季語/帰雁(きがん)を使った俳句

俳句例:101句目~

日と海の懐に入り雁帰る/阿部みどり女

暮れもせず猪木も帰る雁帰る/坪内稔典

残肴に青き菜のあり帰雁啼く/久米正雄

泥くさき男女に帰雁水くさし/橋石和栲

灯台に上ればはるかなる帰雁/清崎敏郎

燐寸しめり帰雁の閑に一藁屋/古舘曹人

町の夜の帰雁の声を惜みける/下村槐太

病室は真四角で帰る雁きこゆ/佐野良太

痛ければ胸抱き帰る雁に逢ふ/岸風三樓

癌が先しんがりにわれ雁帰る/牧石剛明

眼うらの山河は濡れて帰る雁/江中真弓

眼の中も春深くして帰る雁/沼尻巳津子

風紋のたわむ限りを雁帰る/鍵和田釉子

線香の煙野に立つ帰雁かな/大村てつお

美しき帰雁の空もつかの間に/星野立子

聲幾重帰雁に夜空ありにけり/依田明倫

遠ざかる帰雁の声や男鹿岬/荻原都美子

長江は帰雁の空の下に在り/深川正一郎

雁帰るたつきは吾も人も苦し/岸風三楼

雁帰る古き和服を見てをれば/佐野とし

俳句例:121句目~

雁帰る心の綻びそのままに/浦木やす子

雁帰る月の光を背に浴びて/阿部月山子

雁帰る神田もいまはビルの町/山本歩禅

雁帰る空あり彼方ありにけり/星野高士

雁帰る野鍛冶老いても大男/百合山羽公

雪の嶺うつろに照れり雁帰る/相馬遷子

雪の斑の澄む甲斐駒へ雁帰る/堀口星眠

額に手を当てをり帰雁曇かな/皆川白陀

馬曳いて海道行けば帰雁かな/尾崎迷堂

帰る雁行くゆく海波高みけり/飯田蛇笏

空瓶の首も砂丘に雁かへる/百合山羽公

胸の上に雁ゆきし空残りけり/石田波郷

阿蘇噴いて汽車と葬列雁行す/石原八束

雁かへる方や白鷺城かたむく/萩原麦草

雁かへる雨夜汗ばむ羽織かな/岡本松浜

雁ゆかせ津軽よされの高調子/高澤良一

雁ゆくや押入れの闇そのままに/糸大八

あがり膳は勝手に帰る雁なりけり/立允

死にせれば雨夜帰雁の声の数/千代田葛彦

書肆いでゝ雁帰る日の雨にあふ/長谷川双

俳句例:141句目~

雁帰りまたすゝみたる眼鏡の度/菖蒲あや

納屋二階住みかたむきて帰雁哉/吉田冬葉

雁ゆきてべつとりあをき春の嶺/飯田蛇笏

帰雁見る屈葬に似てひざをだき/有馬朗人

剣山に水盛り上がる帰雁かな/佐々木六戈

雁帰る声がみとりの夜ごもりに/吉川春藻

菜の花に田家没して雁かへる/百合山羽公

湧きに湧く帰雁の空の暗みたる/依田明倫

落ちかかる月をめぐりて帰る雁/飯田蛇笏

空に水尾引くかに月の帰雁かな/倉田晴生

落日のあとの湖照る帰雁かな/石田久美子

雁帰る月夜と思ひ覚めてをり/八牧美喜子

帰雁とどまらず愛惜の刻もまた/佐藤国夫

雁ゆきし空の名残りと氷りけり/小林康治

雁ゆきてしまひし光つづきたる/小林康治

雁帰る翼下は暮れてゐたりけり/奥田智久

雁帰るキユーポラのある町空を/原田青児

帰雁いま舳倉へ棹の延びてゆく/辻口静夫

帰る雁見ゆるあをあを空流れ/木附沢麦青

雛の餅きのふは帰る雁を見て/百合山羽公

俳句例:161句目~

帰る雁田は皆水を張り切りぬ/岡本癖三酔

雁ゆくや月照る海と月ありて/山口波津女

みちのくの帰雁に夜風悲しとも/高木晴子

雁行くや厨ゆたかに湯を捨つる/久米正雄

帰る雁湯屋あくころの路地の空/矢島房利

順礼と打ちまじり行く帰雁かな/服部嵐雪

鏡蔽へばまこと雨あり帰雁鳴く/久米正雄

雁行くや堅田にのこる御文章/大峯あきら

帰る雁幽かなるかな小手かざす/高浜虚子

岬の畑打ちて日々見る帰雁かな/尾崎迷堂

紀のはての白濤ばかり雁帰る/米沢吾亦紅

雁行くや白粉塗つて旅はじまる/栗林千津

雁行くを見る空壜を鳴らすとき/対馬康子

しばらくは橋立に沿ふ帰雁かな/南うみを

とりかねる夫の機嫌雁かへる/鈴木真砂女

雁行のとゝのひし天の寒さかな/渡邊水巴

けふもなほ田家の客や雁帰る/百合山羽公

うしろにも少し歩いて帰雁の日/大西静城

姉沼も雁ゆくころか葱しなぶ/橘川まもる

雁帰る亡き夫の反故焚きをれば/石田あき子

俳句例:181句目~

まさをなる夜空を負ひし帰雁かな/藤井青咲

帰雁鳴き尽きず曠野の尽きざりし/依田明倫

眼をとぢてまぶたつめたし帰る雁/黒木野雨

燭の火をーつずつ消し帰雁を消す/中島斌雄

帰雁の窓煙草を吸へば智恵も出む/北野民夫

仰ぎみし帰雁のつばさゆるやかに/高濱年尾

蒙古風に船出ずといふや雁帰る/楠目橙黄子

眉上げて帰雁のこゑに打たれけり/野々村紫

町なかの夜の池ひかる帰雁かな/米沢吾亦紅

雁ゆきてしまひし足のさむさかな/関戸靖子

織り習ひも爪根染む頃帰る雁/安斎櫻カイ子

沼に浮く日のまどかさを雁帰る/金尾梅の門

うちあおぐ帰雁に何か借りがある/森黄波子

雁帰るまでに田の塊たたかねば/村上一葉子

家居がちに帰雁の頃となりゐたり/村越化石

雁行や向かい合わせの木のベンチ/対馬康子

ひとりゐの膝こぶいたく雁かへる/巌谷小波

スープの匙雁ゆく海を曳航せり/八木三日女

千両箱を見て出し街を雁帰る/長谷川かな女

東京の雁ゆく空となりにけり/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました