城壁を使用した俳句

城壁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

城壁を含む俳句例

城壁に影とび交す夏燕/高木晴子

白光す夜の城壁木々芽ぶく/原裕

城壁の中を耕す茄子の花/日原傳

城壁も松も亀甲蝉の秋/西本一都

城壁の鼠近しに花はこべ/西本一都

乾門城壁の花おくれをり/萩原麦草

十六夜の色城壁にうまれけり/楸邨

城壁に看板立てて苗木市/平澤弘美

炎天に煌と城壁草田男忌/見市六冬

城壁に矢弾の痕や菊花展/小路智壽子

城壁の罅をつゞりて冬の草/田村木国

城壁の穴のいづれも小鳥の巣/檜紀代

城壁に野菊を垂りて野菊晴/西本一都

城壁の石に育ちて末枯るゝ/稲畑汀子

城壁の上に見えけり春の山/正岡子規

城壁に柄なが蒲公英春深し/西本一都

城壁に火攻めの痕や比良颪/向井久子

蒙古風熄み城壁に工事あり/京極杞陽

城壁に月出で江になほ日あり/下村非文

城壁に葡萄一房ぢかに置く/岩淵喜代子

俳句例:21句目~

城壁に触れはじかれし秋落暉/中村明子

城壁の上より落つる一葉かな/野村泊月

城壁の片蔭ひろくのびにけり/吉屋信子

城壁の全面をもて初日浴ぶ/佐野まもる

城壁をこぼれてきたる雀の子/高田正子

城壁寂び市井の花の雪の下/青木よしを

明確な城壁の角髯ざらつく/鈴木六林男

しぐるるや爆弾やけの城壁に/佐藤春夫

城壁の崩れしところ三日の月/正岡子規

城壁にもたれて花見疲れかな/高浜虚子

雷鳴に耐ゆ城壁に手をあてて/古舘曹人

鮎舟の棹城壁にあづけたる/大岳水一路

城壁に埋もれるように菫咲く/角田ひろみ

城壁につばめの影のあまたひらめく/篠原

草の実の飛ぶ城壁の内洞然/長谷川かな女

城壁にあれば冬日が野に落つる/長谷川素逝

旗をふり旗をふり城壁より墜ちし/片山桃史

すめらぎの城壁の冬日雉子いでず/渡邊水巴

蠍棲める城壁に沿ひ露天市/長谷川浪々子「知更鳥」

タイトルとURLをコピーしました