季語/風光る(かぜひかる)を使った俳句

俳句例:101句目~

出迎への吾子光り風光りけり/小川竜雄

竹山の秀のしわしわと風光る/石塚友二

蛸壺の野積み浜積み風光る/上田恵美子

神杉を少し揺さぶり風光る/稲畑廣太郎

風光る海の匂ひのエアメール/北村照子

風光る海の広さを玻璃に置く/稲畑汀子

風光る烏まばたきしてゐたり/都筑智子

風光る石を出られぬ野仏に/榎本冬一郎

直立の兎の耳や風光る/ともたけりつ子

風光るけふ命日の句碑の艶/下村ひろし

帽脱ぎし君があたりや風光る/佐藤春夫

風光る路上の喧嘩見て過ぎぬ/原子公平

風光る入江のぽん~蒸気かな/内田百間

高く立たす女神の腹や風光る/佐藤春夫

牛の仔に角らしきもの風光る/平賀扶人

風光る大人のための九十九里/櫂未知子

風光りたゞねむたさの峯の雪/相馬遷子

風光るこはさぬやうに嬰抱きて/都筑智子

わが建てしわが墓碑銘に風光る/亀井糸游

をちこちに眼のある思ひ風光る/平子公一

俳句例:121句目~

風光る鳥になりたき子と駈けて/村田洋子

風光る卓布に百花刺し終へて/岡部名保子

光る風仮の住まいにさわりけり/永末恵子

光る風のすぢ明らかに清水かな/中村汀女

ころころと老婆生きたり光る風/相馬遷子

地玉子の殻のたしかさ風光る/鈴木真砂女

風光るジャングルジムに児が鈴生/樋笠文

麦の風光りあつまる藁屋あり/水原秋櫻子

風光る乗ればすぐ出て二階バス/都筑智子

花売りの海女の素顔に風光る/伊阪美祢子

風光る佗しきことを消してゆく/高木晴子

風光りすなはちもののみな光る/鷹羽狩行

風光る山車からくりの糸見えて/衣川砂生

風光り仔馬たてがみそろひけり/平野露子

風眩しマーガレットの果は海/水田むつみ

生涯を終へしビルにも風光る/稲畑廣太郎

雪どけ光る風に果物店突きだす/大橋裸木

風光る野を行く使徒もまた大工/有馬朗人

武蔵野やわが家まはりの風光り/林原耒井

立ち上がる仕掛け絵本や風光る/高橋秋子

俳句例:141句目~

風光る閃めきのふと鋭どけれ/池内友次郎

木々の芽に先立ちて風光りけり/相馬遷子

根雪一枚めくれしや風光りしや/村越化石

風光り極まりつ藺に穂ありけり/林原耒井

風光るひよどり越の碑なりけり/向山隆峰

メドーサの蛇髪もやもや風光る/加藤知世子

ロダン像へ延びし若枝や風光る/部谷千代子

史蹟いまも崖の端にして風光る/神尾久美子

風光るサラブレツトのたてがみに/高橋笛美

風光るドタール弾きの肉うごき/加藤知世子

鳩群れて舞ひ上がる塔や風光る/岡本癖三酔

風光丁雨居士となりゐし野菊かな/皆川白陀

障子ごとゆがめる庫裡や風光る/八木林之介

生れて十日生命が赤し風まぶし/中村草田男

風光る沖にうさぎの跳びはじめ/鈴木恵美子

なつかしきくねくね道や風光る/市野沢弘子

白鳳仏にいくさ経て逢ふ風光る/久保田月鈴子

タイトルとURLをコピーしました