季語/三椏の花(みつまたのはな)を使った俳句

「三椏の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「三椏の花」について

【表記】三椏の花

【読み方】みつまたのはな

【ローマ字読み】mitsumatanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・結香の花(むすびきのはな:musubikinohana)

季節による分類

・「み」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

三椏の花を含む俳句例

三椏と知る凩の熄みし枝/耕二

今生や花三椏に戻り寒/塚本邦雄

三椏や英国大使館鉄扉/佐藤鬼房

三椏の花の光陰流れ出す/森澄雄

三椏や牡鹿連は海の人/佐藤鬼房

三椏の花仰向けよ空碧し/堤京子

三椏の蕾々の宙にあり/高澤良一

三椏の花に光陰流れ出す/森澄雄

山裾の三椏の花灌仏会/細見綾子

くり盆を買ふ三椏の花曇/野澤節子

三椏の蕾の礫びかりかな/山西雅子

日当りて雪の三椏花蒼き/松林朝蒼

春愁や三椏の花匂はざる/細見綾子

曇天に三椏の花ふさぎ虫/高桑弘夫

花の山三椏の咲く谷ひとつ/日原傳

三椏に春の雪降る雪の奥/小林康治

三椏の華やかな黄の花簪/福田蓼汀

三椏の花雪片の飛べる中/山口青邨

三椏の一つ二つが花紅く/山本悠水

三椏の花の放さぬ水の音/浅沼艸月

俳句例:21句目~

三椏の花の白さの幾朝か/中村汀女

三椏の花や雪照る夕日受け/及川貞

三椏の扇びらきの花の数/佐野青城

三椏や皆首垂れて花盛り/前田普羅

三椏の花にてありし由布泊/飴山實

三椏の花に秩父の軽雨過ぐ/有働亨

三椏の花に顔あげ古りし山/上村占

三椏の花鈴ふるふ夕疾風/根岸善雄

三椏や百姓の顔ねむく過ぎ/岸田稚

三椏や紙漉村は渓沿ひに/鈴木良花

利休忌の三椏の花了りけり/龍岡晋

やすらぎや三椏は咲き垂るる花/林翔

三椏が咲いてきのふの菊枕/手塚美佐

三椏の蕾の声よ鳩と歩く/平井久美子

三椏に日照時間伸びて来し/高澤良一

三椏の花咲く村に嫁ぐとや/谷口君子

三椏の花はじめから和紙の味/瀧春一

三椏の花も山居の花のうち/森田薊村

三椏を蒸し雪の谷甘き香に/宮津昭彦

三椏の花のつめたき雫かな/島谷征良

俳句例:41句目~

三椏の花三三が九三三が九/稲畑汀子

三椏の花あと先に人気なし/伊藤和美

文机や三椏明り降るほどに/小林康治

三椏の花ゆ翅あるものの影/山田弘子

三椏の花に残れる由布の霧/松村越子

三椏の花をみにゆく板の橋/辻田克巳

三椏の花の隙間に紙祖の神/佐野美智

薄ら日に三椏密語交しをり/高澤良一

三椏のうつむき咲きや母傘寿/中村明子

三椏の咲くや攀ぢゆく沢筋に/渡辺立男

三椏の咲くや泉声沢を落つ/水原秋桜子

三椏の咲けり岨来る煮干売/綿谷ただ志

三椏の影の幽さをうべなへり/小林康治

三椏の枝をころがる霰かな/藤田あけ烏

伝道はきびし三椏花明り/野見山ひふみ

三椏の花に降り来る塵もなし/吉良蘇月

三椏の花のうす黄のなかも雪/大野林火

往きも帰りも三椏の花明かり/島谷征良

三椏の花の空けに日の闌くる/高澤良一

雨やさし三椏三つに咲くことも/安住敦

俳句例:61句目~

三椏の暖雨まみれに岐るゝ枝/高澤良一

三椏の花軽々とまはりけり/八木林之介

三椏の蕾のまゝの長かりし/平山/愛子

三椏や泥土より立つ神の鹿/田川飛旅子

花三椏遊意おのづと尼院址へ/北野民夫

蕾もつ三椏の枝のまことかな/石川桂郎

三椏に月は二十日の仮面とる/高澤良一

近よりてみて三椏の花仕度/五十嵐播水

三椏咲く日向薬師の雨にあへり/松村武雄

三椏の花やっぱり忘れられない/山中葛子

三椏の花のきいろや父母はなし/菖蒲あや

三椏のつぼみふくるる光かも/市村究一郎

ふと昃る三椏の花誰が忌日ぞ/千代田葛彦

三椏の花は小人のシャンデリア/加藤高秋

独楽の紐三椏の木に掛けてあり/山西雅子

三椏の花に寒さのとどまりし/今井千鶴子

三椏のいろにはじまる雑木山/伊藤三十四

花三椏過ぎてゆく刻また黄なり/塚本久子

三椏の花咲くは閑かなるに病む/右城暮石

三椏の咲いてもくらき余呉の湖/吉澤卯一

俳句例:81句目~

三椏の花見つむれば風のあり/小林ふく子

三椏のはなやぎ咲けるうらゝかな/芝不器男

三椏と見しがまさしくさうであり/高澤良一

三椏の花は目立たずつゝましく/松岡渓蝉郎

三椏が咲いて地獄より遠いところ/横山白虹

三椏の花の咲くともしまひとも/上田日差子

日の差せば浮き上がり来る花三椏/高澤良一

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ