左右/を使用した俳句

俳句例:101句目~

蝶々や左を追へば右に在り/五車反古

道暮れて右も左も刈田かな/日野草城

鍬で泥右へ左へくわゐ掘る/西山泊雲

霧の町の右と左や別れ去る/島田青峰

左右より二人の僧や御身拭/橋本鶏二

左右より均しきひかり入学式/楠節子

左右より御門しまりぬ夕桜/橋本鶏二

左右より息のさざ波大試験/井沢正江

左右より来て胸合はす熱帯/朝倉和江

左右左と松明うごく御和布刈/森田峠

彩廊の左右に秋立つ蓮かな/桂樟蹊子

念仏踊左右の山よりよき谺/羽部洞然

提灯に穂麦照らされ道左右/西山泊雲

新しきマスクに天地左右かな/飯田晴

早春の道の左右に潮満ちて/石田波郷

雪山の左右に揺るる歩みかな/上野泰

杉襖左右に展けて見ゆる瀧/西本一都

はまなすの砂丘左右に波三里/石原八束

汽車道の左右に畑打つ夫婦哉/正岡子規

大幹や右に左に鹿の道/吉武月二郎句集

俳句例:121句目~

鶏冠の左右しぐるる山河かな/斎藤梅子

麦秋の障子左右に開かるる/岩淵喜代子

あせもの子右に左に坐らせて/京極杞陽

熟れ桃や左右の大気の息づかひ/草田男

スケートや右に左に影投げて/鈴木花蓑

右の眼に左翼左の眼に右翼/鈴木六林男

左右の海展くるところ甘藷刈/中島南北

左右の鉄橋遠ざかりゆく陣痛/森田緑郎

駕の戸の右も左もみゆきかな/高井几董

駒ケ嶽右し左し花野追ふ/阿部みどり女

カーテンを左右に分つ初景色/辻田克巳

雪嶺を左右にひらき月のぼる/橋本鶏二

夜なべの座媼さま左り嫁右に/田中冬二

切籠左に廻りつくせば又右に/西山泊雲

左右より山も乗り出し雛送る/小田久子

竹の皮左右に脱ぐは律儀なり/脇田如月

左右より架けゆく稲の襖かな/橋本鶏二

右腎なく左腎激痛も薔薇なり/金子皆子

万歳や左右にひらいて松の陰/向井去来

朧月左右の木の間や衣かつぎ/椎本才麿

俳句例:141句目~

左右より芍薬伏しぬ雨の径/松本たかし

五月晴左右で違ふ下駄の音/嶋澤喜八郎

木犀やあまり陰なき左右の簷/石塚友二

木耳や左右もおのれも貧窮裡/清水基吉

左右より雲来てかくす秋の天/岡田耿陽

右のもの左へ積みて夜の秋/小檜山繁子

左右忌のぬるりぬるりと蝸牛/榎本輝男

左右忌の噴煙ぬすむ台風余波/福元啓刀

稲負ふや左右にはしる山の翼/加藤楸邨

木の芽山霧右往して左往して/行方克巳

幹太く冬日は左右にある如し/戸川稲村

小判草左右に咲きて犬を抱く/四ッ谷龍

広下駄の左右行くや秋涙あり/永田耕衣

庭広し左右見る辺草萌えて/池内たけし

左右には芹の流れや化粧坂/松本たかし

左右の山暮れて相似る橋涼み/富安風生

右の蝉左の蝉鳴き空間なし/河野多希女

松過や織りかけ機の左右に風/芝不器男

火柱の左右に隙や火の祝祭/宇多喜代子

注連作左右の掌ぴたと鳴らし/橋本鶏二

俳句例:161句目~

船涼し左右に迎ふる対馬壱岐/高浜虚子

誘蛾燈左右に夜深く戻りけり/清原枴童

左右より苅つて母子が合ふ畑中/細谷源二

百合涼し右にゆれても左にも/河東碧梧桐

立春大吉鵯が右顧し左顧し過ぐ/原コウ子

木々の根の左右より迫る木下闇/高浜虚子

海濃ゆし左右に花季の蜜柑園/中戸川朝人

草のうえわが領地かな天地左右/家木松郎

左右へとぶ蛙や歩々に去る故郷/三橋敏雄

まへうしろ左右も故人ら探梅行/熊谷愛子

ドライバー左右異なる日焼かな/平島綏子

七つ池左右に見てゆく花野かな/尾崎放哉

三日月を左右に遊びし九十九折/本多恭子

冬の波穂激し進めば左右に同志/香西照雄

冬日消ゆ道は築地を左右となる/皆吉爽雨

合唱団左右に揺れてクリスマス/吉原文音

青葉雫すおん骨左右にかい抱き/林原耒井

浅間八ケ嶽左右に高く秋の立つ/高浜虚子

処暑の荷を右に左に弥次郎兵衛/紅林照代

虫を左右焦ち来ぬるに門の暗き/石塚友二

俳句例:181句目~

雪の富士左右に振つて身延線/伊藤いと子

右へなびき左へなびく蚊遣かな/正岡子規

行水の名残りの左右の膝を折る/皆吉爽雨

松蝉の高嶺を左右にとろろ汁/秋元不死男

木莵のまばたき左右ずれにけり/福神規子

春の山どうも左右が逆らしい/正木ゆう子

振子ただうごく左右にさむき壁/成田千空

手袋の幸と不幸を左右に握る/文挟夫佐恵

熔岩の色すみわたりたる左右句碑/穴井太

手を左右にひろげし僧に炎上す/橋本鶏二

幾万のフリージアの花左右に海/日高房子

梅雨はげし右も左も寝てしまふ/石田波郷

師道険し新樹の直枝左右に迫り/香西照雄

ひよんの笛左右の柩が開いてゐる/白澤良子

海道の左右遠チ近チと植う田かな/尾崎迷堂

日脚のぶ左右に塵の少し立ち/阿部みどり女

ぜんまいやつむじ右まき左まき/阿部月山子

茅の輪立ち瑞山がきを左右にせり/本多静江

ひとり身の左右あかるし寒紅梅/つじ加代子

咲きいづる花びら左右となる菖蒲/井沢正江

タイトルとURLをコピーしました