季語/柚子(ゆず)を使った俳句

「柚子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「柚子」について

【表記】柚子

【読み方】ゆず

【ローマ字読み】yuzu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

柚子を含む俳句例

助老朽木の柚や秋の月/立詠

割炭や柚が名残の鉄火箸/若風

此頃は柚子を仏に奉る/高浜虚子

柚一木山椒一木尼一人/高野素十

柚も柿も昔語りのついで哉/成美

真向ひの山に満月柚子の里/公鳳

青柚子や山の祭に海の/吉田汀史

凩や厨の棚に柚子一つ/松村蒼石

走り柚子小さき枝の葉の中に/梵

深熊野の橙日和柚子日和/山川喜八

煮上手は盛付上手青柚添ヘ/及川貞

吸物の柚子の輪切や夷講/野村喜舟

親鸞記一日柚子の前に置く/原田喬

糸取女寮の青梅青柚かな/西本一都

柚子煮詰む透明は喜びに似て/綾子

青柚子や生活の中の旅二日/岡本眸

枕頭に柚子置けば秋の風到る/草城

思ひだけ白に柚子したたらす/綾子

里古く家々古く柚子実り/河野静雲

柚入の斧の柄洗ふ鍔ホ哉/寺田寅彦

俳句例:21句目~

秋雨に柚子濡れて届きけり/横光利一

のけぞりに空蝉すがる青柚かな/青畝

柚子剥けばいちにち風と波の音/春樹

秋晴れや松茸来る柚子来る/横光利一

皺む柚子若年寄といふ風情/高澤良一

柚もぐやきりりと足に鎌鼬/由利茘枝

鶯もひよいと来て鳴く柚ミそ哉/一茶

山寺や柚の木思へば雪深し/尾崎迷堂

鵙なくやわづかに黄ばむ柚の頭/野水

峡も奥柚子の明るさ赤ん坊/篠田悦子

文旦は親分柚子はその子分/高澤良一

一椀の青柚捧げてふるさとは/安西篤

柚子摘や女ばかりの高梯子/松岡英士

下戸はよも柚の下陰を宿とせば/八々

母いまも歯で糸切つて柚子の家/湘子

柚子の山肩を落して鳶くだる/中拓夫

青柚子や父より子への候文/宮崎尚子

極月の柚子垂る錦鶏鳥の上/佐野美智

青柚子の一枝が隠す外厠/長谷川秋子

柚子匂ふ無音の闇に圧されをり/秩父

俳句例:41句目~

柚の照の霜降といふ山の凪/斎藤美規

柚貰ふ日向変らぬ百姓家/百合山羽公

唐子頭大市場通りの晩白柚/高澤良一

青き葉の見えて柚子なり雪囲/上村占

柚子万顆照り南ミに日一つ/大橋敦子

喪の庭の錆乳母車柚子光り/館岡沙緻

初凪や人立つ柚の実すずなりに/蒼石

柚子買の皮の手袋新しく/今井真寿美

柚伐つて鋸おく枝や片時雨/飯田蛇笏

雪掻くや行人柚を払ひ過ぐ/高浜虚子

襟巻につゝみ余れる柚の頬/前田普羅

雨雫そだちて柚子の尻うごく/飴山實

長雨や姫柚子がもつ姫つぼみ/及川貞

老齢の柚子に石垣高くせり/岸風三樓

厨房に柚子の香残る骨正月/松下千代

たまさかに色付く物や柚の落葉/亀柳

柚子風呂に浸す五体の蝶番/川崎展宏

観光路に一丁離れ柚子眠し/宮津昭彦

柚の香や夢と思いて働く人/永田耕衣

鋏音ややあつて柚子落つる音/今瀬剛一

俳句例:61句目~

もぐ一人受けるひとりや柚子の空/照子

いたつきも久しくなりぬ柚は黄に/漱石

雪垣に乗る日明るく柚子実る/西村公鳳

柚落ちて明るき土や夕時雨/芥川龍之介

雲遊ぶ山向ふまで柚子どころ/荒井正隆

柚子一つ机の上や風邪ごもり/皆川白陀

柚子黄なる蜑が家居の四五戸ほど/草堂

霧の中柚子は疎らにともりたる/中田剛

青柚子の風の三畳子は眠る/長谷川秋子

柚子剪つて鋏ひびきぬ二日月/小川軽舟

どの家も柚子を大きく十二橋/大久保明

青柚子や嫁がすことを妻任せ/皆川白陀

はるけくも私へ来て腐む柚子/池田澄子

ふところに柚子一つある空の色/樅山尋

青柚子や帳もあをき懺悔室/水原秋櫻子

騒然と柚の香放てば甲斐の国/飯田龍太

柚子風呂にひたす五体の蝶番/川崎展宏

金色の柚子を青空よりもらふ/三島敏恵

ものゆかし北の家陰の柚の黄ばみ/蝶夢

柚子の香や秋もふけ行く夜の膳/荷風/

俳句例:81句目~

一徹の相の出できし青柚かな/森田公司

柚子青しきらずや埋む夏の霜/椎本才麿

柚子青くなる手拭の乾びをり/田中裕明

柚子買つて遽に貧を躱さむと/小林康治

柚子肌の唐津茶椀と晩菊と/下村ひろし

傷つきし柚子ほど強く匂ふなり/飛旅子

柚子の香や遠目に黒き母の髪/野澤節子

刻々と色変りいま時雨柚子/後藤比奈夫

古家や累々として柚子黄なり/子規句集

吉事なき夜の焼酎柚皮落とし/松下秀俊

吉男死後青柚子雨滴光らしめ/館岡沙緻

吸物に青柚かをりて夏浅し/高橋淡路女

夕月に妻よ柚子買ひ忘れしか/目迫秩父

柚子百顆籾の筵へ照りにけり/大野林火

存問の尼が手にある青柚かな/河村宰秀

少数に深く教へて柚子の軒/中村草田男

引窓を引けば明るく棚に柚子/藤実艸宇

元日の藪ころげ来し柚子一つ/皆川白陀

柚子照りて牛の鼻よりしぐれけり/楸邨

柚子刻むだけの俎初めかな/柄沢ひさを

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ