季語/啄木鳥(きつつき)を使った俳句

「啄木鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「啄木鳥」について

【表記】啄木鳥

【読み方】きつつき

【ローマ字読み】kitsutsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・木突(きつつき:kitsutsuki_)

・けらつつき(けらつつき:keratsutsuki)

・けら(けら:kera_)

・番匠鳥(たくみどり:takumidori)

・木たたき(きたたき:kitataki)

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

啄木鳥を含む俳句例

啄木鳥の穴を繕ひ年用意/荒川文雄

啄木鳥や堂に廻船入港図/岡井省二

啄木鳥の木屑鮮し夕斑雪/堀口星眠

啄木鳥の谺は天に滝凍る/三谷和子

啄木鳥よ汝も垂直登攀者/福田蓼汀

啄木鳥や鏡睡らぬ森の家/堀口星眠

こもり音に啄木鳥叩く又叩く/原石鼎

大年や啄木鳥叩く常の音/東洋城千句

春暁の啄木鳥きゝつ厠かな/西山泊雲

啄木鳥に杖休ませる帰山僧/石井青歩

葛城の神々老いぬ啄木鳥/大峯あきら

霧流れ朝啄木鳥の声きざむ/相馬遷子

霧降るや春暁啄木鳥の軽打音/有働亨

啄木鳥は頭上に飛んで生臭き/高篤三

啄木鳥の孔遺す家冬ざるる/堀口星眠

啄木鳥や妻にも二つ膝小僧/岸本尚毅

啄木鳥と畳越しなるお元日/松山足羽

きつつきや昏きに仰ぐ角造り/有働亨

啄木鳥や日の円光の梢より/川端茅舎

啄木鳥の己が谺を叩きけり/佐之瀬木実

俳句例:21句目~

啄木鳥や下山急かるゝ横川寺/森定南楽

一羽ならず啄木鳥たゝく音邃し/瀧春一

啄木鳥や苔をまさをに帰一寺/石川桂郎

雲一つなし啄木鳥に弾みつく/太田土男

啄木鳥の止めば深閑虚子の塔/岡田芳子

きつつきと呟き交はす雪の坂/堀口星眠

啄木鳥が叩き葉が降る峠神/猿橋統流子

啄木鳥や霧より上の梢の旭/東洋城千句

啄木鳥に俤も世もとどまらず/加藤楸邨

啄木鳥に御用邸とはただの森/井沢正江

啄木鳥に日和さだまる滝の上/飯田蛇笏

啄木鳥の羽音きびしく霰止む/堀口星眠

菌山あるは啄木鳥見上げもし/西山泊雲

山中の昼老け役のけらつつき/岡井省二

啄木鳥の音突つぬけの明るさに/上村占

啄木鳥の魔性見えたり冬の暮/堀口星眠

きつつきや湯元の幣の鬼門神/桂樟蹊子

啄木鳥や聖書数行たどり読む/堀口星眠

森の朝告げて啄木鳥叩く音/梅田実三郎

啄木鳥のたちばに近き梢かな/内藤丈草

俳句例:41句目~

啄木鳥のついばむ音も谺して/西岡仁雅

きつつきや新秋白き山の湖/千代田葛彦

啄木鳥や貧しき村の砂糖菓子/有馬朗人

啄木鳥の入りまはりけりやぶの松/丈草

啄木鳥の厠の窓に見ゆるかな/吉田冬葉

きつつきの穴秋風の笛となる/板谷芳浄

廃屋の八月くらき啄木鳥の音/中島斌雄

青啄木鳥が棲む造船の安全帽/和知喜八

夕されば戸々の竈火や啄木鳥/芝不器男

啄木鳥の心ひそかに丹きかな/橋石和栲

啄木鳥の逆さ歩きに下りけり/浜地潮香

霧降るや啄木鳥来ゐる松高し/野村喜舟

啄木鳥や氷壁に日のにじみ落つ/中村信一

青啄木鳥に般若会の磬応へけり/堀口星眠

青啄木鳥のこゑ透り山笑ひけり/堀口星眠

吾が前を啄木鳥去らず樹々氷り/堀口星眠

淋しさにつゝいてみるか啄木鳥/松瀬青々

きつつきが風の高みの幹たたく/都筑智子

きつつきの朝かがやける幹の列/阿片瓢郎

啄木鳥に泉の水輪絶ゆるなし/水原秋櫻子

俳句例:61句目~

啄木鳥や遅きあゆみの湖畔馬車/白岩三郎

啄木鳥のいつもくる木の初日影/三宅句生

きつつきや海よりさびし山の音/宇咲冬男

啄木鳥のしじまを破る虚子の塔/村山一棹

啄木鳥のまのあたりなる幹太き/高浜年尾

啄木鳥の山までとどく工事音/松沢満里子

啄木鳥の影ながらすぐ声となる/堀口星眠

啄木鳥の昇りきらざる日を叩く/平子公一

啄木鳥の木を叩き日を短くす/成瀬桜桃子

啄木鳥の柝を遠音に師匠亡し/上田五千石

啄木鳥の纔に木霊の耳を澄ます/尾崎紅葉

啄木鳥も札打つやうに聞えけり/椎本才麿

啄木鳥や人は世にゐて声も褪せ/加藤楸邨

啄木鳥や休む日もある寺修理/大峯あきら

啄木鳥や思いだせない父の指/増田まさみ

蔦若葉啄木鳥の洞かくれなし/沢田幻詩朗

啄木鳥や針山が見え赤子見え/大峯あきら

啄木鳥や扉のあるごとく森の口/鷹羽狩行

啄木鳥や雲のきれ目の峯にして/尾崎迷堂

啄木鳥や曇りし朝をふるはして/井上隆幸

俳句例:81句目~

子離れの啄木鳥己が巣をたたく/古川充子

春の雲木臼作りは啄木鳥に似て/飯田龍太

木樵る音啄木鳥よりも遥かなり/細谷鳩舎

水楢の縞の動きて小啄木鳥をり/堀口星眠

啄木鳥や木を叩き日を傾かす/成瀬櫻桃子

だしぬけに赤啄木鳥わらふ霧の中/堀口星眠

きつつきの来て雪晴の直ぐなる樹/大野林火

口切りに小啄木鳥来てゐる寒の明/高尾峯人

時化なほる日ざしの木影啄木鳥/大須賀乙字

啄木鳥たたく吉野奥社の霧ごもる/白井真貫

啄木鳥に木深くも日の澄めるかな/島田青峰

啄木鳥のうなじが赤し雪解不二/千代田葛彦

きつつきや妻あり避暑の女として/古館曹人

啄木鳥叩く音のかなたはうつろなる/原柯城

啄木鳥は黐の木つつくこと止めず/萩原麦草

啄木鳥のねぢ巻きのぼり霜日和/黒坂紫陽子

黙し去る赤啄木鳥父の忌なりけり/堀口星眠

啄木鳥鳴いてつねに空より青き沼/飯田龍太

きつつきや瑠璃沼霧の底に醒む/千代田葛彦

啄木鳥の腹をこぼるゝ木屑かな/池内たけし

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ