季語/春分の日(しゅんぶんのひ)を使った俳句

「春分の日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春分の日」について

【表記】春分の日

【読み方】しゅんぶんのひ

【ローマ字読み】shumbunnohi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

春分の日を含む俳句例

春分の日なり雨なり草の上/林翔

日も真上春分の日をよろこべば/林翔

春分の日の切株が野に光る/安養白翠

昨日漉きし紙春分の日を過す/小島昌勝

雨着透く春分の日の船の旅/秋元不死男

木々の芽に春分の日の雨軽し/市ヶ谷洋子

正午さす春分の日の花時計/松岡ひでたか

ギターの音春分の日の寺にかな/藤井寿江子

幹つたふ春分の日のひかりかな/岡部名保子

春分の日をやはらかくひとりかな/山田みづえ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ