季語/北風(きた/きたかぜ/ほくふう)を使った俳句

「北風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「北風」について

【表記】北風

【読み方】きた/きたかぜ/ほくふう

【ローマ字読み】kita

子季語・関連季語・傍題・類語など

・朔風(さくふう:sakufu)

・北吹く(きたふく:kitafuku)

・大北風(おおぎた:ogita)

・朝北風(あさぎた:asagita)

季節による分類

・「き」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

北風を含む俳句例

北風へ壁も膨らむ楽の渦/林翔

北風や椿油は瓶の底/波多野爽波

北風や鍛冶屋魚屋の腰障子/六花

海道や松蔭小家北風に/尾崎迷堂

北風に言葉奪はる立ち話/中村功

末枯や北風強く當る山/石井露月

北風に雲は東し南しぬ/京極杞陽

北風や浪に隠るゝ佐渡ケ島/月斗

青北風や萬屍想はす虫一屍/林翔

北風や余燼の中の幾屍/石原八束

北風や南に傾ぐ風師山/佐藤漾人

北風や目汁鼻汁媼あはれ/河野静雲

北風に言葉うばはれ麦踏めり/楸邨

北風に脳味噌乾き吹かれをり/昌治

耳傾むく北風より遠き物音に/林火

北風に鍋焼饂飩呼びかけたり/子規

濠の波北風すさみそめにけり/麦南

信号は青北風も通りけり/森田家仙

漂泊や北風の波退く潮仏/石原八束

一枚の壁傾きて北風低く/河野南畦

俳句例:21句目~

石臼も底荷の一つ春北風/友岡子郷

北の窓日本海を塞ぎけり/正岡子規

北風の南にかはる小春哉/正岡子規

北風の息安めゐる七七忌/橋本榮治

急に北風空の形相うち変り/上野泰

北風凪ぎて夕日のしみる桐畠/麦生

北風や合掌棹しに沼渡舟/橋本鶏二

馬の背に陽光滑る春北風/藤木倶子

北風や夜の店番の針仕事/小澤碧童

北風や小草萌え居る葎底/西山泊雲

北風や山の妙義の屏風立ち/上村占

寒月や北風氷る諏訪の海/正岡子規

北風やわが生涯の一里塚/星野立子

北風や涙がつくる燭の虹/高柳重信

太陽にしろがねの環春北風/森澄雄

角曲るとき北風に相対す/川原程子

陸中に破船亭あり春北風/矢島渚男

盆北風や大樽乾く魚市場/小林光美

青北風や城の鬼門に椋一樹/柿沼茂

青北風や女人高野の鎧坂/大橋敦子

俳句例:41句目~

青北風や港気付の手紙束/工藤義夫

青北風や石の鳥居の先は海/堀葦男

青北風や土偶三千年の黙/矢野忠男

北風のこの崖にきて逆まける/上村占

樫山に北風雪を降らしけり/右城暮石

北風や護国寺をさす霊柩車/野村喜舟

北風に舟そくばくや湖の浦/尾崎迷堂

哨戒機北風に真向ひ音をたかむ/篠原

北風の匂ひもすこし干蒲団/鈴木鷹夫

北風に顔を曝して陶器売/小泉八重子

北風の吹きまく雲の尖りかな/上村占

北風荒ぶ赤い帽子の児と船に/上村占

村々へ秩父北風おろしけり/喜谷六花

北風の星嶺も祈りの姿もつ/中島斌雄

北風の昨日も今日も軒の梅/高濱年尾

春北風や十年ぶりの親子丼/長澤寛一

北風三日風男来て篠生刈る/鈴木勁草

北風の爪のあとある大地かな/上野泰

干蛸の口尖りゐる北風強し/壺井久子

北風低く糶に灯して河岸女/河野南畦

俳句例:61句目~

山際のあさぎ空より北風は来る/篠原

北風の背中よ窓は嵌め殺し/櫂未知子

北風や碧童の句の憤り/久保田万太郎

少年の背丈北風にも伸びる/山田弘子

北風と遊びし頬の子が帰る/生田和美

北風を帰りて髪の減りにけり/莵絲子

北風やお不動山へ土手許り/鈴木花蓑

北風やかなしき楽の曲馬団/福田蓼汀

北風吹く葬儀社の花白妙に/飯田蛇笏

空罐の日を切りかへす春北風/上村占

北風や一茶の上蔵窓ひとつ/玉木春夫

砂舟の水尾撓む北風大幅に/成田千空

盲導音奪ふ北風樅泣かす/中戸川朝人

北風や青空ながら暮れはてゝ/不器男

北風や黒々と立つ防風林/浅井ふみゑ

白波や筑波北風の帆曳き船/石原八束

北風や夜店尻なる古雑誌/五十嵐播水

北風に牛角を低くして進む/西東三鬼

北風に人細り行き曲り消え/高浜虚子

北風や杉の三角野の果に/東洋城千句

俳句例:81句目~

北風強く夕焼を地の果に押す/飛旅子

鬼灯忌の北風を聴く一人かな/有働亨

北風や汁に輪禍の供花一基/森本啓太

春北風へ揺れ紅型の伸子張/奈良文夫

北風に向いて堀端通りかな/正岡子規

北風や移民相手の雑貨店/五十嵐播水

北風や多摩の渡し場真暗がり/秋櫻子

北風に向ひ歩きて涙ふく/室町ひろ子

起重機索厳と垂直北風吹く/羽部洞然

八音節か筑紫の国の北風は/夏石番矢

青北風の目薬零す膝がしら/原口鬼灯

朝夕な新北風に虹立ち易し/小熊一人

滅びてはいま北風の素通り村/有働亨

青北風や墓地に迫りし山と海/井上豊

春水の縮緬皺や北風添へば/栗生純夫

北風に吹き歪められ顔嶮し/高浜虚子

北風が浚ひて湖上無一物/杓谷多見夫

文芸の毒が足らざる春北風/能村研三

草山の墓北風に吹きはれぬ/西島麦南

北風のころがり落つる千枚田/大平芳江

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ