季語/風光る(かぜひかる)を使った俳句

「風光る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「風光る」について

【表記】風光る

【読み方】かぜひかる

【ローマ字読み】kazehikaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・風やわらか(かぜやわらか:kazeyawaraka)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

風光るを含む俳句例

吊橋を渡る青年風光る/梅田男

風光るや流れ~て蜘の糸/麦人

風光る昔本町日本橋/八木林之介

朝凪の浪立つて風光る頃/碧梧桐

葉ばかりの椿一樹や風光る/士栖

修復の檜の足場風光る/岡崎淳子

土筆出て高空に風光悦忌/森澄雄

風光り折目正しき工衣過ぐ/林翔

文鳥の籠白金に風光る/寺田寅彦

風光り沓すべる草の堤かな/嫩葉

風光る青年となる喉仏/柴田青水

雪解風光を紡ぐ笹の原/伊藤敬子

霊山の隣の山も風光る/亀田俊美

風光る椎樫の空恍惚と/石塚友二

風光る観音詣繰り返し/高浜年尾

風光る浪路ありけり松のひま/余子

棟梁の仕上の鉋風光る/徳田すゞ江

風光り風よせの淀の目高/喜谷六花

風光る歩いて考えねばならぬ/原裕

風光り雲も飛天の大法会/狹川青史

俳句例:21句目~

母に読む少女小説風光る/山川芳子

遷宮を待ち新殿の風光る/西村旅翠

風光り涙さへして牛交る/太田土男

湖底より縄文の壺風光る/金子百子

一艇身一馬身風光りける/西川織子

人形の首を干しけり風光る/九品太

風光る戸倉へ渡る長き橋/田中冬二

風光る一番のりの滑り台/矢島渚男

太陽の力あるとき風光る/中村陽子

寒竹に光る風あり独居る/北原白秋

穂芒の高さに光る風の色/井口朝子

尖塔多き坂の青島風光る/田中英子

名月や雨にはり合ふ風光/内藤丈草

急緩に神楽の撥や風光る/吉野長慎

扇骨干して近江の風光る/金井典子

み神楽の鈴や御幣や風光る/中勘助

空と空繋ぐ吊橋風光る/長谷川秋子

風光る砲兵工廏跡地の碑/杉田竹軒

萩枯るる風光り来る卓の上/岡本眸

風光る男結びの子の荷物/前津栄子

俳句例:41句目~

鬣のすでに駿馬や風光る/吉橋綾子

風光るエアロビクスの大鏡/宮脇良子

風光る乳房未だし少女どち/楠本憲吉

風光る千畳敷の潮だまり/久米谷和子

風光る少年に部屋与へられ/飯野紫星

やぼ用で抜ける花街風光る/橋本榮治

風光る心の中にもある遠景/楠本憲吉

風光る水揚げの魚滝をなし/藤井淑子

風光る汝が病室の中に来て/山岸竜治

風光る点訳聖書ひもとけば/神山果泉

一山を住宅にして風光る/柳沢たみ子

風光る糊利きすぎし診療衣/川畑火川

風光る糺の森のはかなさよ/夏石番矢

風光る芙美子流転の漁師町/中村一維

光る海光る風沖かけて白帆/石塚友二

風光る風にも放射能あらむ/仙田洋子

風光る馬上の少女口緊めて/長嶺千晶

古丹波の窯変の朱や風光る/中田貞栄

風光る高菜畑より高菜の荷/友岡子郷

寺継ぎし子に百畳の風光る/肥田葉子

俳句例:61句目~

新墾山遠嶺をつなぎ光る風/成田千空

朴の芽に風光る見よ転校児/西村和子

槍倒しにかかる小舟や風光る/上村占

殺戮の路しばらくは風光る/和田悟朗

海女の子の吹く水笛に風光る/ひふみ

海鳥の胸のちからの風光る/柳下良尾

滑かに水かぶる石や風光る/籾山柑子

甲板のホース膨らみ風光る/小林三郎

真直に航跡延びて風光る/川端恵美子

確かなる射程の鳥よ風光る/立川京子

窯出しの浅黄の小鉢風光る/垣迫俊子

舟曳きて小馬紅の緒風光る/小池文子

花束は胸に抱くもの風光る/石川文子

装束をつけて端居や風光る/高濱虚子

覇王樹の影我が影や風光る/飯田蛇笏

設計図に神棚の位置風光る/毛塚静枝

遠き橋いま渡る橋風光る/安部美どり

野の鳩の塔掠めしよ風光る/五十崎朗

新禿や君がうなじに光る風/内田百間

霊園の中の大路や風光る/和田耕三郎

俳句例:81句目~

風光り松鳴り天守閣の跡/宗像夕野火

風光り無一物なる葡萄の木/茂里正治

風光り石の流るる音すなり/落合水尾

風光り迎へて薫ふ女性なる/石塚友二

風光り雲また光り草千里/門松阿里子

風光るこころの端の千利休/平井照敏

風光るとき海遥か山かすか/稲畑汀子

風光るやや大きめの園服に/賀谷祐一

一点を揺れるヨットや風光る/鈴木智子

さはやかに風光りゆく椎若葉/軸丸光義

ちぎれ雲嶺のうらゆき風光る/桂樟蹊子

太極拳指を反らせば風光る/児玉まさお

風光るするりと母を洗ひあげ/中嶌陽子

髪染めしばかりの妻や風光る/内田安茂

刈あとの萱芽ぐむ野は風まぶし/瀧春一

風光る木曾のデルタに育つ子等/杉本寛

風光り泥のひかりの大きな手/成田千空

一輪車あやつる子らに風光る/城台洋子

休み田の澄みたる水に風光る/新井フミ

風眩し咲き満つ花の枝に雀/中野ただし

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ