ほうれんそうを使用した俳句

ほうれんそうに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ほうれんそうを含む俳句例

菠薐草薹立ち妻の誕生日/西本一都

鶏交る菠薐草の端踏みて/菖蒲あや

夫愛すほうれん草の紅愛す/岡本眸

先生の菠薐草をまた賜ふ/下村槐太

雨つけて菠薐草も黒髪も/岸本尚毅

菠薐草妻奨めればそろと箸/高澤良一

菠薐草土に喰ひ込み氷る谷/沢木欣一

巡視船菠薐草を茹でてをり/安川掴雲

斎の膳はうれん草の緑かな/高野素十

菠薐草種子吐かせある莚かな/西本一都

作らねど句は妻もすき菠薐草/富安風生

母許の肥立ちうれしき菠薐草/久米惠子

菠薐草一把も一人には過ぎて/石山佇牛

はうれん草女の野心萎え易き/西村和子

引き捨てし菠薐草よ花ざかり/吉田ひで

赤い根のところ南無妙菠薐草/川崎展宏

金婚夫婦小鳥となれり菠薐草/山本嵯迷

好き嫌ひ直らぬ齢はうれん草/高澤良一

梅が散るほうれん草の畑かな/清崎敏郎

風強き日は子が太りはうれん草/小島健

俳句例:21句目~

あを~と菠薐草の雪間かな/増田手古奈

わがために吾家貧しく菠薐草/下村槐太

われにある野性の血潮菠薐草/出井一雨

ジャズ唄ひ乍ら菠薐草洗ふ/樋口玉蹊子

しをらしや細茎赤きはうれん草/村上鬼城

はうれん草一把さげ赤ん坊の父/中山純子

はうれん草頭そろへて友をまつ/寺田京子

忘られて鬱の色なる菠薐草/鍵和田のり子

箱蒔の菠薐草やかな女の忌/阿部みどり女

菠薐草の花咲き涙いつ乾く/阿部みどり女

吾子のロ菠薐草のみどり染め/深見けん二

菠薐草如でて自愛や切なりと/宇多喜代子

独身やほうれん草はすぐゆだり/菖蒲あや

菠薐草の赤根が好きで踊り好き/星野紗一

さんざんな日の食卓にほうれん草/高澤良一

不可もなし可もなし菠薐草甘し/星野麥丘人

ドア開ければ菠薐草の畑がある/加倉井秋を

菠薐草の花は葉の色さびしき日/中尾寿美子

菠薐草スープよ煮えよ子よ癒えよ/西村和子

ほうれん草乳首のごとき根を洗う/間宮千江

俳句例:41句目~

ほうれん草一把も一人には過ぎて/石山佇牛

はうれん草湯の上に水継ぎ足して/高澤良一

菠薐草買はずにすみしほどの出来/松谷良太

己が把を菠薐草の葉がいたはる/中村草田男

ほうれん草の冬爆弾が仕掛けられ/和知喜八

ほうれん草つめたリュツクヘ妊る妻/金子兜太

ほうれん草の赤根揃へ束ねられたる/大橋裸木

はうれん草の花がすたすたゆくアジア/栗林千津

低い垣ぬちほうれんさう植わりぬかる道/喜谷六花

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました