左右/を使用した俳句

俳句例:201句目~

団扇膝に立て世界は左右に分れけり/上野泰

柿を掌にいにしへ大和左右に見る/佐野良太

赤子の耳左右にひらき秋澄めり/佐藤ゆき子

馬面剥の外れに外れたり左右の眼/高澤良一

一握の子の肩左右にバス待つ汗/平井さち子

二の腕細き遺児よ万緑左右に迫り/香西照雄

左右いずれを行くもさるおがせ/宇多喜代子

左右ありや子の沓冬の日に穿かす/皆吉爽雨

死ぬために穿く軍足に左右がない/谷山花猿

多喜二忌の干して軍手に左右なし/長岐靖朗

濃くなりつ狭まる海や左右に蜜柑/香西照雄

スキー左右二拍手させて雪落す/平井さち子

伸べ得たり電気毛布に左右の膝/水原秋桜子

短日の左右に子あり温泉のあふれ/渡邊水巴

左右もなく前後もなくて花に佇つ/長友/梓

山の月を右にして左にして帰る/荻原井泉水

わが左右や夜となりたる春の山/有澤かりん

やまのべのみちの左右の冬田かな/高野素十

やぶさめや峠を左右に越ゆる霧/水原秋櫻子

バトミントン少女夜涼の灯の左右へ/仲田藤車

俳句例:221句目~

四面楚歌香水左右の耳朶に/三橋鷹女「白骨」

この道に左右無し左右の紫雲英田よ/香西照雄

しんしんと空あをく左右の稲匂ふ/川島彷徨子

泥鰌掘る手にちよろ~と左右の水/阿波野青畝

頭の中の左右あひたがふ去年今年/沼尻巳津子

或る夜鮮やか丘の左右のレモンの黄/阿部完市

青き踏む左右の手左右の子にあたへ/加藤楸邨

ウイーンヘの路の左右に菜の花黄/稲畑廣太郎

土筆野や阿蘇を要に左右の山/吉武月二郎句集

稲架左右に馬子が乗り来る空車/阿部みどり女

あれこれとつかうて左右の団扇かな/鈴木花蓑

左右の手の草笛の音を吹き分けぬ/三宅清三郎

舟曳く轆艫の左右に老幼冬越えしよ/磯貝碧蹄館

右に左に田へ行く水の音立てて行く/荻原井泉水

虚子像の左右にベル吊りクリスマス/保田白帆子

ナミノコ貝あらはれ出でよ左右の忌/上高原太郎

植田しやつくり植田の左右に植田ゐて/三橋鷹女

独り漕ぐや郭公の森左右にあり/八木絵馬「月暈」

利根川の左右に開く枯野かな/宰洲句日記/勝田宰洲

はつらつと左右違う下駄はく子もじやんけん/橋本夢道

俳句例:241句目~

こころの師いつも左右に梅椿/『定本阿部みどり女句集』

ダービーに行く人前後左右占む/岡明子「かつらぎ選集」

浪の音は遠し/あんまにからだ右を左にする/荻原井泉水

機織るのみに老いし右の手左の手夕べは爐火にかざす/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました