季語/悴む(かじかむ)を使った俳句

「悴む」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「悴む」について

【表記】悴む

【読み方】かじかむ

【ローマ字読み】kajikamu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・悴ける(かじける:kajikeru)

・こごゆ(こごゆ:kogoyu)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

悴むを含む俳句例

悴みて影を失ふ水の上/松澤昭

悴みて千人針の糸くくる/井上雪

八十九歳の悴む御尤/粟津松彩子

飽食の紙袋割り悴む手/鈴木康允

悴みて少年人の靴磨く/岸風三楼

炎天下廃磔像に悴むか/小林康治

屯田の訛悴むことやなし/齋藤玄

悴むや岩に魑魅の水の音/古舘曹人

悴める妻毎日の髪結へり/森川暁水

悴みて桶に水くむ月詣り/脇坂啓子

悴かみて躓く心又一歩/橋本うた子

悴めば花かと潤み白きもの/上村占

悴めば祈る形に指組まれ/竹内千花

悴みて踏みて鶯張は憂し/亀井糸游

悴みて印押す手術承諾書/毛塚静枝

悴みし手に水はじき水仕事/上野泰

悴む手女は千も万も擦る/山口誓子

悴みし指がもの言ふ袋糶/堀/康代

悴みし掌の鉛筆より蝶生る/穴井太

霊柩車他郷に送り悴める/宮坂静生

俳句例:21句目~

身長一九〇センチ悴めり/大野朱香

八千の鶴に餌をまき悴めり/原和子

石女の妻悴みて役立たず/森川暁水

悴みてけふこの女醜さよ/中杉隆世

天網にかからぬ蝶の悴めり/原和子

悴みて高虚子先生八十一/高浜虚子

悴む手こする太陽赤き下/村越化石

悴む手なだめ藍糸絞りきる/太藤玲

法廷に指の悴む男女かな/山口誓子

悴める手を暖き手の包む/高浜虚子

悴みの溶けゆく泪春煖炉/殿村莵絲子

悴みて掴みにくくて一円貨/辻田克巳

悴むや手に息かけて松葉杖/山口恵子

悴むや鞄へひとの金満たし/皆川白陀

悴める姿に牛を曳きゆきぬ/下村槐太

悴める掌のかたちして枯柏/高澤良一

悴んでくる手拳にしてしまふ/石井保

意志伝へくれぬ指先悴みて/稲畑汀子

柩傾ぎわが町人の血悴かむ/古舘曹人

一徹の父を見送り悴めり/山崎千枝子

俳句例:41句目~

水底の文字悴まず虹の石/後藤比奈夫

父の喪の盛装となり悴むか/小林康治

二人ゐて二人悴みゐたりけり/小澤實

牛売りし札数へをり悴みて/三宅句生

人形がこなす苦役に悴めり/渡辺恭子

厄介な孫のふぐりの悴める/清水基吉

取りおとす参籠の箸や悴みて/原柯城

竹馬に仕上げて青し悴みぬ/永井龍男

地の塩の孤を悴みが呪縛す/石原八束

考へてゐるひとところ悴める/岸田稚

西行の清水掌にうけ悴めり/巌谷小波

身はおろか心の中も悴みぬ/下村梅子

悴みて妻に一円借りにけり/白岩三郎

運転の始動悴み解けるまで/稲畑汀子

心中に火の玉を抱き悴めり/三橋鷹女

長病みの母云ふ骨も悴むと/渡辺恭子

悴みて心ゆたかに人を容れ/富安風生

牛百頭鳴き流れゆく大洪水/悴山紀一

悴みて扉を押す力余りたり/右城暮石

骨拾ふ箸ままならず悴みて/岡安仁義

俳句例:61句目~

悴みて旅は迎への人まかせ/皆吉爽雨

鳥獣のうちの我なり悴めり/斎藤梅子

悴みて水の切先そらし得ず/岡田和子

悴みし手に残業の鍵の束/長谷川史郊

悴みし手より警棒放されず/田崎令人

空青しかじかむ拳胸を打つ/西東三鬼

悴みて洋奴たりゐし歳月よ/小林康治

悴みて短き一語ともならず/山本紅園

悴みて秀野恋ひゆく雑木山/関戸靖子

悴みてこれを限りの手紙書く/森田峠

悴みて糸の縺をとくすべき/成瀬正俊

悴める手に死に給ふ髪を梳く/都筑智子

悴みて手袋ぎらひ足袋ぎらひ/太田育子

ちゝはゝの遺せし吾や悴みて/杉山岳陽

悴んでをりし両手を預かる手/黒川悦子

梧桐一本二階障子の悴めり/柴田白葉女

われらみな生の側にて悴めり/小坂順子

をんな坂下りはじめの悴みぬ/渡辺恭子

オルゴール切れて人形悴みぬ/吉原文音

一些事に躓きしより悴めり/石田あき子

俳句例:81句目~

悴むや注連を引きあふ陰の石/古館曹人

一村悴み浮城のごとく赤城山/北野民夫

悴かめるこの一瞬もわれの生/相馬遷子

悴める手に母の手の大きかり/千原叡子

坂くだる足音までも悴みて/渡辺/和子

太陽に悴める手をむけても見/三好雷風

悴める手のすべりがち棺担ふ/岡安仁義

悴める手で書く現場日誌かな/大野審雨

病む夫に耳悴みて仕へけり/石田あき子

氷河期の人類と共に悴かみぬ/相馬遷子

悴める手は憎しみに震へをり/高浜虚子

悴みて瞑りて皇居過ぎゐしか/石田波郷

白鳥になりたきひとと悴めり/仙田洋子

石階に悴める手ぞ十字切る/下村ひろし

悴かめる一光年の途中かな/上野まさい

悴める手を病む母に握らるる/鈴木昌江

税務署を出て悴みし犬に会ふ/前山松花

悴む手銃の重さを記憶せり/千代田葛彦

膝の上の悴む手では嘘は云へぬ/岸田稚

被告悴け判官網をうつごとし/飯田蛇笏

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ