柞を使用した俳句

柞に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

柞を含む俳句例

鵯のかしらも寒し柞原/ぶん村

稲淵の梟よ日の柞山/藤田あけ烏

鹿啼いて柞の梢荒れにけり/蕪村

おなじしぐれ柞の森や形境/調幸子

高原の柞黄葉の一色に/甲斐謙次郎

姨が岩月の柞の中にかな/古舘曹人

山鳴りの柞の中に癪の神/古舘曹人

白昼や馬臭のありし柞山/福井啓子

柞より赤き雑木の冬芽何/新谷根雪

楢紅葉一路在所の秋に入る/中山白峰

片附けて骨壷ひとつ柞散る/斎藤夏風

柞散るかそけき音や山日和/岡安迷子

切干や日にほとびたる柞山/矢島渚男

道のべや柞の宿におく火入/松瀬青々

さきがけて柞が黄なり森の口/福永耕二

柞より音はしり来る初時雨/渡邊千枝子

柞散る音のはなれて四辺かな/古舘曹人

柞紅葉神にて湯岩縦割れに/松田ひろむ

柞葉の明るさひとりは宮大工/中北綾子

柞葉を通す一雨をまた歩く/若林つる子

俳句例:21句目~

柞降る針打つ音の夜明けまで/児玉悦子

柞黄葉透き亡き母の声ひびく/鈴木貞雄

樋の口や流れもあへぬ楢紅葉/巌谷小波

緬羊に早紅葉したる柞かな/岡嶋田比良

赤松に柞もみぢの散りいそぐ/杉山岳陽

かへらざる木魂もあらむ柞山/塩川秀子

この国のひかり以前の柞かな/五島高資

鹿寄せに風の出てゐる柞かな/古舘曹人

柞散る鬼無里に京のゆかりの名/荒井正隆

山頂や忌のごとく日の楢紅葉/小島千架子

たどりつき柞紅葉の浮ぶ温泉に/中村若沙

柞山ほとけみち経てけものみち/岡崎淳子

枝に居てなくや柞のほととぎす/野澤凡兆

抒のごとく鳥すべり入る柞原/正木ゆう子

藁草履ははそ紅葉をひつかける/西野文代

湯けむりに柞もみぢの薄れける/今井千鶴子

タイトルとURLをコピーしました