冬籠/上野泰

飲食をせぬ妻とゐて冬籠/森澄雄

頼りとす小机一つ冬籠/郷田潭水

一生を勤勉に生き冬籠/黒川花鳩

青山の学校にあり冬籠/子規句集

人形に愛憎すこし冬籠/後藤夜半

人来れば雨戸を開けて冬籠/暮石

今去りし屑屋の素性冬籠/上野泰

今日の客娘盛りの冬籠/後藤夜半

俳句例:81句目~

死神を召使ひをり冬籠/小林康治

仏書より好きな俳書や冬籠/月尚

隣人の深き構へや冬籠/石塚友二

俎の荒れに水かけ冬籠/西山常好

鉢に見る梅の莟や冬籠/井上井月

金泥の額の古びや冬籠/会津八一

冬籠その一日の達磨の忌/森澄雄

母に客我にも客や冬籠/星野立子

組紐の低きへら音冬籠/山下美典

道元のこゑなきこゑに冬籠/原裕

冬籠り米つく音を算へけり/青蘿

冬籠り豁山人と改めて/会津八一

濤音のある夜なき夜も冬籠/蓼汀

身に添てさび行壁や冬籠/炭太祇

起り来る事に即して冬籠/上野泰

蔵幅の数かけ盡す冬籠/会津八一

色糸の赤増えてゐる冬籠/井上雪

巻紙の落書あきぬ冬籠/会津八一

席題を貼りつ放しや冬籠/寸七翁

晩年の塵すこし立て冬籠/小林康治

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ