厨房を使用した俳句

厨房に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

厨房を含む俳句例

厨房に男立ち入る初鰹/並河洋

遺されて男厨房寒明けぬ/森登

厨房に温泉迸り湖氷る/木村蕪城

舷梯に厨房匂ふ冬鴎/米沢吾亦江

兄嫁の奥の厨房鱧たたく/菅野紅梅

厨房に長葱剣のごと並び/川口巌渓

厨房のナイフ曇らす山の霧/桂信子

厨房へ徹る真夏の広東語/高澤良一

古妻のエプロン眩し初厨/房前芳雄

薄暗き厨房秋の水こだま/奈良鹿郎

あやめ咲くことを思へり厨房に/鷹女

厨房にそこばくの葱春の雪/遠藤梧逸

厨房に貝があるくよ雛祭/秋元不死男

厨房に柚子の香残る骨正月/松下千代

厨房の食器の音やきり~す/滝井孝作

厨房に皿の音する西行忌/加倉井秋を

山眠る厨房熊のししむらも/浦野芳南

楡がくり初夏の厨房朝焼す/飯田蛇笏

菊園の晴れ厨房に地虫鳴く/松村蒼石

厨房に母のためなる室の花/上田日差子

俳句例:21句目~

日日虚実ふと厨房にくる落花/田中波月

厨房に汗して賢母とは言へず/吉野昭子

厨房に活けしはなもも降魔札/黒米満男

厨房の煉瓦寂びたり小鳥来る/山岸治子

厨房に冬菜の青さもちかへる/水内鬼灯

夕霧にホテル厨房灯をともす/飯田蛇笏

男子厨房に入る父の日の独り酒/水原春郎

厨房は夏もこごえるものを貯め/対馬康子

厨房に浅蜊のぞめきうしみつ時/高澤良一

麻すだれ厨房の脛葱トントン/西かつのり

厨房のなにをのけてもちちろ出づ/谷野予志

西瓜割る汽車の厨房に海せまり/望月たかし

国葬の夜を厨房のほたるかご/飯田蛇笏「心像」

タイトルとURLをコピーしました