季語/木流し(きながし)を使った俳句

「木流し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「木流し」について

【表記】木流し

【読み方】きながし

【ローマ字読み】kinagashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・管流し(くだながし:kudanagashi)

・堰流し(せきながし:sekinagashi)

・鉄砲堰(てっぽうぜき:teppozeki)

・修羅落し(しゅらおとし:shuraotoshi)

・網場(あば:aba)

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

木流しを含む俳句例

山吹の一枝走れり修羅落し/鈴木元

木流しや堰に立ちたる裸杣/樋渡清石

木流の男にあがる水しぶき/岡本武三

修羅落し滝明暗の音二つ/加藤知世子

遠谺して木曽谷の修羅落し/加古宗也

雪しろの断崖哭かす修羅落/巌谷小波

木流しや百態の岩そらんじて/阿片瓢郎

木流しや阿波の池田に組む筏/川田長邦

木流しを見ず砂利船の居坐りて/森田峠

修羅落し走りの梅雨を山中に/佐野美智

夜叉神の修羅落しあと霧雫/中戸川朝人

奥山の花をうながす修羅落し/福永耕二

山息吹く須叟青天の修羅落葉/石塚友二

山景気持ちなほしたる木流しす/山川喜八

木流しのまじまじ頃を日文読む/加藤郁乎

木流しのもう始まらん水嬉々と/加藤楸邨

木流しの腰に巻きたる藤の蔓/山野辺歩考

けものみち鳴るをはげます修羅落し/原裕

修羅落し来て交りけり谷戸の鳥/石塚友二

修羅落し樹の膚惨と森眠れず/加藤知世子

俳句例:21句目~

修羅落す谺を追ふて雪崩れたり/山口草堂

奔り来て木曾の木流しかがやけり/近藤一鴻

木流しの声聞かぬ日や雉子鳴く/大須賀乙字

うちあふぐ梅雨雲よりぞ修羅落/篠田悌二郎

修羅落しはるかにかゝる葛を掘る/栗原米作

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ