季語/兼好忌(けんこうき)を使った俳句

「兼好忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「兼好忌」について

【表記】兼好忌

【読み方】けんこうき

【ローマ字読み】kenkoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「け」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

兼好忌を含む俳句例

一日を嚔ばかりや兼好忌/福島壺春

代筆の恋文憂しや兼好忌/巌谷小波

兼好忌御室の花は蕾かな/青木月斗

如月の梅の月夜や兼好忌/名和三幹竹

ねんごろに知恵の輪遊び兼好忌/中拓夫

座布団をいまは枕に兼好忌/岩淵喜代子

世のつねの幸は念はず兼好忌/稲垣きくの

頭使ふて腹の空きたる兼好忌/亀田虎童子

読まず書かず風の二月や兼好忌/星野麦丘人

ライクロフトの手記を座右に兼好忌/遠藤梧逸

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ