日本海を使用した俳句

俳句例:201句目~

蝶の羽化日本海の揺れにあり/土橋石楠花

訣れてすぐの空腹日本海濁る/鈴木六林男

海雲椀よりひろがりて日本海/後藤比奈夫

酢なまこや雲低くある日本海/三島富久恵

この夢如何に青き唖蝉と日本海/高柳重信

ぶだう枯れ焚火が透かす日本海/西村公鳳

障子貼り日本海を閉ざしけり/浦野まさこ

コスモスの裏口出れば日本海/長谷川エミ

日本海皎々と畦塗られて張る/加藤知世子

石蓴掻く背に日本海盛り上る/大澤ひろし

日本海に稲妻の尾が入れられる/夏石番矢

稲架つくる間やさしき日本海/百合山羽公

穂芒のなびけるをちに日本海/鈴鹿野風呂

耳ふたつ吹かれ寒暮の日本海/土肥さだ子

日本海ごうごうと来る無彩色/川崎ふゆき

早稲を刈る今日蒼凪ぎの日本海/福田蓼汀

茱萸摘みどき藍を深むる日本海/伊藤京子

烏賊火より遠き灯のなし日本海/吉原一暁

落日の/また流灯の/日本海/福井美代子

葛の葉を掻きわけてすぐ日本海/川崎展宏

俳句例:221句目~

日本海見えてくる葛の花越しに/奥谷郁代

日本海荒れしが施餓鬼舟を出す/渡邉和子

日本海みたきねがひや冬籠/久保田万太郎

虹の根の深さどこまで日本海/石口りんご

熱燗やまつくらがりの日本海/福田かよ子

屋根に石のせて雁来る日本海/迫田白庭子

蜂飼いのアカシヤいま花日本海/古沢太穂

枯葛の一途なる黄に日本海/野見山ひふみ

日本海のいろとなるまで若布干す/岩木/茂

ラムネ飲む指呼の間にある日本海/大岡節子

日本海書いてしまえば眼を病まん/大井恒行

ひこばえに日本海を流れる板かな/安井浩司

ひつじ田の果てもり上る日本海/福原ふじこ

夕立に叩かれめちゃくちゃ日本海/高澤良一

花サビタきれぎれにある日本海/加藤瑠璃子

日本海真向きにラムネ鳴らし飲む/村山古郷

地図よりも暗く鵜が覚め日本海/猪俣千代子

日本海の波荒き日も枇杷ちぎり/鈴鹿野風呂

簾巻く日本海の半ばまで/伊藤通明「西国」

捨て水も容れてかげろふ日本海/能村登四郎

俳句例:241句目~

日本海の沖のくらきに大根干す/山崎ひさを

十六羅漢に夏なだれゐる日本海/河野多希女

日本海の夕焼に土平らかなり/長谷川かな女

黒鯛の揺れ身をぬけてゆく日本海/伊藤淳子

トンネルが奪う日本海上の星一粒/林田紀音夫

みぞるゝやたゞ一めんの日本海/久保田万太郎

サングラスはづしても日本海冥し/平間真木子

えぞにうの太首ぬつと日本海/木村敏男「雄心」

冷夏なりうす濁りたる日本海/大竹多可志「0秒」

萩すすき山越えて今日は日本海を見る/荻原井泉水

タイトルとURLをコピーしました