馬醉木を使用した俳句

馬醉木に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

馬醉木を含む俳句例

松山の薪の棚や花馬酔木/鈴木余生

日の暈のまろき山頂花馬酔木/沢聰

燕に馬酔木の花の了る雨/西本一都

馬酔木咲き歳月戻す雨の中/古館曹人

綿菓子を作る人生花あしび/西尾採菊

万葉の世の月のぼる花あしび/有働亨

花馬酔木地下にある街思ひけり/林桂

中年の胸の振子よ花あしび/渡辺恭子

医学部に低き籬や花馬酔木/木船史舟

時流れ風流れをり花馬酔木/村沢夏風

花馬酔木土塀曲れば水曲る/中村明子

父母に便り怠り馬酔木咲く/加倉井秋を

窯攻めの六日六晩や花馬酔木/西川織子

花あしびビー玉めきし獣の目/吉原文音

参籠の一夜は明けぬ花馬酔木/森定南楽

中尊寺道白珠の馬酔木咲く/秋元不死男

馬酔木咲く道が下れば塀下る/辻田克巳

馬酔木咲く向うで欠伸夢の僧/金子兜太

馬酔木咲く林道ふかし醫療地区/及川貞

宵長き馬酔木の花の月を得し/野沢節子

俳句例:21句目~

お水取済みて馬醉木に和む鹿/高澤良一

雲の中を蒼滝おちぬ花馬酔木/桂樟蹊子

斑よき鹿かへり来ず花馬酔木/桂樟蹊子

花馬酔木雲ゆつくりと笑う馬/岩間愛子

花馬酔木行者ゐぬ日の岩一枚/野中亮介

花馬酔木昔は馬の通りたる/殿村莵絲子

こころみに足袋ぬぎし日や花あしび/林翔

つくばへる石より低く花馬酔木/富安風生

馬酔木咲くかげは夕さり羽白鴨/木津柳芽

天井を馬酔木咲く野に低く吊る/下村槐太

馬酔木咲き森の奥まで透く夕日/根岸善雄

山の子の風切る遊び馬酔木咲く/橋本榮治

帰るべき家ありて憂し花あしび/児玉悦子

花あしび岩のはざまの水や照る/小池文子

馬酔木咲く丘の明るく雨上る/織部れつ子

花あしび木椅子の刻のゆるやかに/星芳子

馬酔木咲く剣聖代々の墓どころ/加藤春彦

烏骨鶏の愛語たからか花馬酔木/川口淀村

馬酔木咲く村の祭にまぎれけり/岡井省二

春日野や夕づけるみな花馬酔木/日野草城

俳句例:41句目~

馬酔木咲く降りつもる死愛情に/松本恭子

花あしび息ためて夫歩き出す/石田あき子

新墓に馬酔木の花の咲きそめし/相馬遷子

日月のみ名のみ仏馬酔木咲く/野見山朱鳥

花馬酔木ひねもすこぼれ彌山口/古舘曹人

仏都奈良馬醉木が咲けばお水取/高澤良一

蔵書印押すときめきや花馬酔木/渡邊千枝子

酒断ちの師のさびしさの花馬酔木/青木重行

馬酔木咲き光ゆたけし弥勒の世/築城百々平

馬酔木咲き黒人Kのさらなる嘆き/金子兜太

ひびく瀬の堂をめぐれり花馬酔木/甲賀山村

みくまのへ霧こくしづむ花馬酔木/羽田岳水

双塔のうかぶ野の果て馬酔木咲く/水原春郎

月よりもくらきともしび花馬酔木/山口青邨

馬酔木咲く奈良に戻るや花巡り/河東碧梧桐

木がくれし鹿かへり来ず花馬酔木/桂樟蹊子

火の山の地貌老いつつ馬酔木咲く/岡田日郎

花あしび野焼きの煤のかかりたる/伊東奈美

柴山の覚めつつ馬醉木垂れにけり/木津柳芽

高嶺踏みきし荷を置くや花馬酔木/渡辺立男

俳句例:61句目~

花馬酔木ばかり目につく島に著く/稲畑汀子

百済観音背高におはし花あしび/鈴鹿野風呂

花馬酔木一枝たりとも日かげらず/平子公一

花馬酔木咲くを知らずに籠りゐし/山田不染

花馬酔木飽くほどひとに仕へ得ず/鈴木栄子

花あしび尼もさざめくことのあり/岡本まち子

身ほとりに静けさくはへ馬酔木咲く/岡田和子

煙り吐く汽車はもう来ぬ花馬酔木/小澤美奈子

馬酔木咲く子等近よれどふれしめず/中村秋晴

掌にのせてすこしつめたき花あしび/西川保子

小鈴みな鳴り出しさうな花馬酔木/馬詰/敏恵

馬酔木咲く野にくたびれて煙草かな/幸田露伴

馬酔木咲く金堂の扉にわが触れぬ/水原秋櫻子

吉野路の雨やいづこも馬酔木咲き/長屋せい子

むつびても黙してもふたり馬酔木咲く/及川貞

馬酔木咲くやまやま湖をふところに/木津柳芽

木を植うるしづけさにあり花馬酔木/浅羽緑子

花馬酔木ほろほろと夕ごころかな/熊谷千代子

馬酔木咲く丘は野となり丘となる/山口波津女

来し方や馬酔木咲く野の日のひかり/水原秋桜子

俳句例:81句目~

馬酔木咲くや奈良の古山かぐはしう/松根東洋城

彼奴もカダフィ大佐気取に馬醉木終る/塚本邦雄

来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり/水原秋櫻子

はしり咲く馬酔木の花の壺のしろ/五十崎古郷句集

馬酔木咲く鹿のせんべいを食べてみる/長谷川かな女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました