極彩色を使用した俳句

極彩色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

極彩色を含む俳句例

こころゆく極彩色や涅槃像/太祇

極彩の別院深く秋の山/又野/誠

死を想へ極彩色の浜草履/小澤實

油画の極彩色や春の宿/正岡子規

亜浪忌や堂に極彩吉祥天/高井去私

初刷の極彩版は妻子占む/高澤良一

声帯の極彩色の沈黙や/山崎十死生

早春の和船極彩色に塗る/沢木欣一

東照宮極彩色の大暑かな/川田邦子

極彩の故に極悪大毛虫/百合山羽公

白鳥に極彩色の鴛鴦の沓/西本一都

短夜の夢に極彩色の鳥/片山由美子

冷え性の母に極彩地獄絵図/長谷川双

極彩のブリキの玩具原爆忌/白石司子

菊枕して極彩の夢を見し/七里みさを

谷紅葉身投げをさそふ極彩色/田中保

鵜戸の宮極彩色の小春かな/大橋敦子

古寺の蝶その極彩の重たさに/和田悟朗

極彩の中に真白き釈迦寝たり/谷野予志

極彩の六波羅蜜寺戻り梅雨/冨田みのる

俳句例:21句目~

極彩の木の実ぶちまけ国離る/対馬康子

極彩の版画みてよりの寒さ/柴田白葉女

ブランド店極彩に夏動き出す/住谷不未夫

山肌の極彩に叛き木の実降る/沓掛喜久男

極彩の写楽を乗せていかのぼり/長谷川双

熊野比丘尼も極彩色の夜の合歓の木/林桂

極彩スカート幾重にも巻き泉汲む/吉野義子

そのかみの三社まつりの伊達者の繁さんの背の極彩天女/高田流子

タイトルとURLをコピーしました