どんど火を使用した俳句

どんど火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

どんど火を含む俳句例

どんど焼火の粉に狂ふ海の鳥/中拓夫

どんどの火面体焦す男かな/奥田杏牛

とんどの火大きく崩る濤を前/下田稔

餅花に火のよぢれたる浜どんど/原裕

どんど火のうしろ雪降る夜の川/柯舟

青竹の裸身火を噴きどんど立つ/原裕

どんど火の火掻捧より鈴の音/小畑柚流

どんどの火とぶ川上に雪の橋/小熊一人

どんど焼いま完壁の火の柱/能村登四郎

どんど火の燠の海とも渚とも/斎藤夏風

どんど火は一揆ののろし鬨の声/原孜志

火の色のひとすじ青きどんどかな/林宏

どんど火の燠に海あり渚あり/齊藤夏風

どんどの火胸の丈にて鎮まれり/石寒太

どんど火の猛る川の面流れをり/行方克己

どんど火やひとり暮しの母の空/衣笠宏子

どんどの火もう拾へない文一束/木内満子

どんど焼火の神天へ発ち給ふ/小田チヅエ

妻の手のどんどの神籤火に投ず/古舘曹人

火のなかに立山を見し大どんど/佐藤一城

俳句例:21句目~

火中なる達磨どんどの火を怒る/岸風三樓

どんど火に焙る太腰よき子産め/岸風三樓

どんどの火消え道の神また眠る/宮津昭彦

禰宜の子の火種を移すどんどの火/芝由紀

どんどの火猛れば一歩退きぬ/福川ふみ子

青竹の魂を引き抜くどんどの火/及川希子

どんどの火舞ひゆく方の月赤し/南英四郎

とんどの火たたらを踏んで渚まで/岸田稚

とんど火の先づは松葉を炙る音/高澤良一

とんど火の大き焔のただ一度/八木林之介

どんど待つ別の小さき火を焚いて/木戸節

どんど火に和服の乙女近寄らず/加藤弘一

どんど火に浮びて影の二人かな/橋本榮治

どんど火に雪片狂ひそめにけり/行方克己

どんど火の崩さる音の火中より/菖蒲あや

小雨降るとんども例の火影かな/上島鬼貫

どんど火の猛らば己が髄もまた/斎藤梅子

いただきの達磨火を噴くどんど焚/土方秋湖

どんど火やジーンズに付く何の白/辻美奈子

どんどの火やはり男の焚きたる火/後藤立夫

俳句例:41句目~

生簀にも及ぶどんどの火の粉かな/梶原宇良

どんど火に雪吸はれゆく勢ひかな/山部栄子

どんどの火揚り伊吹嶺ゆらぎけり/永井光代

どんどの火片目だるまは火の玉に/石井清泉

どんどの火納まりつつも竹爆ぜる/佐藤脩一

どんど火の映れる酒の注がれをり/藺草慶子

どんどの火願文古りし絵馬を焼く/伊沢健存

とんどの火達磨の尻をまづ舐めぬ/清水基吉

山々の闇が組み伏すどんどの火/千代田葛彦

とんど火に劣らぬ雪となり来たる/三村純也

どんど火の海に崩れて果てにけり/平野芳子

とんど火のへろと上げたる大焔/八木林之介

とんど火の爆ぜて肉声聴くごとし/高澤良一

どんどの火ほろびざる間に歩を返す/百瀬美津

どんどの火小さくなりたる空に富士/勝俣泰享

どんどの火崩れむとして立ちあがる/石川文子

どんどの火蜑は舟焼く火となせり/下村ひろし

どんどの火衰へ瀬音の高まり来/阿部みどり女

火の粉舞ふどんどのそばを身延線/百合山羽公

どんど火に身を裏返へし裏返へし/吉野香風子

俳句例:61句目~

どんどの火音をたてる火たてない火/津田将也

なべて火といふもの哀しどんど火も/酒井土子

どんど火に顔ばかり灼け餅灼けず/町田しげき

とんど火の最初パチパチやがてバン/高澤良一

どんどの火海へこぼるる母の郷/鍵和田ゆう子

とんどの火小雪まじりを猛りけり/平田マサ子

どんど火に手が花びらの子どもたち/能村登四郎

どんど火に夫婦の古りしパスポート/松本勢津子

とんど火のあやふく立つてをりにけり/高澤良一

どんどの火跳ねてふるさと逃げもせず/福田甲子雄

崩れ落ち/知らぬ顔無し/どんどの火/真行寺哲生

タイトルとURLをコピーしました